妄想ネタ保管庫113~109


ストライクウィッチーズ 第113統合戦闘航空団 より


10 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 20:35:35 ID:QyIk5gVc

「そのおっぱいで芳佳を誑かしたのかッ」
リーネを押し倒し、おっぱいを鷲掴みにしおっぱいをこねくり回す。するとあざ笑うような目つきでリーネはこう言った。
「……ふぅん、結構できる方だと思ってましたが、おっぱいの扱い方、知らないんですね」
「なん……だと……?……クッ!」
一瞬の隙を突かれ、私は逆に押し倒された。さらにリーネに服を剥かれ、ブラ越しにおっぱいを揉まれてしまう。
「色よし張りよしバルクホルン大尉……ふふ、確かに悪くはないですが……ダサいブラですねぇ」
「!!!」
「ミーナ隊長にしまむらで買ってきてもらってんですか?とんだ世界のエースですねぇ」
「い、言わない…で…」
「ヨークベニマルもびっくりですよ!!」
「……うぅ……ぐす、ひっく……」
(省略されました。 続きを読むにはおねえちゃん、もう夏休みが半分おわっちゃったよぉ……と書き込んで下さい)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
         __
       ,.=, ´:::::::::::`::>=、- 、
     ,ィ´;;;;ノ:::::::::::::::::::::!:::::::ヽ;;!
   /;;;;;;;;/::/:::::::;イ::/ハ!;:::::::ヘ;!
.  /;;;;;;;;;;;/::/:;イ:/ ,イ::l! ! V:::::!;;l
  |;;;;;;;;;;<::イ:/j/Tt- Vl ィTVV;;;!
  ヽ ノ .Y|ハ Vリ  `' lリ lノ `   勝負に賭けるものは命だ その気概がないものは負ける。
       ゝ=-、  _   ノ     >>1乙。
      , ィノ _ヘ>- <
     //  ハ: :ゝ-Y-'^.i
     ヾ=-' l: : i:. ̄ハ:):l
        l: : ノ: : :.l!: :l:.l
        V/: :二 l!: :.V
        /!: : : : l!: : :l
.      ヾニハ: : : :A: : :.!
        l! !: : /L!V: :!
        l  l :/  ', ヽ:l
        l  レ   ',. `!

65 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 20:58:16 ID:VH4VKUWR

ゴクリ
思わずのどが鳴る。まるで餌をねだる雛鳥のようだと思った。
「ねえさま、これから…どうすれんんっ!?」
答えずに、少し空いた唇の隙間に強引に唇を合わせ、舌を侵入させる。
歯茎の裏も丁寧に舐めてゆく。
「んふ…ねぇさま、くちゅ…くちゃ…はふ…はぁはぁ」
一旦、唇を離すと、サーニャは抗議しようと口を開ける。
そこにまた顔を近づけ、キスをし、舌を入れる。
サーニャの身体から力が抜けていくのを抱いた腕を通して感じた。
そろそろ頃合だろうか
唇を離すと、その間には透明な糸が引かれた。
(省略されました。 続きを読むには”トゥルーデ×サーニャもアリだナ”と書き込んでください)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
         __
       ,.=, ´:::::::::::`::>=、- 、
     ,ィ´;;;;ノ:::::::::::::::::::::!:::::::ヽ;;!
   /;;;;;;;;/::/:::::::;イ::/ハ!;:::::::ヘ;!
.  /;;;;;;;;;;;/::/:;イ:/ ,イ::l! ! V:::::!;;l
  |;;;;;;;;;;<::イ:/j/Tt- Vl ィTVV;;;!
  ヽ ノ .Y|ハ Vリ  `' lリ lノ `  >>1乙だ
       ゝ=-/// _ ///ノ    >>10おねえちゃん、もう夏休みが半分おわっちゃったよぉ……
      , ィノ _ヘ>- <
     //  ハ: :ゝ-Y-'^.i
     ヾ=-' l: : i:. ̄ハ:):l
        l: : ノ: : :.l!: :l:.l
        V/: :二 l!: :.V
        /!: : : : l!: : :l
.      ヾニハ: : : :A: : :.!
        l! !: : /L!V: :!
        l  l :/  ', ヽ:l
        l  レ   ',. `!

506 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 22:54:56 ID:7RuMRZQ7

ストライクウィッチーズの全世界共通ファンサイトが作られて、
24時間休みなく、だれかが汁っぽい妄想を垂れ流して救急搬送される世界だといいな・・

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

           O 。

              ////:./.:./.:.:. : :::/:_厶|-=.' :.:.:.:.|ヽ::::..:.:.:.'.:.:l.:.:.:.:.:.:∨'//人
            /////:./.:.::;:'::.:. -=:,':::/  |.:.:::.:.:.:.:.i:|  \::::::|:.:|.:.:.:.:.:.:.:∨'///ヽ、
          //////':/.:.::/::::.:.:.::::/|::/  |:::::::l:::.:.:|\´ ̄\ト、}::::、:::.:.:.:.∨'////\
      /////////.::/!::/.:.::::/-l::「 ̄ハ ::::l::.:.:.|  ヽ,二._j_∧ヾ\::..:.:.∨/////ハ
.     {//////////  |:.|.:.:::/ _,.斗チ卞 ヽ∧::: |   イ _ノ:::}ハヾ :∨';:::::l:.:.'、/////}
      ` ̄ ̄ ̄/'´   ヽ| ::/ イ ,ノ::::.}j     \{   弋:::少 ノ∧Yヘ::::|∨`'ー ─'
                    /|:∧ ヽ弋:少         :.:::::.::::: ハ| ハ:|
               { |,'{∧ :.:::::.:::::     ,          ,'_ノ .ノ';|
               ヽ!、‐ヘ                  '__/
                 `ーヘ       ー‐ '       /〈___
                〉 ̄_>ゝ..            , イノ:ヽ_〈
                  /.:::::::::/{ >         イ{ ∧::::::.:\

