※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「PT2初心者入門」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

PT2初心者入門」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 **概要 †
 日本のデジタル放送は限定受信方式(CCI信号[コピーコントロール]を含んだMULTI2の暗号化[アクセスコントロール])が施さ れている
 ARIB運用規定に準拠している機器はMULTI2を復号化してCCI信号をCGMS、HDCP、CPRM、AACS、DTCPなどに埋め込み再暗号化
 PT2は 地上波のISDB-T(地上デジタル放送)と衛星波のISDB-S(BSデジタル放送、110度CSデジタル放送[スカパー!e2])を復調化
 のみ、その復調化した放送をICカードリーダに入れたB-CASカードとB25でMULTI2を 復号化まではしますがCCI信号は保持しつつ無視
 ワンセグや緊急地震速報やノンスクランブル放送などはCCI信号は含まれていますがMULTI2の暗号化はされてないので復号化は不要
 NTSC(アナログ放送)、CATV(ケーブルテレビ放送)、DVB-S/S2(124・128度CSデジタル放送[スカパー!SD、スカ パー!HD])、
 IP放送(ひかりTV、アクトビラ、ユーネクスト)などの方式の違う放送は取り込めません、PT2で取り込めるのはISDB-TとISDB-Sです
 
 ↑
 **用意 †
 PT2本体
 [[AmazonでPT2>>http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00857CQAM/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=aws029-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00857CQAM]]を入手
 
 PT2動作可能マザーボード
 3.3V電源供給対応のPCIスロットが付いてるマザーボード
 激安・格安サーバを購入して録画サーバを作るの もあり
 MG-P19014E、MG-P19014Nのような外付けPCIスロットもある
 
 地上波アンテナ(八木・宇田アンテナ)
 VHFで地上アナログ放送、UHFで地上アナログ放送及び地上デジタル放送が送信されている
 電波が届いているか放 送エリアのめやすや地デジ感度MAPや地デジ見れマップか?を見て視聴エリアを確認(無料訪問診断)
 テレビアンテナスレや室内・軒先アンテナスレを見て14素子以上のUHFオールバンドアンテナを購入(アンテナ取付工事)
 集合住宅の共同アンテナやケーブルテ レビの地上波再送信(同一周波数パススルー方式、周波数 変換パススルー方式)や
 光回線の地上波再送信(光放送)であるフレッツ・テレ ビ(東日本)、フレッツ・テレビ(西日 本)から受信可能な場合はアンテナは不要
 地上デジタル放送難視聴エリアでは衛星波の地上波再送信である衛星セーフティネットに申し込 みをして契約情報の更新で視聴可能
 
 衛星波アンテナ(パラボラアンテナ)
 このアンテナは動作にLNB電源(約15Vの直流電源)が必要
 PT2かテレビやレコーダーからLNB電源を常時出力出来ているように設定しなければならない
 [[BSD/110°CSD放送対応アンテナスレ>>http://find.2ch.net/?STR=BSD%2F110%A1%EBCSD%CA%FC%C1%F7%C2%D0%B1%FE%A5%A2%A5%F3%A5%C6%A5%CA]]や[[室内アンテナでBSデジタル放送スレ>>http://find.2ch.net/?STR=%BC%BC%C6%E2%A1%A6%B8%AE%C0%E8%A5%A2%A5%F3%A5%C6%A5%CA]]を見て45型以上のBS・110度CSアンテナを購入
 110度CS対応と明記されていない古い衛星波アンテナは110度CSの高周波数チャンネル(ND20~24)が受信出来ないので注意
 集合住宅の共同アンテナやケーブルテレビの衛星波再送信(BS-IF/CS-IFパススルー方式)や
 光回線の衛星波再送信(光放送)であるフレッツ・テレ ビ(東日本)、フレッツ・テレビ(西日 本)から受信可能な場合はアンテナは不要
 
