502JFW


連合軍第502統合戦闘航空団「BRAVE WITCHES」



隊長

グンドュラ・ラル

GUNDULA RALL
  • 所属
    • カールスラント空軍第52戦闘航空団第8中隊(時期不明)
    • カールスラント空軍第52戦闘航空団第3飛行隊司令(1944年末)
  • 階級
    • 中尉(JG52所属時)
    • 大尉(1944年末)
    • 少佐(1944年末の第502統合戦闘航空団所属時)
  • 身長 169cm
  • 年齢 18歳
  • 誕生日 3月10日
  • 使い魔 
  • 使用機材
  • 使用武器
  • その他
    • 優れた統率力と技量を持ち、ハルトマン、バルクホルンに次ぐカールスラント空軍第三位(=人類三位)撃墜記録を持つグレートエース。
      • 250機撃墜を達成したのはこの2人よりも早く、全世界で2番目である。
      • 空戦においては見越し射撃の名手で、芸術的な空戦技能を持つ。
    • カールスラント撤退戦において、撃破したネウロイの破片で視界を遮られるという不運から被弾し脊髄骨折の重傷を負う。
      • 再び空を飛ぶのは不可能と言われたが、治療ウィッチの手を借りた懸命の治療と不屈の闘志によるリハビリで、9ヶ月後原隊に復帰。
      • この入院期間中、後に第31統合戦闘飛行隊「アフリカ」隊長となる加東圭子の取材を受けている。(アフリカの魔女)
    • 完治したとはいえ空戦時のGは身体に堪える為、古傷を保護するように魔法繊維で編まれたコルセットを着用している。
    • 復帰時、原隊はバルバロッサ作戦に参加してペテルブルグ方面で戦闘を続けていたが、そこで他のエースに負けないよう出撃を繰り返し、撃墜数を急速に伸ばしていった。
    • 同作戦の中止後、同地に第502統合戦闘航空団が設立される際に、優れた指揮能力を買われて司令に任命された。
      • 現場指揮は戦闘隊長のポクルイーシキン大尉に丸投げしており、責任は自分が取るが、行動は部下の意見を尊重するという方針を明確にしている。
    • 鋭い人物観察眼を持つ。
      • 問題児扱いされていたマルセイユの才能を逸早く見抜いた。
      • 第502統合戦闘航空団結成にあたり、クルピンスキー、管野直枝、カタヤイネンの「クラッシャー3人組」を招聘。
    • 性格はさばさばした姉御肌で、どんなに厳しい状況でも笑みを忘れずに周囲を安心させる豪胆さを持っている。
  • 声優 佐藤利奈
  • イメージモデル ギュンター・ラル (1918-2009)
    • 撃墜数 275(ドイツ空軍第三位)
    • その他
      • 見越し射撃の名手。
      • 空戦で2度の重傷を負い、それぞれ長期の入院生活を強いられ、その間前線からの離脱を余儀なくされた。そして、これらの負傷の影響により第一線の戦闘機パイロットとしての寿命を縮めた。なお、1度目の重傷で背骨を3ヶ所も折る怪我を負った際に治療してくれた医師が後の妻のヘルタ。
      • 戦後は再結成されたドイツ空軍に入隊して中将まで昇進。ドイツ空軍総監も務めた。
  • 出典 アフリカの星/第五〇一統合戦闘航空団全記録 第六集/next world witches/第五〇一統合戦闘航空団要略増補記録集/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第六集/TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』(2016年)


