第二次ネット事件-指摘者への対応


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この一件に対して苦言を呈する人が登場(以下、A、Bと明記)

A(種村宛)2010年 5月14日 10:20
一読者の独り言に絡んで、「私は悪くない」って言い訳して、ありなっち作家として大人としてそれでいいの?
私にとってありなっちは大好きな漫画家の一人だったけど、さすがにちょっと酷いよ…。

自己擁護のために大切な読者さんを晒して、その結果ツイッターやめさせた事について、何も思わないの?
純粋にありなっちの漫画が好きな読者さんだったのに、あまりにもかわいそうだよ。。

いきなり押しかけておいて一方的に言うこと言ったら「ストップさせていただきます」って、読者をなんだと思ってるんだろう・・・って感じたよ。ありなっちは、自分の発言にもっと責任を持ったほうがいいと思う。影響力のある大人なんだから・・・。


種村(A宛)
それは存じませんでした。ご迷惑がかかっていると、相手方のリプライから判断したため、ストップするとのべたのです。
しかしそれに関しては取り返しのつかないことをしてしまいました。影響力の問題は以後気をつけます。

ツイッターで公に発言している以上、 一般の方にも責任や影響力は少なからずあります。
しかし今回のことは本当に私の配慮のなさが原因です。
このようなことがないよう、改めさせていただきたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。
(後、このコメントを削除)


A(種村宛)
一般人にも責任ありますって…。名前が知られている先生と、いち読者では言葉の重さが違うと思うのです。
読者が感想や噂を呟くのと先生がその読者を晒すの、どっちが影響ありましたか?
その書き込みを見て先生は不快に思ったかもしれないけど、相手はアカ削除までしてますよ。



B(種村宛)
先日のKYOKOの件の会話を見ていましたが、先生は先生宛ではないツイートも読んでいるのですか?

種村(B宛)
いえ、本当にたまたまです。お返事したかったリプライが流れてしまったので検索してみたら見かけた、ということでした。

B(種村宛)
見かけたにしても、自分宛でないツイートに返信するっていうのは、どういう心境だったのでしょうか?
結果的に相手の方はツイッターアカウントを削除されてしまっていますが…

種村(B宛)
それは先程違う方のリプライで初めて知り、今自分のしたことにひどく後悔しています。
ツイッターの気軽さに調子に乗っていたとしか思えません。

B(種村宛)
相手の方のアカウントが残っている間に、おふたりの発言を見ていた方はたくさんいたと思います。
他の方はどうかわかりませんが、私には、相手の方が切り上げようとしていたのに、先生の意見がまだ出終わってないのでツイートが続く..といった一方的なやりとりに見えました

迷惑そうなのでストップをかけたと他の方へのリプライに書いてありましたが、もう少し早く気付けたのではないかと思います。


種村(B宛)
そうでしたか…。なにを言っても言い訳にしかなりません。もう二度と自分に直接当てられたもの以外にリプライしません。
当たり前のことだったのですが、今改めてお約束いたします。

B(種村宛)
ファンの皆をがっかりさせないためにも、その方がいいと思います!o(^-^)o最後に謝れば何をしても許される世の中ではないですからね。
それでは、これからも応援しています。コミックス派なので、5巻を心待ちにしてますね


種村(B宛)
本当に、失望させてしまい申し訳ありませんでした。私の反省のほどは、これからを見ていただくしかありません。
見捨てないで下さってありがとうございます。コミックス作業、ただ今取り組み中です。


※ 種村はこの会話の最中もずっと他の人とも雑談をしている。
会話は一旦終了するも、その直後

種村(@なし、全体公開)
自分にどんなに絶望しても、私は私をあきらめるわけにはいかない。一人で生きてるなら、こんな私どうだってかまわないけど、大切な人の中に棲む「私」は守りたいから。


この後、事情を知らない種村ファンからは「いい言葉ですね!」「何かあったんですか?でも何があっても応援してます!」という賞賛と心配のコメント相次ぐ。


B(種村宛)
人を一人twitter上から追い出してしまった自分に絶望されているのですか?
反省することはいいことだと思いますが、あまり落ち込みすぎないほうがいいと思いますよo(^-^)o
いつもの倍の原稿で大変な時期なんですから。しばらくtwitterを休まれては。



A,B,そして被害者のことを事情を知らない人間、経緯を知っていながら叩く信者が出始める。種村は以下2日ほど  自己擁護ポエムを一番上にしたまま  だんまり。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。