ストライクウィッチーズ 第112統合戦闘航空団 より


11 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 16:25:21 ID:8xtsvu15

安心させるためにサーニャの体を椅子ごと、柔らかく抱いた。
「た、だ?」
「それを直すのにはな…”おまじない”が必要なんだ」
耳元で囁く。
「”おまじない”…ですか?」
「ああ、”おまじない”だ」
サーニャは泣き止んでくれたのを見て、そっと抱いていた体を離す。
「ぇと…具体的、にはどういう”おまじない”…なんですか?」
「立って、目を閉じて口を少し開けて?」
「んは…ぁ、ねえさま、こうで…しょうあ?」
サーニャが立ちつつ口を小さく開け、こちらを見上げる
(省略されました。続きを読むには”おっきくなったらわたしねえさまのおよめさんになる!”と書き込んでください)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
         __
       ,.=, ´:::::::::::`::>=、- 、
     ,ィ´;;;;ノ:::::::::::::::::::::!:::::::ヽ;;!
   /;;;;;;;;/::/:::::::;イ::/ハ!;:::::::ヘ;!
.  /;;;;;;;;;;;/::/:;イ:/ ,イ::l! ! V:::::!;;l
  |;;;;;;;;;;<::イ:/j/Tt- Vl ィTVV;;;!
  ヽ ノ .Y|ハ Vリ  `' lリ lノ `   >>1乙だ
       ゝ=-、  _   ノ     少し昔の妄想と被ってるがまだまだ続くぞ
      , ィノ _ヘ>- <
     //  ハ: :ゝ-Y-'^.i
     ヾ=-' l: : i:. ̄ハ:):l
        l: : ノ: : :.l!: :l:.l
        V/: :二 l!: :.V
        /!: : : : l!: : :l
.      ヾニハ: : : :A: : :.!
        l! !: : /L!V: :!

15 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 16:28:26 ID:QyIk5gVc

とあるオカルトネタに、「鏡の中の自分に向かってお前は誰だ?と尋ねる」というものがある。
何日も続ける事で、自意識があやふやになり精神崩壊を引き起こすというこの実験は、かつてどこかの軍で行われたという。
では、鏡の中の自分を妹としたらどうだろう。思い立ったが吉日、私はすぐに洗面台へ向かった。
「おねえちゃん、大好き!」
鏡の向こうの自分は嬉しそうだ。私も嬉しい。
「おねえちゃん、大好き!!」
鏡の向こうの自分は嬉しそうだ。私も嬉しい。
「おねえちゃん、きれい…」
鏡の向こうの自分は、キスを迫ってきた。私もそれに応じる。ああ、頭の中が蕩けるようだ……。
そこでふと頭をよぎったのは、三面鏡の存在。唯一三面鏡を所持するミーナの部屋へ私は向かった。
(省略されました。 続きを読むには最近おねえちゃんのこと考えると、おむねがヘンになるの……と書き込んで下さい)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
         __
       ,.=, ´:::::::::::`::>=、- 、
     ,ィ´;;;;ノ:::::::::::::::::::::!:::::::ヽ;;!
   /;;;;;;;;/::/:::::::;イ::/ハ!;:::::::ヘ;!
.  /;;;;;;;;;;;/::/:;イ:/ ,イ::l! ! V:::::!;;l
  |;;;;;;;;;;<::イ:/j/Tt- Vl ィTVV;;;!
  ヽ ノ .Y|ハ Vリ  `' lリ lノ `
       ゝ=-、  _   ノ     >>11 なかなかの腕前だ。戦場で敵味方にはなりたくないな。
      , ィノ _ヘ>- <
     //  ハ: :ゝ-Y-'^.i      そして>>1乙。
     ヾ=-' l: : i:. ̄ハ:):l
        l: : ノ: : :.l!: :l:.l
        V/: :二 l!: :.V
        /!: : : : l!: : :l
.      ヾニハ: : : :A: : :.!
        l! !: : /L!V: :!
        l  l :/  ', ヽ:l
        l  レ   ',. `!