戦闘隊長

アレクサンドラ・I・ポクルイーシキン

ALEKSANDRA I POKRYSHKIN
  • フルネームは アレクサンドラ・イワーノブナ・ポクルイーシキン
    • キリル文字 Александра Ивановна Покрышкин
    • ラテン文字 Aleksandra Ivanovna Pokryshkin
    • 『ストライクウィッチーズ Blu-ray BOX』付属の「第五〇一統合戦闘航空団要略増補記録集」に記述あり。
    • ロシア人の姓で"н"や"в"などで終わるものは、女性の場合は語尾に"-а"を付加する。よって本来であれば" Покрышкина :ポクルイーシキナ"となるが、ここではオラーシャ語なのでね。
  • 所属
    • オラーシャ陸軍第216戦闘飛行師団
    • オラーシャ陸軍親衛第16戦闘機連隊長
  • 階級 大尉
  • 身長 158cm
  • 年齢 16歳(1944年末)
  • 誕生日 3月6日
  • 愛称 「サーシャ」
  • 使い魔 ホッキョクグマ
  • 固有魔法 映像記憶能力
    • 見た物を正確に思い出せる。
    • この能力に起因するかは不明だが、どのようなユニットでも問題なく使いこなす事ができる。
  • 使用機材
    • ベーラ・エアクラフト P-39
      • オラーシャ撤退戦では装備が揃わず、リベリオンから供給された旧式のストライカーユニットで戦い抜いた。
    • ラヴロフ設計局 La-5
    • ミール・ガスゥダールストヴァ設計局 MiG60後期型(白の67号機)
      • 南部方面用のブラウン系の迷彩が施されている機体。
    • ミール・ガスゥダールストヴァ設計局 MiG60 i-225(試作3号機)
      • 昼間戦闘用に調整された試作ユニット。
  • 使用武器
  • その他
    • 過去には陸軍親衛隊第16戦闘機連隊の連隊長も務めたオラーシャトップエースの一人。
    • 機械技師の父を持ち、幼い頃より父親の手伝いで機会に慣れ親しんでいたため、整備の腕は一流。
      • 当初は整備士か技師になろうと考えていた。
    • 他国と違い、あまり空戦技術が体系化されていなかったオラーシャで、独自に空戦技術を学んだ。
      • 特にレーヌ・フォンクの著書を教科書とし、時代にあわせて自ら工夫・改良を重ねた。
      • このためガリア人ウィッチとの親和性が高く、オラーシャがガリアと親交が深かった事もあり積極的にガリア亡命ウィッチをスカウトしている。
        • 同隊のルマール少尉も直々に招聘。
    • 座学に優れ、オラーシャ、カールスラント撤退戦等で学んだ戦術を体系化し、オラーシャ軍用の教本を作成。
      • 平易な文章で解り易く、新人でも理解し易い内容で、たちまちオラーシャ国内に普及。
      • 戦闘教官としても評価が高く、後に航空学校の校長に就任するよう要請されたが、前線での戦いを希望し拒否。
      • 他部隊との情報交流にも積極的である。
    • その戦闘理論は「ネウロイを撃破するには奇襲と超至近距離からの射撃が効果的」というもの。
      • 本人も会得のために訓練で標的機や教官に肉薄しすぎた事もあり、「ブレイクウィッチーズ」が同じ戦術でユニットを破壊するのは仕方がないと大目に見ている節がある。
    • バルバロッサ作戦後に設立された502JFWに戦闘隊長として招聘される。
      • 本来司令であるラル少佐からは戦闘全般を任されており、単なる戦闘隊長以上の職務を果している。
      • 出撃の度に誰かのストライカーユニットが全損するという現状が頭痛の種。
  • 声優 原由実
  • イメージモデル アレクサーンドル・ポクルイーシキン (1913-1985)
    • フルネーム アレクサーンドル・イワーノヴィッチ・ポクルイーシキン
    • 愛称 「サーシャ」
    • 撃墜数 59
      • 撃墜数はソ連第三位と言われている。
      • ソ連第一位がイワーン・ニコラーエヴィッチ・コジェドゥーブで第二位がグリゴーリィ・レチカーロフ。第二位のレチカーロフと第三位のポクルイーシキンは資料や算定法によって順位が前後することがある。
    • その他
      • 西側で最も有名なソ連の戦闘機パイロットの一人。
      • 整備員から戦闘機パイロットになった。
      • 部下の教育能力に非常に優れ、多くのエースや優秀な戦闘機パイロットを育てた。
      • 自ら新しい空戦の戦術や戦闘機動法を考案し実践、それらは労農赤軍航空隊に採用され、その戦術を向上させた。
      • 数多くの機種に搭乗したが、撃墜数の59機のうち51機はP-39 エアコブラによる。
      • 戦後は防空軍の要職を歴任。国軍防空航空軍副総司令官などを務め、航空元帥の称号が授与された。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録 第四集/秘め録CD 上/next world witches/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第二集