 アンテナケーブル
 [[アンテナケーブル分配器分波器スレ>>http://find.2ch.net/?STR=%A5%A2%A5%F3%A5%C6%A5%CA%A5%B1%A1%BC%A5%D6%A5%EB%CA%AC%C7%DB%B4%EF%CA%AC%C7%C8%B4%EF]]を見て地上波と衛星波どちらでも使用出来る
 2600MHz以上の屋外用S-5C-FBケーブル・5Cコネクタと 屋内用S-4C-FBケーブルを購入
 
 分配器
 地上波アンテナや衛星波アンテナを複数の機器に接続する場合に電波を均等に分けてくれる機器(分配数に応じて電波が減衰する)
 アンテナケーブル分配器分波器スレを見て2600MHz以上の屋外用1端子電流通過型分配器・全端子電流通過型分配器や
 屋内用1端子電流通過型分配器・ケーブル型 分配器・全端子電流通過型分配器・タップ型分配器を 購入
 推奨品はサン電子 マスプロ、日本アンテナ、DXアンテナ 富士パーツ商会
 等々のメジャーメーカー品
 屋内用1端子電流通過型分配器・ケーブル型 分配器・全端子電流通過型分配器・タップ型分配器を 購入
 LNB電源を通してくれる電流通過型とそうでないのがあるので注意
 
 分波器
 アンテナコンセントなどから地上波と衛星波が混合出力されている場合に地上波と衛星波に分けてくれる機器(電波は殆ど減衰しない)
 LNB電源を通してくれる電流通過型とそうでないのがあるので注意
 
 
 B-CASカード
 [[自分でなんとかしましょう(支援)>>http://hogehogesokuhou.ldblog.jp/archives/51797841.html]]
 PT2はARIB運用規定に準拠していない機器なのでB-CAS社に”PT2導入したからカード発行し てください”と言っても発行できない
 全対応の赤カードを用意、青カードも地上波と衛星波に対応しているが青カードは契約情報の更新に対応していない
 バージンの赤カードは1週間だけ有料放送を無料で視聴可能、一枚のB-CASカードで8ストリーム以上の同時複合化が可能
+
 
 ICカードリーダ
 64bitOS対応で安定動作するGemalto製のPC Twin、NTT-MEの[[SCR3310>>http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0085H4YZC/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=aws029-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B0085H4YZC]]のいずれかを [[AmazonのPT2 Rev.B>>http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00857CQAM/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=aws029-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00857CQAM]]とあわせて購入
 B-CASカードをIC が出ている面が表になる様に挿入、カードを認識するとライトが点灯
 ICカードリーダはセキュリティの仕様でリモートデスクトップでは使用出来ないが回避方法がある
+
 
 
 ↑
 **導入 †
 PT2取り付け
 [[ボードの取り付けと アンテナ線の接続>>http://earthsoft.jp/PT1_PT2/setup-pcb.html]]を見ながら取り付け
 [[ブラケット>>http://pt1.ps.land.to/image/pt1bk.jpg]]に 刻印されてるT1とT2が地上波のISDB-TでS1とS2が衛星波のISDB-S
 
 PT2ドライバ&SDK
 PT2をパソコンに認識させ動作させるためのソフトウェア
 公式の[[ドライバ>>http://earthsoft.jp/PT1_PT2/setup-driver.html]](PT2- Windows-Driver-xxx.exe)と[[SDK>>http://earthsoft.jp/PT1_PT2/setup-sdk.html]](PT-Windows-SDK-xxx.exe)をインストール
 ドライバのイ ンストールとSDK のインストールを見ながらインストール(64bitOSは[[署名ドライバ>>http://2sen.dip.jp/cgi-bin/pt1up/upload.cgi?search=%8F%90%96%BC&send=99999]]をインストール)
 バージョン2.x系のドライバ&SDKを一度でもインストールした場合はバージョン1.x系のドライバ&SDKに戻すことは困難
 