24 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 16:44:17 ID:WLUeyk9S

卑怯者と思わば思え!これだけの戦力…いわば、お前のための舞台を調えたんだ。嫌とは言わせん。
そして、お前の待つ舞台に真っ先に降り立つのはこの私、ゲルトルート・バルクホルンであることを誓う。
エスコートなどという言葉では生ぬるい、本番で活かせてもらうぞ。
そうだ。
        「抱きしめたいな、芳佳!」

 (芳佳を押し倒す)

芳佳はぐったりと体を投げ出して動かなくなっていた。
かすかに差し込む光が、砂の上に横たわる肢体を照らしている。
これが、ゲルマン流の祝福のぺーゼだ、芳佳。
ようやくキミとワルツを踊れた。
さあ、その顔を良く見せてくれ。
トゥルーデの手が芳佳の頭を鷲掴みにして引き上げた。
「まさに眠り姫だ……!」
トゥルーデの目は宿願を果たした喜びで満ち溢れていた。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。

              ////:./.:./.:.:. : :::/:_厶|-=.' :.:.:.:.|ヽ::::..:.:.:.'.:.:l.:.:.:.:.:.:∨'//人
            /////:./.:.::;:'::.:. -=:,':::/  |.:.:::.:.:.:.:.i:|  \::::::|:.:|.:.:.:.:.:.:.:∨'///ヽ、
          //////':/.:.::/::::.:.:.::::/|::/  |:::::::l:::.:.:|\´ ̄\ト、}::::、:::.:.:.:.∨'////\
      /////////.::/!::/.:.::::/-l::「 ̄ハ ::::l::.:.:.|  ヽ,二._j_∧ヾ\::..:.:.∨/////ハ  >>1乙だ
.     {//////////  |:.|.:.:::/ _,.斗チ卞 ヽ∧::: |   イ _ノ:::}ハヾ :∨';:::::l:.:.'、/////}
      ` ̄ ̄ ̄/'´   ヽ| ::/ イ ,ノ::::.}j     \{   弋:::少 ノ∧Yヘ::::|∨`'ー ─'
                    /|:∧ ヽ弋:少         :.:::::.::::: ハ| ハ:|
               { |,'{∧ :.:::::.:::::     ,          ,'_ノ .ノ';|
               ヽ!、‐ヘ                  '__/
                 `ーヘ       ー‐ '       /〈___
                〉 ̄_>ゝ..            , イノ:ヽ_〈
                  /.:::::::::/{ >         イ{ ∧::::::.:\

706 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 19:52:15 ID:bA794ai+

ゲルトあまり飲めないのに無理して顔真っ赤にしても飲むキャラ

768 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 20:11:35 ID:48CIqkT8

706
「も、もうだめだ・・・」
酩酊が体を支配する。視界はグルグルとまわり、とても立ち上がれそうにない。
カーペットがあってよかったな。と思いつつ床に横になる。

「トゥルーデだらしなぁ~い!それでもカールスラントの軍人か! なーんて。にひひ。」
一緒に飲んでいたエーリカが私を見下ろし笑う。
なんてザマだ、これではお姉ちゃんとしての面目がゼロだな。

「でも・・・今のトゥルーデ、とっても・・・かわいいよ・・・」
何だ?何をする?  あ・・・エーリカ・・・そこは・・・
「ん・・・、やっぱり飲みすぎかな?汗までワインの味がするよ・・・」
エーリカの舌は普段の彼女からは考えられないような緻密さで私を味わってゆき・・・

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。

              ////:./.:./.:.:. : :::/:_厶|-=.' :.:.:.:.|ヽ::::..:.:.:.'.:.:l.:.:.:.:.:.:∨'//人
            /////:./.:.::;:'::.:. -=:,':::/  |.:.:::.:.:.:.:.i:|  \::::::|:.:|.:.:.:.:.:.:.:∨'///ヽ、
          //////':/.:.::/::::.:.:.::::/|::/  |:::::::l:::.:.:|\´ ̄\ト、}::::、:::.:.:.:.∨'////\
      /////////.::/!::/.:.::::/-l::「 ̄ハ ::::l::.:.:.|  ヽ,二._j_∧ヾ\::..:.:.∨/////ハ  
.     {//////////  |:.|.:.:::/ _,.斗チ卞 ヽ∧::: |   イ _ノ:::}ハヾ :∨';:::::l:.:.'、/////}
      ` ̄ ̄ ̄/'´   ヽ| ::/ イ ,ノ::::.}j     \{   弋:::少 ノ∧Yヘ::::|∨`'ー ─'
                    /|:∧ ヽ弋:少         :.:::::.::::: ハ| ハ:|
               { |,'{∧ :.:::::.:::::     ,          ,'_ノ .ノ';|
               ヽ!、‐ヘ                  '__/
                 `ーヘ       ー‐ '       /〈___
                〉 ̄_>ゝ..            , イノ:ヽ_〈
                  /.:::::::::/{ >         イ{ ∧::::::.:\

ストライクウィッチーズ 第111統合戦闘航空団より


24 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 02:28:08 ID:Ksg8yWae

ペリーヌ「宮藤さんDVDが出るのしっていまして?」
宮藤「え!?いついつ?いつ出るの?」
ペリーヌ「それは言えませんわねー」
宮藤「えー?じゃあ特典は?」
ペリーヌ「ムッ・・・それでは特別に、まず戦闘記録集、
 これには坂本少佐の雄姿やわたくしと少佐の仲睦まじい写真が収められていますのよ」
宮藤「へー」
ペリーヌ「そして、わたくしの美声を納めた秘め声CD!コレで少佐もメロメロ!」
宮藤「メロメロって・・・」
ペリーヌ「お黙りなさい!9月26日になったら覚悟なさい!」