隊員

ヴァルトルート・クルピンスキー

WALTRUD KRUPINSKI
  • 所属 カールスラント空軍第52戦闘航空団第6中隊
  • 階級
    • 少尉(JG52所属時)
    • 大尉(1944年末のカールスラント空軍所属時)
    • 中尉(1944年末の第502統合戦闘航空団所属時)
  • 身長 175cm
  • 年齢 18歳(1944年末)
  • 誕生日 11月11日
  • 愛称
    • 伯爵(グレーフィン)
    • プンスキー伯爵(グレーフィン・プンスキー)
      • すらりとした長身と優雅な身のこなしから。
  • 通称 「ユニット壊し」
    • あまりにもストライカーユニットを壊すため。
    • 後に第502統合戦闘航空団が〝ブレイクウィッチーズ〟との異名を受ける一因となった。
  • 使い魔 ワイマラナー
  • 使用機材
  • 使用武器
  • その他
    • カールスラント空軍でもトップクラスのベテランエース。
    • 無類の酒好き女好きの享楽主義者で楽天家。
    • 空戦では勇猛果敢、敢闘精神に溢れるあまり必要以上にネウロイに接近しユニットを壊す事が多く、被弾からの不時着も多数。
      • ハルトマン少尉(当時)とマルセイユ少尉(当時)がJG52に着任した当日、炎に包まれたストライカーユニットで目の前に不時着、唖然とする一同に涼しい顔で握手を求めたエピソードは有名な逸話。
    • 高い技量とタフネスを併せ持ち、射撃の腕も確かだが、防御を捨てれば撃墜できるという状況下では迷わず攻撃を選択する性格。
      • ドッグファイトよりも一撃離脱を好むが、被弾を気にせず猪突猛進して攻撃を行なう。
        • ハルトマン少尉も最初はロスマン曹長、次いでクルピンスキー中尉にこの戦法を学んでいる。
    • カールスラント北東部、バルト海に近いデムナウの街に生まれたが、バルト海に面した港湾都市ブラウンスベルクに移住。
    • 平凡な公務員の家庭だったが、ウィッチとしての能力が発現したため適正年齢になったら軍に入ろうと考えるようになった。
      • 港湾都市で生まれ育った事もあり、色々な国に行ける海軍への入隊を夢見ていた。
    • 検査の結果、航空ウィッチへの適正が判明し空軍の養成学校へ入校。
      • 仲間と共にこっそり寮を抜け出しては夜の街に繰り出したり、いたずらを仕掛けたりとあまり模範的な生徒ではなかった。
      • 成績は優秀で、無事に卒業し少尉任官。
    • JG52第6中隊に配属されたが、その頃にはヒスパニア戦役は終結しており、実戦経験を積む機会はなかなか訪れなかった。
      • 実戦の代わりにヒスパニアで戦闘経験を積んだ古参曹長に鍛えられ、ネウロイ襲来時には十分な飛行経験を積んでいた。
    • 経験の豊富さから中堅ウィッチの一人と見なされ、開戦当初から出撃メンバーに選ばれると出撃を繰り返した。
    • オストマルク防衛戦からカールスラント撤退戦の中で撃墜数を伸ばしたが、同時に破壊したストライカーユニットの数も多かった。
      • ただし、1機のユニットを全損させる間に稼ぐ撃墜数は中位のエースに比べても抜群に優秀。
    • 補給が滞らない限りでは問題とされなかったが、補給が滞りがちの東部戦線では大問題となり、自ら後方まで補給物資を受け取りに行く事も珍しくなかった。
    • ビフレスト作戦の最中、騎士鉄十字章を受賞。中尉に昇進し、JG52第7中隊の中隊長となる。同中隊はカールスラント東方において民衆が撤退するまでの防衛と支援任務に就き、撤退完了後は部隊ごとスオムスに移動。
    • この後バルバロッサ作戦に参加、目覚しい戦果を認められ第502統合戦闘航空団に転属。
      • 同隊の撃墜数ベースではラルに次ぐ部隊第2位のトップエース。
      • ユニット壊しで有名な同隊のカタヤイネン曹長、管野中尉との3人組は、502JFWの愛称「ブレイブウィッチーズ」から「ブレイクウィッチーズ」と呼ばれる。
      • 本人は気にしていないが、上層部受けの悪い年下の二人を守る役割を買って出ている。
    • 後に柏葉付き鉄十字章を授与されているが、それ以外でも度重なる墜落で負傷したため、戦傷章の中でも最高位の金賞を受けている。
      • 但し、どんなに酷い墜落でも本人は軽い怪我しかしなかったため、戦傷章の受賞は何度も断っていた。
  • 声優 石田嘉代
  • イメージモデル ヴァルター・クルピンスキー (1920-2000)
    • 通称
      • 「プンスキー伯爵(Graf Punski)」
      • 「ダイナモ」(発電機)
    • 愛称
      • 「クルッピ」
    • 撃墜数 197
    • その他
      • まだエースになる前のエーリヒ・ハルトマンとロッテを組み、その長機をしていた事がある。
      • 体格の良い大男。射撃はやや不得意だったので、射撃巧者のエーリヒ・ハルトマンとの相性は良かった。
      • エーリヒ・ハルトマン着任当日に爆発炎上するBf109から生還したエピソードはよく知られている。
      • エーリヒ・ハルトマンの「ブービ」というニックネームは、クルピンスキーがエーリヒ・ハルトマンをこう呼び続けたので広まった。
      • 酒と女を愛する豪傑で、「伯爵」の通り名の由来となっている。
      • エーリヒ・ハルトマン帽子事件当事者の一人。
      • 戦争末期にはガランド率いるJV44に所属し、同部隊の後始末を行い降伏した。
        • ギュンター・リュッツオウ大佐の最後の出撃の僚機でもあった。
      • 戦後は再結成されたドイツ空軍に所属し、中将にまで昇進するが、ルーデルスキャンダルによりドイツ空軍から退役。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録 第六集/next world witches/第五〇一統合戦闘航空団要略増補記録集/秘メ録手牒 下巻/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第三集/TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』(2016年)



管野直枝

かんの なおえ
  • 所属 扶桑皇国海軍第343海軍航空隊
    • 当初の原隊は遣欧艦隊だったが、後に201航空隊、次いで343航空隊に移動。但しこれらは書類上のみ。
  • 階級
    • 中尉(第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第二集による)
    • 少尉(第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集による)
  • 身長 149cm
  • 年齢 15歳(1944年末)
  • 誕生日 9月23日
  • 通称 「デストロイヤー」
    • 訓練生時代に何度もストライカーユニットを破損させた為。
  • 愛称 「ナオ」
  • 使い魔 ブルドッグ
  • 固有魔法 圧縮式超硬度防御魔方陣(超硬シールド)
    • シールドを直径数十センチまで圧縮し強度を高める能力。
    • ペテルブルグ防衛戦において、このシールドをまとった正拳突きでネウロイを落としたという武勇伝がある。
  • 使用機材
  • 使用武器
  • その他
    • 厳格な両親の元に生まれ、幼児は読書を嗜むおとなしい少女だった。
      • 文学に傾倒し、短歌や詩を日記帳に書き記していた。
      • ガリア文学にも憧れを持ち、兵学校ではガリア語を専修。
    • 豪胆で勇猛果敢な性格。
      • ウィッチ能力に目覚めた際、ネウロイと戦うには猛々しい性格であるべきと一念奮起した為。
    • 訓練の時点で、敢闘精神の旺盛さから標的にぎりぎりまで接近する事が多く、時には衝突してストライカーユニットを破損させた。
      • 相手に肉薄して紙一重で避けるという戦法を得意とするようになる。
    • 「弾が切れれば刀で、刀が折れれば体当たりで」という勇猛な戦闘スタイル。
      • 「敵は大きいほど落とし甲斐がある」が持論。
      • 目標真上から急降下し、すれ違いざまの射撃を得意とする。
    • 協調性のない一匹狼だが、同隊のポクルイーシキン大尉には頭が上がらない。
      • 幼い頃特に優しくしてくれた実姉の面影があるからだという。
    • 少尉任官と同時に遣欧艦隊に配属され、バルバロッサ作戦に投入される。
      • 地上部隊に配属され、ペテルブルグ侵攻作戦から内陸支援。後期にはペテルブルグ防衛の任に就いた。
    • 欧州での戦いの中で各国のウィッチと交流を深め、後に第502統合戦闘航空団が設立されるとその一員となる。
    • 名前の漢字はイメージモデルの「菅野」とは違い、「管野」なので注意。
  • 声優 村川梨衣
  • イメージモデル 菅野直 (1921-1945)
    • 通称
      • 「ブルドッグ」
      • 「イエローファイター」
      • 「菅野デストロイヤー」
    • 撃墜数 72(協同撃墜を含む)
    • その他
      • 飛行学生時代に教官機と接触しかけるなどの荒い操縦により何度も機体を壊す。
      • ヤップ島防空戦でB-24の尾翼に自機の主翼をぶつけ撃墜したことがある。
      • 空戦では「敵パイロットが見えるほど」の近距離からコクピットを狙い撃つ典型的インファイター。
  • 出典 next world witches/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第二集/ワールドウィッチーズ扶桑皇国版 其の壱/TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』(2016年)