 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   |`;-<´ ̄ ̄`  、,,-=7
   |;;;;;/        \;;;ノ        ||\-――-、 /||
   ト,/  /  |i  ) i ヾY        人/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\jj
   |  ノ|  || /|  |  .|| .       /.:.:./.:./.:.:.ハ:ヽ:ヽヽ
   |ノイ-==メ/ ノ|-=|ニノ|       /.:.:./:.:/.:/:/ |.:.l.:.:l.:.',
   | |ヾハ!.T:::ト  ´|::ソ| |、 .    /.:.イ:.フ'7´:/  `トl.::.l.:.ハ
  ノノ  トゝニ´___'^'ー|イ |      //从ハ{ ―   ―リ从ト、\
 / |  | ト≧ `__’, イノ ト、    ´  `‐へ  r  ァ ノ     ̄ ≡3
 ゝ、>| ヾミ。 !ゝ| ト、イヾ )    (二 ヽ /≧==≦ /二)
  く....ノノ1.=='|:...ト\ソ        〈 V ト込ムノ{ V 〉
   \>,|:......|:...fヾ/         ヽ__,ヘ_______ ト、__/

28 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 02:29:28 ID:VH4VKUWR

だが待て…仮にも義理とは言え相手は妹だぞ?、何をしようとしているんだトゥルーデ。
「ねぇさま…ほんとうに、治るん、ですか?」
サーニャは瞳に涙を貯めて、また自らの喋った病気の事が恥ずかしいのか顔を真っ赤にしていた。
……私の心は決まった。

「大丈夫だ、サーニャ。それは病気じゃないんだ。安心していい」
確かにサーニャに初潮が始まっているのを確認した後、先程言った言葉を繰り返す。
「ぅぐ…ヒック、ねぇさま…本当、ですか?」
再度サーニャが問いかけてくる。
「ああ、病気でもないし、恥ずかしい事でもないんだ…ただ――」
椅子から立ち上がり、デスクを回ってサーニャの正面に立つ。
(省略されました。続きを読むには”ねえさま…いっしょのおふとんでおやすみしても、いいですか?”と書き込んでください)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
         __
       ,.=, ´:::::::::::`::>=、- 、
     ,ィ´;;;;ノ:::::::::::::::::::::!:::::::ヽ;;!
   /;;;;;;;;/::/:::::::;イ::/ハ!;:::::::ヘ;!
.  /;;;;;;;;;;;/::/:;イ:/ ,イ::l! ! V:::::!;;l
  |;;;;;;;;;;<::イ:/j/Tt- Vl ィTVV;;;!
  ヽ ノ .Y|ハ Vリ  `' lリ lノ `
       ゝ=-、  _   ノ     まだまだ続くぞ>>1乙
      , ィノ _ヘ>- <
     //  ハ: :ゝ-Y-'^.i
     ヾ=-' l: : i:. ̄ハ:):l
        l: : ノ: : :.l!: :l:.l
        V/: :二 l!: :.V
        /!: : : : l!: : :l
.      ヾニハ: : : :A: : :.!
        l! !: : /L!V: :!

32 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 02:31:01 ID:VXDcaTa7

     /: : : : : : : : : : : : : \
    /: : : : : : : : : : : : : : : :   .、
    / : :ト、へ : : : : : : .  イ. . :i   >>28
    ,'  i: | ̄ヾ \: ::i : : :|: : |: : :.!   ねねねねね、ねえさま…い、いっしょのおふとんでおやすみしても、いいですか?
   l:|: : |: |   リ \:| : : ト: ::l: : :l
   |:|: : !:イ´_  ' ̄___ヾ !ヾ:^l : |
   |:ハ: l: :代ソ   'てソ7:| fリノ: :|   
    !:!:∧ /// ,  ///リ-イ:|: :!
    レ'  \    _  /ヽ|:ト、| _ 
        `r「「l、イ    l:i   /ヽ、
        「 ! ` i/   ll:l  /    i
       ∧   /  _/|:!/ /    |
       |∧   ∨  |/i { /    |
       / |∧   ',   | || /     !
      l / ∧  ∨ /| ll∠     ,
      L/ {l ヘ   ∨ ,| |/ \  /
       {  ト、ヘ   \/   ∧/i

56 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 02:44:57 ID:fzuhl6PX

32

               あ…ありのまま 今起こった事を話すぜ!
              『私を呼ぶ声が聞こえたと思ったら
    :::::::::::_:::::::::::::  シナを作ったミーナにお姉ちゃんと呼ばれていた』
    :::::::/´ `ヽ:::::::   な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
    ::::::((/メハハ!::::::   私も何をされたのかわからなかった…
    ::::::/~)(~ヽ)):::::   目と耳がどうにかなりそうだった…
  / ̄`"旦"'´ /|  若作りだとか悪魔憑きだとか
  l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l  |   そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  | トゥルーデ |/  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ストライクウィッチーズ 第110統合戦闘航空団より


10 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 23:23:58 ID:HtxnOjJ1

サーニャと同じ誕生日だなんて、うらやましすぎるよ宮藤
サーニャをおんぶできるなんて、うらやましすぎるよ宮藤
サーニャと手をつなげるなんて、うらやましすぎるよ宮藤
戦闘のときに思わずサーニャの肩をつかんだけど、再現できる気がしないナ
戦闘のときに「サーニャを守るのは、このわたしだ!」 って言えばよかったナ
誕生会の写真には、二人の肩を抱いている自分が写ってるけど、よく覚えてないナ