ジョーゼット・ルマール

GEORGETTE LEMARE
  • 所属
    • ガリア空軍第4連隊第1戦闘ウィッチ大隊第1飛行隊(ガリア空軍所属時)
      • ダカール駐屯時のデータなので、本土陥落後~1943年までのどこかのデータと思われる。
    • 自由ガリア空軍「ノルマンディ」(1944年末の自由ガリア空軍所属時)
  • 階級
    • 軍曹
    • 少尉(1943年)
  • 身長 156cm
  • 年齢 17歳(1944年末)
  • 誕生日 11月16日
  • 愛称 「ジョゼ」
  • 使い魔 ペルシャ
  • 魔法技術 応急処置レベルの治癒魔法
    • 魔法使用時に体温が上昇する性質も持つ。
  • 使用機材
  • 使用武器
  • その他
    • バス・ノルマンディ地方のバラントン出身で、両親はこの街で小さな宿屋を営んでいた。
      • 魔法使いマーリンが妖精と恋に落ちたと伝えられるバラントンの泉に程近い地。
    • ウィッチ能力の発現は早く、発現と同時に軍に志願して飛行ウィッチの資格を取得。ネウロイ襲撃時には軍曹としてホーク75を履いて実戦を経験、初撃墜も記録している。
    • その後ガリア撤退戦に参加、故郷からも近いブレスト軍港の防衛を行なった。
      • 未完成の戦艦リシュシューを含むガリア海軍を護衛し、共に西アフリカのダカール軍港へと退避。
      • そのままダカール軍港の防衛任務に就き、各地に乱立したガリア臨時政府のうち、カサブランカを首都とする「南方正統ガリア政府」の「ガリア空軍」に所属した。
    • アフリカ軍団と共に防衛を担い、ダカール軍港防空戦では戦艦リシュシューを護衛しつつ1日3機撃墜の戦果を挙げる。
    • 1943年に各地のガリア空軍が統合され設立された自由ガリア空軍に合流し、オラーシャの支援を受けたガリア人部隊「ノルマンディ」に参加、少尉任官。
    • 粘り強い防御的戦闘を得意とし、治癒魔法の使い手でもある事からポクルーイシキン大尉から直々に第502統合戦闘航空団に招聘された。
    • 常識人故に苦労人で、個性溢れる人間が多い第502統合戦闘航空団では苦労が絶えない。
      • 流されやすい性格で、強いリーダーシップには従順。
    • 幼い頃から両親の宿屋を手伝っていた為、ベッドメイクや掃除が得意で、第502統合戦闘航空団でも喜んで掃除当番を行なっている。
      • 掃除の際には絶対に他人の邪魔を許さず、邪魔をされると普段からは想像もつかない剣幕で怒る事がある。
    • やせの大食いで、特に魔法使用後は空腹感が大きく、深夜にこっそりつまみ食いをするのが日常。
  • イメージモデル ジュルジュ・ルマール (1917-1948)
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録 第二集/next world witches/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第四集



下原定子

しもはら さだこ
  • 所属 扶桑皇国海軍遣欧艦隊第24航空戦隊第288航空隊
  • 階級
    • 少尉(next world witches、第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第六集による)
    • 曹長(第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集による)
  • 身長 160cm
  • 年齢 17歳(1944年末)
  • 誕生日 5月7日
  • 使い魔 フソウウサギ
  • 魔法技術 遠距離視と夜間視の複合魔法視力
    • 周囲警戒能力と哨戒に長けており、危険察知能力が高い。
    • 魔導針を利用した広域探査能力は持たないものの、リバウ基地の夜間襲撃が増加した為にカールスラント式夜間戦闘の速成訓練を受けている。
      • 地上指揮所や他のナイトウィッチ隊と共に夜間戦闘に参加し、共同戦果を挙げた事もある。
  • 使用機材
  • 使用武器
  • その他
    • 扶桑の学者一家の生まれ。
      • 本人も文学と歴史に興味を持っており、将来はそちらの研究に進もうと考えていた。
    • 魔法力の発現に伴って海軍飛行練習学校に志願。
      • 当時から何事もそつなくこなし、家柄からか特に座学は得意で実習でも水準以上だった。
      • 人に教える事だけは大変苦手だった。
    • 卒業後は軍曹に任命され、そのまま欧州に派遣された。
    • リバウ時代は坂本の部下として厳しい指導を受けた。
      • 一時はその指導の厳しさに付いていけず、音を上げて逃げ出す事もよくあり、泣いているところを竹井に慰められる事もしばしばだった。
      • 後には、あの訓練によってリバウの過酷な戦場を耐え抜き、東部戦線を生き抜くだけの戦い方を身につけたと述べている。
    • 文学を志していた事からも扶桑文化を大切にしており、第502統合戦闘航空団では事ある毎に扶桑の文化を広めようとしている。
      • 私物は扶桑の小説や衣類が大半を占める。
      • 正座という文化を第502統合戦闘航空団に持ち込んだが、精神修養や礼儀作法のためという思惑を外れ、懲罰措置に使われたのは誤算だった。
    • 料理も得意で、頻繁に作る扶桑料理は管野中尉以外の各国ウィッチにも大変好評となっている。
      • これがきっかけで、気難しい性格で知られる同部隊の管野少尉も気軽なつきあいをしており、その様子は「親子?」や「餌付け成功」など冗談の対象となった。
      • カールスラントやオラーシャ勢からは自国の料理と似ている部分もありつつも豊かな味が、またガリアやロマーニャ勢からは繊細な味付けが評判のようである。
      • 得意料理は肉じゃがと味噌汁で、機会さえあれば扶桑からの補給を得て作ろうとしている。
    • 小さくて可愛いものに目がない。
      • 抱きつき魔である。
    • おとなしい性格から、普段はルマール少尉と行動することが多く、年相応の少女らしい話題で盛り上がっている様子である。
  • 声優 水谷麻鈴
  • イメージモデル 上原定夫 (1921or1922-1988)
    • 撃墜数 13
    • その他
      • 広島県出身。
      • 太平洋戦争初期から台南航空隊における坂井三郎の僚機を務めていた。
      • 1938年、予科練習生教程に入り、1941年10月に飛行練習生教程を卒業、台南航空隊付を命じられた。
      • 太平洋戦争開戦当日はルソン島にある飛行場の攻撃に参加、1942年2月19日に17thPSP-40を撃墜し初撃墜を申告。
        • 同年11月の部隊再編までに多くの戦果を挙げた。
      • ミッドウェー海戦の後、多くの古参搭乗員と共に教育任務に就く為に本土帰還。
      • 1944年9月、米軍のフィリピン侵攻に対しダバオ第201航空隊が新編されると戦闘第306飛行隊に補され前線復帰。
        • 到着後間をおかず1機のF6Fを撃墜するも、熱帯性の病に倒れ12月に本土帰還。結果的にこれが最後の戦果となり、教官として大井海軍航空隊で終戦を迎えた。
      • 戦後はヘリコプターのパイロットになる。戦後日本で最も早くヘリ操縦を始めたパイロットと言われ、海上保安庁や海上自衛隊に所属。退官後は民間航空会社でヘリによる農薬散布などをしていた。ヘリの総飛行時間は11,800時間に及ぶ大ベテランパイロットであった。しかし、1988年8月27日早朝、宮城県の水田上空での散布作業中に操縦する川崎ベル47G3B-KH4が高圧送電線の避雷線に接触して墜落。この事故により66歳で死去した。本件の航空事故調査報告書は国土交通省運輸安全委員会のウェブサイトで公開されている。
        • 「彼はおそらく零戦搭乗員だった者のうち最期の現役パイロット。避雷線に引っかかったなんて信じられない」と坂井三郎はコメントしている。
      • 終戦の数年後、坂井三郎に「自分ははじめのころ、あなたがあまりに厳しくて恨みました。でもあなたのおかげで戦争を生き抜くことができました」と語っている。
  • 出典 next world witches/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第六集/TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』(2016年)