ああ、今夜はサーニャと二人っきりで夜間哨戒だ
もうちょっとラジオで流れる曲の話とかしたいけど、きっと緊張して
「腹減ったナ」 くらいしか言えないんだろうナ
でも、サウナでサーニャの透き通る白い肌を独り占めできるだけで、わたしは幸せだ・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /|    /|
      ノ;;;|_____ ノ;;|
    /|/ /  ` ヾ、
   /   / ハ  ヾ ヽ
   | | | ,' /_|_',  ヽ ハ
   | | ||/´ !` ',ハハ ||
   Vゞ,||r=ャ、  YT!|ノ
    |(ゞ_゙-゚’   ゙"!
    |, | ||>、 o  ノ\  サーニャをそんな目で見るなぁぁぁ!>>1乙
    |. | |/ヾ.ハY´ソ/>
    || ||ト,::::Vノ\´k-'
    | ||ハ,,::::::/ト:::::〉
     ヾソ=`´:|―ト/
     /:::|`l´|:|ハT」
    ノト、ニニ」ニニノ
  r´./|  ̄| ',  !
.  トヘ , |  |.  ',  !
  `ー´,|___,'   ',__|,
     | iV    V |i
     ヒノ     ゞソ

17 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 23:25:18 ID:3ll8U1gR

卑怯者と思わば思え!これだけの戦力…いわば、お前のための舞台を調えたんだ。嫌とは言わせん。
そして、お前の待つ舞台に真っ先に降り立つのはこの私、ゲルトルート・バルクホルンであることを誓う。
エスコートなどという言葉では生ぬるい、本番で活かせてもらうぞ。
そうだ。
        「抱きしめたいな、芳佳!」

 (芳佳を押し倒す)

芳佳はぐったりと体を投げ出して動かなくなっていた。
かすかに差し込む光が、砂の上に横たわる肢体を照らしている。
これが、ゲルマン流の祝福のぺーゼだ、芳佳。
ようやくキミとワルツを踊れた。
さあ、その顔を良く見せてくれ。
トゥルーデの手が芳佳の頭を鷲掴みにして引き上げた。
「まさに眠り姫だ……!」
トゥルーデの目は宿願を果たした喜びで満ち溢れていた。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。

              ////:./.:./.:.:. : :::/:_厶|-=.' :.:.:.:.|ヽ::::..:.:.:.'.:.:l.:.:.:.:.:.:∨'//人
            /////:./.:.::;:'::.:. -=:,':::/  |.:.:::.:.:.:.:.i:|  \::::::|:.:|.:.:.:.:.:.:.:∨'///ヽ、
          //////':/.:.::/::::.:.:.::::/|::/  |:::::::l:::.:.:|\´ ̄\ト、}::::、:::.:.:.:.∨'////\
      /////////.::/!::/.:.::::/-l::「 ̄ハ ::::l::.:.:.|  ヽ,二._j_∧ヾ\::..:.:.∨/////ハ  >>1乙だ
.     {//////////  |:.|.:.:::/ _,.斗チ卞 ヽ∧::: |   イ _ノ:::}ハヾ :∨';:::::l:.:.'、/////}
      ` ̄ ̄ ̄/'´   ヽ| ::/ イ ,ノ::::.}j     \{   弋:::少 ノ∧Yヘ::::|∨`'ー ─'
                    /|:∧ ヽ弋:少         :.:::::.::::: ハ| ハ:|
               { |,'{∧ :.:::::.:::::     ,          ,'_ノ .ノ';|
               ヽ!、‐ヘ                  '__/
                 `ーヘ       ー‐ '       /〈___
                〉 ̄_>ゝ..            , イノ:ヽ_〈
                  /.:::::::::/{ >         イ{ ∧::::::.:\

18 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 23:25:19 ID:ECXXMCzO

6話を視聴して以来、私の心はサーニャの方を向きっぱなしだ。
もちろんエイラもかわいいし妹にしたいが、やはりサーニャはの潜在妹力はズバ抜けている。
しかしよくよく考えて見ると、私の心を掴んで離さないのは回想時のロリサーニャではないか。
あの父親に対する態度は、今の彼女からは考えられない利発さを持っていて……勿体無い。実に勿体無い。
彼女のあの幼さを取り戻したい。そんな一心で、私は録画した6話を何度も何度も見返した。
ふふ、ラストのさーにゃんかわいいなぁ。実は私も真下にいたんだよ……なのにお父様お父様って……ん?
気付いてしまった。彼女の心をアンロックする方法を。この夜、私は「姉」以外の何かへと進化を遂げる――。
「サーニャ、私だ、お父さんだ。ドアを開けておくれ」
「……お、お父様!?」
(省略されました。 続きを読むにはお姉さま……ふふ♪言ってみただけ♪と書き込んで下さい)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
         __
       ,.=, ´:::::::::::`::>=、- 、
     ,ィ´;;;;ノ:::::::::::::::::::::!:::::::ヽ;;!
   /;;;;;;;;/::/:::::::;イ::/ハ!;:::::::ヘ;!
.  /;;;;;;;;;;;/::/:;イ:/ ,イ::l! ! V:::::!;;l
  |;;;;;;;;;;<::イ:/j/Tt- Vl ィTVV;;;!
  ヽ ノ .Y|ハ Vリ  `' lリ lノ `
       ゝ=-、  _   ノ     私に慈悲など期待しないことだ>>1乙。
      , ィノ _ヘ>- <
     //  ハ: :ゝ-Y-'^.i
     ヾ=-' l: : i:. ̄ハ:):l
        l: : ノ: : :.l!: :l:.l
        V/: :二 l!: :.V
        /!: : : : l!: : :l
.      ヾニハ: : : :A: : :.!
        l! !: : /L!V: :!
        l  l :/  ', ヽ:l
        l  レ   ',. `!
        L /.     ',=.l
        ヒ/       Vリ