エディータ・ロスマン

EDYTHA ROSSMANN
  • 所属 カールスラント空軍第52戦闘航空団第4中隊
  • 階級 曹長
  • 身長
    • 150cm(秘メ録手牒 下巻)
    • 151cm(第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第三集)
  • 年齢 19歳(1944年末)
  • 誕生日 1月11日
  • 愛称 「パウラ」
    • 「小さい」という意味のラテン語「パルトゥス」に由来。
  • 使い魔 キツネ
  • 使用機材
  • 使用武器
  • その他
    • 長い軍歴を持つベテランウィッチ。撃墜数は100機未満と、カールスラント空軍内では珍しくない数字だが、その実力は多くのトップエースからも評価されている。
    • カールスラント中央部、オストマルク国境に近いゲーラ出身。
    • 幼少時に大病を患い体の成長が遅れ、身長が低く体力もあまりない。
      • この体力的なハンデをカバーするために一撃離脱戦法を研鑽。
    • 早くから魔法能力が発現したため航空ウィッチを目指していたが、身体能力の低さから軍の採用基準を満たせなかった。
      • 半ば諦めていたものの、ヒスパニアにおける怪異発生に伴いウィッチの大増員に迫られた軍部は、特に魔法力優秀な者に対して身体的な基準を緩和。念願の航空ウィッチとなる事ができた。
      • 但し、士官養成学校の採用基準は緩められていなかったため、一般ウィッチとして採用されている。
    • 適正試験と簡単な訓練の後に軍曹に任命され、ヒスパニアに送られ第88戦闘飛行隊に配属。
      • 小柄な体と体力不足は訓練と努力だけではカバーできず、他のウィッチのドッグファイト戦法について行けなかった。
    • 研究熱心な性格から辛抱強く怪異の動きと自分達の飛行を観察し、死角から急接近して急所に一撃を加え、素早く離脱する一撃離脱戦法が有効であり、また自分にも可能な戦法であると気付く。
      • ドッグファイトより疲労が少なく、無駄弾の少ないこの戦法は、新しい戦法を模索していた当時の中隊長メルダース中尉の目に留まり、2人1組を基本とするロッテ戦法を生み出す契機となった。
      • 特に最新型のユニットであるBf109に適した攻撃方法であった事から、メルダース中尉とのロッテ戦法の研究は急速に洗練されていった。
    • 戦役後は曹長に昇進してJG52に転属。新戦法を部隊に伝え、練度を高めるための教育係に任命される。
      • ネウロイ侵攻後は、教育の一環としての新人ウィッチの実地教練等で撃墜数を伸ばした。
      • 勘と反射神経で動く天才型ウィッチの戦い方とは異なり、一撃離脱戦法は理論を他人に教える事が容易だった。
    • 教え上手で人当たりがよく前向きな性格から、新人の教育係として重宝されている。
      • 多くの優秀なウィッチが教え子となり、ハルトマン少尉(当時)のように後の大エースへと成長した者も少なくない。
      • 自分の能力に限界がある事を認めているため、育てた「生徒たち」が自分よりも優秀なウィッチになり、自らの階級や撃墜数を越えて成長していく事を楽しみにしている。
      • 素直な新人だけでなく、生意気で天才肌のドッグファイターであっても辛抱強く必要な基礎をしっかりと教える事ができた。
      • 本人も教育係曹長という役割を喜んでこなしており、士官学校への入校を頑なに拒んでいる。
    • JG52当時、配属されたばかりのハルトマン少尉の長機となり、その後もしばらくペアを組んでいたが、ビフレスト作戦の最中に異なる任務に従事し離れ離れになった。
    • 後にバルバロッサ作戦に参加し、ペテルブルグで結成された第502統合戦闘航空団に所属。
      • 同隊でも教導を担当している。
    • 戦場では真面目な先任曹長だが、それ以外では陽気な享楽家で、毎日を楽しく生きるための努力を惜しまない。
      • 食材確保のために休日を丸々潰すことも珍しくないという。
    • 素行不良と女好きで知られる同隊のクルピンスキー中尉から新人達を守るべく奮闘するが、半分冗談で、個人同士では頼もしい戦友といえる関係。
  • 声優 五十嵐裕美
  • イメージモデル エドムント・ロスマン (1918-2004)
    • 愛称 「パウル(Paule)」
    • 撃墜数 93
    • その他
      • 新人時代のエーリヒ・ハルトマンの長機だった。
      • 小柄な体躯で、指導者として優秀。
      • 勇猛さでなく頭脳で飛ぶタイプのパイロットで、腕の負傷もあり格闘戦(ドッグファイト)を好まず、遠距離からの奇襲攻撃戦法を得意としていた。
      • 明朗快活な芸術家気質、美声の持ち主で歌が得意。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録 第五集/next world witches/第五〇一統合戦闘航空団要略増補記録集/秘メ録手牒 下巻/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第三集/TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』(2016年)



ニッカ・エドワーディン・カタヤイネン

NIKKA EDVARDINE KATAJAINEN
  • 所属 スオムス空軍第24戦闘機隊第3中隊
    • 史実では飛行第24戦隊が名称変更して第24戦闘機隊になった。
  • 階級 曹長
  • 身長 160cm
  • 年齢 15歳(1944年)
  • 誕生日 5月31日
  • 通称 「『ツイてない』カタヤイネン」
    • 様々なトラブルによって機体を壊す事から。
    • 但し仲間を巻き込むような事態や致命的な重傷には発展した事がない。
  • 愛称 「ニパ」
  • 使い魔 雪イタチ(フェレット
  • 固有魔法 超回復能力(本人限定の治癒魔法)
    • (旧記述)特殊な魔法体質として超回復能力を持っており、使い魔の治癒魔法との相乗効果で多少の怪我はたちどころに治ってしまう。
    • 特殊な魔法体質として、特別な訓練もなく、常に中度の治癒魔法がかかり続けている。
    • 魔法力を体内で循環させている事から、通常なら死ぬと思われる墜落からもあっさりと生還し周囲を驚かせる。
  • 使用機材
    • メッサーシャルフ Bf109G-2
    • メッサーシャルフ Bf109G-6(MT-476号機)
      • 最終的には全損して使用不能となったユニット。
    • メッサーシャルフ Bf109K-4(機番不明)
      • G型全損の際、クルピンスキー中尉がカールスラント向けの補給物資から強奪してきたユニット。
  • 使用武器
  • その他
    • スオムスの首都ヘルシンキ出身で、ウィッチとしての力が発現すると同時に養成学校へ入学、下士官候補生として訓練を受けた。
      • この頃既に「ついてない」の萌芽は現れており、訓練用ユニットを何度も全損させている。
    • 卒業後は軍曹に任命され第24戦隊第3中隊に配属。
      • この時期の同僚にスオムスナンバーワンエースのユーティライネン中尉、同二位のウィンド大尉がいる。
        • ウィンド大尉とは姉妹かと思えるほど容姿が似ており、さる戦いを通じて強い友情で結ばれている。
      • 初陣でネウロイこそ撃墜したものの、被弾してエンジンを損傷し墜落寸前で基地に帰投。
    • その後も被弾での損傷やテスト中にユニットが足から脱落するようなトラブルに見舞われた。
      • 原因の一つは敢闘精神旺盛でシールドに配慮せず食らいつき攻撃を続ける戦法にある。
      • 何故か行く先々でネウロイと遭遇し、必要以上に戦闘に巻き込まれるケースが多かった事も挙げられる。
    • スオムスではストライカーユニットの調達を輸入に頼っている事から、戦果は挙げても機材を壊すウィッチの扱いに困り、一時はエースでありながらハンガーの掃除をさせられていた事もある。
    • 少年のような容姿で、白黒はっきりつけたがる性格。前向き一直線過ぎるあまり周りが見えなくなるタイプで、ユーティライネン中尉のいたずらによく引っかかる。明るく社交的だが、場の空気が読めないところがある。
    • 故郷の為に頑張りたいという思いが強く、一生懸命に物事をこなすが、その真っ直ぐすぎる性格から上官ウケは悪く、態度が悪いと思われる事も多い。
    • ヨロイネン観測所に駐屯していた時期にユーティライネン中尉と再会し、同伴していたリトヴャク中尉と面識がある。(キミとつながる空)
    • 後に第502統合戦闘航空団に招聘され、同じくユニット壊しとして知られていた同隊のクルピンスキー、管野直枝と共に「ブレイクウィッチーズ」と呼ばれるようになる。
  • 声優 高森奈津美
  • イメージモデル ニルス・カタヤイネン (1919-1997)
    • フルネーム ニルス・エドヴァルド・カタヤイネン
    • 通称 「ついてないカタヤイネン」
    • 愛称 「ニパ」
    • 撃墜数 35.5
    • その他
      • バッファローでの初フライトの離陸時に車輪が折れる。
      • 初撃墜を経験時に自分も撃墜されかける。
      • エース・パイロットになった日にも被弾。
      • 修理した戦闘機のテスト中に滑走路で裏返しになる。
      • 戦闘機を余りにも壊すので爆撃隊に転属になる。
      • 元の部署に戻すようアピールし過ぎてハンガーの掃除係に左遷される。
      • 7ヵ月後に復帰するも病院送りに。
      • 名機・メッサーシュミットBf109を受領するも、最初の飛行でエンジントラブルが発生し不時着。
      • エンジン交換後のテストで再びトラブルが発生し、機体は木っ端微塵に。カタヤイネンは入院。
      • 退院後の戦闘で被弾。エンジンから漏れたガソリンが気化してコックピットに流入し、着陸の途中で意識不明になる。機体は500km/hで滑走路に突っ込み、地面に数回バウンドして再び木っ端微塵に。
      • グスタフ・エリク・マグヌッソン隊長は、自らの胸からマンネルハイム十字勲章を外すと、瀕死のカタヤイネンの胸の上にそっと乗せたのであった。
      • 1997年死去。
  • 出典 コンプエース/第五〇一統合戦闘航空団全記録 第四集/世界の航空歩兵シリーズ/ザ・スニーカー/キミとつながる空/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集



雁淵ひかり

かりぶちひかり

  • 所属 
    • 扶桑皇国海軍佐世保航空予備学校
    • 扶桑皇国海軍第377航空隊特設欧州支隊
  • 階級
    • 軍曹
  • 身長 156cm
  • 年齢 14歳(1944年末時点)
  • 誕生日 5月26日
  • 使い魔 扶桑リス
  • 固有魔法 接触魔眼
    • 直接接触したネウロイのコアの位置を正確に見ることが出来る。
  • 使用機材
  • 使用武器
  • その他
    • 正義感が強く一途な性格。努力家で体力と根性は人一倍ある。
      • 姉を尊敬しており、彼女のようなウィッチになるのが夢であり目標でもある。
      • とてもポジティブシンキングで元気な女の子。
      • 毎日姉と同じトレーニング(長距離走、海渡り)に励み、体力と根性とメンタルの強さは折り紙つきだが肝心の魔法力と制御技術にはかなり難あり。
      • 欧州での補充ウィッチ募集に志願し、軍曹相当としてスオムスのカウハバ基地での後方支援任務のために欧州へとおくられた。
      • 後にグンドュラ・ラルの采配によって彼女は孝美と偽装され、502に編入された。

  • 声優 加隈亜衣
  • イメージモデル 鴛淵光子
    • その他
      • 雁淵孝美のイメージモデル、鴛淵 孝の妹。パイロットではない。戦後に兄、鴛淵孝の部下と婚約している。

  • 出典 第五〇二統合戦闘航空団全記録 第一集/TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』(2016年)


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。