37 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 23:30:46 ID:/cyljg2z

「で、なんだサーニャ?」
書類から顔を上げつつ再度問いかける。
「ぁの…アソコからボソボソ…」
声が小さくて聞き取れない。
「アソコから?」
もう1回言うように促す。
「アソコから血が出てきてるんえす!…ど、どうすれば…そ、の…ねえさま、
 私…病気なんでしょうか。朝から血が…止まらないん、です」
ああ、そういう事か。
この年で初潮という事ならば…まぁ、遅くはない筈だ。
「大丈夫。それは病気じゃないんだ」
不安一杯、今にも泣き出しそうなサーニャをなだめるよう、優しく言う。
「治るん…ですか?」
サーニャの潤んだ瞳を見てドキッとする。
悪戯したい…もとい、可愛いサーニャをもっと見たいと思った。
(省略されました。続きを読むには”わたしおおきくなったらねえさまのおよめさんになる!”と書き込んでください)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
         __
       ,.=, ´:::::::::::`::>=、- 、
     ,ィ´;;;;ノ:::::::::::::::::::::!:::::::ヽ;;!
   /;;;;;;;;/::/:::::::;イ::/ハ!;:::::::ヘ;!
.  /;;;;;;;;;;;/::/:;イ:/ ,イ::l! ! V:::::!;;l
  |;;;;;;;;;;<::イ:/j/Tt- Vl ィTVV;;;!
  ヽ ノ .Y|ハ Vリ  `' lリ lノ `
       ゝ=-、  _   ノ     >>1乙。一応前スレから続いてるぞ
      , ィノ _ヘ>- <       >>18
     //  ハ: :ゝ-Y-'^.i      …お姉さま……ふふ♪言ってみただけ♪
     ヾ=-' l: : i:. ̄ハ:):l
        l: : ノ: : :.l!: :l:.l
        V/: :二 l!: :.V
        /!: : : : l!: : :l

ストライクウィッチーズ 第109統合戦闘航空団より


8 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 18:02:47 ID:ECXXMCzO

究極の妹、クリス。
ウィッチーズの妹たちは、クリスに近づくために日々精進をしているはずだ。
今日もリーネは料理の練習をし、ペリーヌは私に空戦の事を聞きに来るなどして妹力を高めていた。
そう、このクリスに直結する「妹力」とは即ち「姉を慕っている度」なのだ。
これを測定するには、同一のシチュエーションでの私の対する行動をチェックするのが最善である。しかしそんな事は不可能だろう。
……そうだな、「上官をどう思っているか」をテーマにスピーチ大会でも開けばいい。少佐に進言しよう。
究極の妹を選出する儀式、クリスゲームが今幕を上げる――
(省略されました。 続きを読むには今日おねえちゃんと一緒にいたあの人、だれ……?と書き込んで下さい)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
         __
       ,.=, ´:::::::::::`::>=、- 、
     ,ィ´;;;;ノ:::::::::::::::::::::!:::::::ヽ;;!
   /;;;;;;;;/::/:::::::;イ::/ハ!;:::::::ヘ;!
.  /;;;;;;;;;;;/::/:;イ:/ ,イ::l! ! V:::::!;;l
  |;;;;;;;;;;<::イ:/j/Tt- Vl ィTVV;;;!
  ヽ ノ .Y|ハ Vリ  `' lリ lノ `
       ゝ=-、  _   ノ     一線を超えた者にしか見えない世界が確かにある。>>1乙。
      , ィノ _ヘ>- <
     //  ハ: :ゝ-Y-'^.i
     ヾ=-' l: : i:. ̄ハ:):l
        l: : ノ: : :.l!: :l:.l
        V/: :二 l!: :.V
        /!: : : : l!: : :l
.      ヾニハ: : : :A: : :.!
        l! !: : /L!V: :!
        l  l :/  ', ヽ:l
        l  レ   ',. `!
        L /.     ',=.l
        ヒ/       Vリ

11 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 18:04:16 ID:3ll8U1gR

卑怯者と思わば思え!これだけの戦力…いわば、お前のための舞台を調えたんだ。嫌とは言わせん。
そして、お前の待つ舞台に真っ先に降り立つのはこの私、ゲルトルート・バルクホルンであることを誓う。
エスコートなどという言葉では生ぬるい、本番で活かせてもらうぞ。
そうだ。
        「抱きしめたいな、芳佳!」

 (芳佳を押し倒す)

芳佳はぐったりと体を投げ出して動かなくなっていた。
かすかに差し込む光が、砂の上に横たわる肢体を照らしている。
これが、ゲルマン流の祝福のぺーゼだ、芳佳。
ようやくキミとワルツを踊れた。
さあ、その顔を良く見せてくれ。
トゥルーデの手が芳佳の頭を鷲掴みにして引き上げた。
「まさに眠り姫だ……!」
トゥルーデの目は宿願を果たした喜びで満ち溢れていた。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。

              ////:./.:./.:.:. : :::/:_厶|-=.' :.:.:.:.|ヽ::::..:.:.:.'.:.:l.:.:.:.:.:.:∨'//人
            /////:./.:.::;:'::.:. -=:,':::/  |.:.:::.:.:.:.:.i:|  \::::::|:.:|.:.:.:.:.:.:.:∨'///ヽ、
          //////':/.:.::/::::.:.:.::::/|::/  |:::::::l:::.:.:|\´ ̄\ト、}::::、:::.:.:.:.∨'////\
      /////////.::/!::/.:.::::/-l::「 ̄ハ ::::l::.:.:.|  ヽ,二._j_∧ヾ\::..:.:.∨/////ハ  >>1乙だ
.     {//////////  |:.|.:.:::/ _,.斗チ卞 ヽ∧::: |   イ _ノ:::}ハヾ :∨';:::::l:.:.'、/////}
      ` ̄ ̄ ̄/'´   ヽ| ::/ イ ,ノ::::.}j     \{   弋:::少 ノ∧Yヘ::::|∨`'ー ─'
                    /|:∧ ヽ弋:少         :.:::::.::::: ハ| ハ:|
               { |,'{∧ :.:::::.:::::     ,          ,'_ノ .ノ';|
               ヽ!、‐ヘ                  '__/
                 `ーヘ       ー‐ '       /〈___
                〉 ̄_>ゝ..            , イノ:ヽ_〈
                  /.:::::::::/{ >         イ{ ∧::::::.:\

36 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 18:44:00 ID:/cyljg2z

その日、私は書類仕事に追われていた。
コンコン
と入り口のドアが控えめにノックされる。
「どうぞ」
「あ、ねえさま…失礼します」
入り口の向こうにいたのはサーニャだった。
珍しい事もあるものだと思った。いつもは昼間は殆ど寝ているのに。
「ん、どうした?」
ニッコリと笑顔で問いかける。
「はい、あの…えっと…相談したいことが…」
「?」
首をかしげる。わざわざ私が仕事中に相談に来るという事は
何か余程の急用だろうか。
とりあえず部屋の中に招き入れ、デスクの前の椅子へ座ってもらった。
(省略されました。全て読むには”ねえさまの為なら…私……”と感情表現豊かに書き込んでください。)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
         __
       ,.=, ´:::::::::::`::>=、- 、
     ,ィ´;;;;ノ:::::::::::::::::::::!:::::::ヽ;;!
   /;;;;;;;;/::/:::::::;イ::/ハ!;:::::::ヘ;!
.  /;;;;;;;;;;;/::/:;イ:/ ,イ::l! ! V:::::!;;l
  |;;;;;;;;;;<::イ:/j/Tt- Vl ィTVV;;;!
  ヽ ノ .Y|ハ Vリ  `' lリ lノ `   年下であれば何でも良いというワケじゃない。
       ゝ=-、  _   ノ     そこを履き違えてもらっては困る。>>1乙
      , ィノ _ヘ>- <
     //  ハ: :ゝ-Y-'^.i
     ヾ=-' l: : i:. ̄ハ:):l
        l: : ノ: : :.l!: :l:.l
        V/: :二 l!: :.V
        /!: : : : l!: : :l
.      ヾニハ: : : :A: : :.!

178 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 19:58:49 ID:VDo4ahmp

ネウロイがいっぺんに12機出てきたらどうすんだよ、隊長!

190 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 20:05:30 ID:CS+TqESZ

178

   / /    /  , ⌒、     ,,`、、
  /  /     / /"""ヾ    r'"   ゙'、  トゥルーデ、12機のネウロイは全部任せた。私達に構わず前進しなさい。
  /  /   / / /    ヾ  ,r"     ',  私はすぐ後退して後方の司令部に移動して現状を立て直します。
 /  /   // //     ヾ/      ..... !  
/  /   /,,,,,,,/,,,,,,     ヾ/    .:::::::::::::!  
|  /|   /  /  '''''     ,'   .::::::::::::::l゙、          __
|  |_|  /, ´f乙ヽー      /    .::::::::::::!、 ゙、      ,.=, ´:::::::::::`::>=、- 、
| , ´ |  /イ {し'::::!ノ     ,'   .::::::::::::::l l ゙、゙    ,ィ´;;;;ノ:::::::::::::::::::::!:::::::ヽ;;!
| | ( | / ヽ弋こソ     ;'   .:::::::::::::::::,' .!  ゙、 /;;;;;;;;/::/:::::::;イ::/ハ!;:::::::ヘ;!
|ヽ |/|          /.   .:::::::::::::::,' | ./    /;;;;;;;;;;;/::/:;イ:/ ,イ::l! ! V:::::!;;l
 |ヽ、__!          ,i '   .::::::::::::,.'  i /    |;;;;;;;;;;<::イ:/j/Tt- Vl ィTVV;;;!
 |   ヽ     ヾソ´ .::::::::::::::::::,r' |  l/     ヽ ノ .Y|ハ Vリ  `' lリ lノ `
 |    ヽ  , ""  .::::::::::::::::,r'" !  !          ゝ=-、  Д   ノ   エッ!?
  |    ,r'"      ゙,::::::::::;r':!   l            , ィノ _ヘ>- <
  |   ,r'"        ゙、:::::':::::',. i          //  ハ: :ゝ-Y-'^.i
   |  ,'   、.l.      ゙、:::::::::: ゙、...l         ヾ=-' l: : i:. ̄ハ:):l
___,__,ヾ,'    ゙'i.      ゙、:,',:::::. ゙、|.            l: : ノ: : :.l!: :l:.l
===/´ ,r'      ',       ゙、':::::::::. ゙、`ヽ、        V/: :二 l!: :.V
     i  ゙、.   '、    ..:::::::l::::::::::::::. ヽ=ゝ        /!: : : : l!: : :l
゙'、;  !   ',    ゙、::::::::::::::::::::!:::::::::::  ,''゙、 、      ヾニハ: : : :A: : :.!

204 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 20:14:10 ID:Jwf0LR/p

190

12機のネウロイ…12人の妹…シスタープリンセス…
妹力が湧いてきた…行ける、行けるぞ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
         __
       ,.=, ?:::::::::::`::>=、- 、
     ,ィ?ノ:::::::::::::::::::::!:::::::ヽ;;!
   /;;;;;;;;/::/:::::::;イ::/ハ!;:::::::ヘ;!
.  /;;;;;;;;;;;/::/:;イ:/ ,イ::l! ! V:::::!;;l
  |;;;;;;;;;;<::イ:/j/Tt- Vl ィTVV;;;!
  ヽ ノ .Y|ハ Vリ  `' lリ lノ `
       ゝ=-、  _   ノ     ここは私に任せてくれミーナ!
      , ィノ _ヘ>- <
     //  ハ: :ゝ-Y-'^.i
     ヾ=-' l: : i:. ̄ハ:):l
        l: : ノ: : :.l!: :l:.l
        V/: :二 l!: :.V
        /!: : : : l!: : :l
.      ヾニハ: : : :A: : :.!
        l! !: : /L!V: :!
        l  l :/  ', ヽ:l
        l  レ   ',. `!
        L /.     ',=.l
        ヒ/       Vリ

221 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 20:21:19 ID:oaPlmYWF

よしか・リーネ「おねえちゃん♪」
エーリカ「おねぇー!」
ルッキーニ「ねえねえー」
シャーリー「姉さーん。」
サーニャ「姉(あね)さま・・・」
エイラ「姉貴ー。」
少佐「姉上様。」
ミーナ「トルゥーデ」(双子設定)
ペリ「お姉さま」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。

              ////:./.:./.:.:. : :::/:_厶|-=.' :.:.:.:.|ヽ::::..:.:.:.'.:.:l.:.:.:.:.:.:∨'//人
            /////:./.:.::;:'::.:. -=:,':::/  |.:.:::.:.:.:.:.i:|  \::::::|:.:|.:.:.:.:.:.:.:∨'///ヽ、
          //////':/.:.::/::::.:.:.::::/|::/  |:::::::l:::.:.:|\´ ̄\ト、}::::、:::.:.:.:.∨'////\
      /////////.::/!::/.:.::::/-l::「 ̄ハ ::::l::.:.:.|  ヽ,二._j_∧ヾ\::..:.:.∨/////ハ  
.     {//////////  |:.|.:.:::/ _,.斗チ卞 ヽ∧::: |   イ _ノ:::}ハヾ :∨';:::::l:.:.'、/////}
      ` ̄ ̄ ̄/'´   ヽ| ::/ イ ,ノ::::.}j     \{   弋:::少 ノ∧Yヘ::::|∨`'ー ─'
                    /|:∧ ヽ弋:少         :.:::::.::::: ハ| ハ:|
               { |,'{∧ :.:::::.:::::     ,          ,'_ノ .ノ';|
               ヽ!、‐ヘ                  '__/
                 `ーヘ       ー‐ '       /〈___
                〉 ̄_>ゝ..            , イノ:ヽ_〈
                  /.:::::::::/{ >         イ{ ∧::::::.:\

782 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 23:06:33 ID:lIqgFPXv


     :::::::::::_:::::::::::::最近エーリカが甘えてきてくれない
     :::::::/´ `ヽ:::::::昔は妹みたいにじゃれてきて本当にかわいかったのに最近じゃコロコロキャラが変わるし
     ::::::((/メハハ!::::::芳佳もリネットやイェーガー大尉たちといつも一緒で私のところに来ないし
     ::::::/~)(~ヽ)):::::やっぱり巨乳か巨乳がいいのか
   / ̄`"旦"'´./|ああクリスやっぱり私の妹はクリスだけだ
    l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l  |かわいいよクリスさあ一緒にお風呂にはいろうね
    | トゥルーデ |/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。