 PT2動作確認
 公式のSample.exe(PT- Windows-Sample-xxx.zip)を使ってチャンネルスキャンで動作確認
 32bitOSではx86フォルダ、64bitOSではx64フォルダのSample.exeを使用
 地 上デジタル放送、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送[スカパー!e2]の物理チャンネル番号と
 [[サンプルソフトの操作例>>http://earthsoft.jp/PT1_PT2/sample.html]]を 見ながら不具合がないか全てのチューナーを確認
 衛星波のISDB-Sを確認する際はLNB電源をオンに設定
 C13~C63から検出された場合は周波数変換パススルー方式なので使用チューニング空間の設定が「CATV」になる
 Sample.exeのdB数値で地上波が20dB以上、衛星波が10dB以上出ていないと正常に受信出来ない
 Sample.exeのdB数値とテレビやレコーダーなどのdB数値の比較は算出方式が異なるので無意味
 PT2が正常動作していないと以下のようなエラーが出る
 「★エラーが発生しました。Bus::Run() (0x00000xxx)」→ドライバエラー→ドライバ署名、ドライババージョン
 「★エラーが発生しました。Device::Open() (0x00000xxx)」→デバイスエラー→PCIの刺し具合が甘い、他のソフトウェアが使用中
 「★エラーが発生しました。Device::SetFrequency (0x00000xxx)」→受信エラー→アンテナ周りに異常あり
 「0: 終了」→PT2が見つからない→PCIの刺し具合が甘い、関係の無いUSBやPCI機器を全て外す→他のパソコンで試す→初期不良
 
 ランタイムライブラリ
 ソフトウェアを実行するために必要
 既にインストール済みの場合はインストールは不要
 [[Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1>>http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?DisplayLang=ja&FamilyID=AB99342F-5D1A-413D-8319-81DA479AB0D7]]
 [[Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ (8.0.59193)>>http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?DisplayLang=ja&FamilyID=766A6AF7-EC73-40FF-B072-9112BAB119C2]]
 [[Microsoft Visual C++ 2008 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ (9.0.30729.4148)>>http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?DisplayLang=ja&FamilyID=2051A0C1-C9B5-4B0A-A8F5-770A549FD78C]]
 32bitOSではvcredist_x86.exe、64bitOSではvcredist_x86.exeとvcredist_x64.exeをインス トール
 細かい更新があるのでインストールしたらWindows Updateで最新の状態に更新
 
 MPEG-2デコーダ
 地上波のISDB-Tと衛星波のISDB-Sの映像はMPEG-2でエンコード(符号化)されている
 その映像を画面に表示させるためにMPEG-2をデコード(復号化)するソフトウェア
 TVTestで正常動作しインターレース解除とGPU再生支援に優れたATI MPEG Video Decoderを使用
 [[WindowsXP用(xx-x_xp32-64_xcode.exe)>>http://support.amd.com/us/gpudownload/windows/avivo/Pages/avivoxp-download.aspx]]、[[WindowsVista用(xx-x_vista_win7_32-64_xcode.exe)>>http://support.amd.com/us/gpudownload/windows/avivo/Pages/avivovista-download.aspx]]をダウンロー ド
 ダウンロードして実行させるとファイルが展開され自動でインストーラが起動するのでキャンセルをクリックして終了
 C:\ATI\Support\xx-x_xxxxx32-64_xcode\Packages\Apps\AVIVOxxフォルダの AVIVOxx.msiを実行させれば完了
 上記の通りにやってインストールが完了していればTVTestの[初期設定]の[デコーダ]に[ATI MPEG Video Decoder]と表示される
 アスペクト比が狂う、波打つ、かくつくなど綺麗に表示されない場合はTVTestの[レンダラ]で自分の環境に合うレンダラを選択
 レンダラで改善されない場合は[[動画を高画質に再生するスレ>>http://find.2ch.net/?STR=%C6%B0%B2%E8%A4%F2%B9%E2%B2%E8%BC%C1%A4%CB%BA%C6%C0%B8]]を見て[[MPV Decoder>>http://2sen.dip.jp/cgi-bin/pt1up/upload.cgi?search=MPV+Decoder&send=99999]]をインストールして使用
 Windows7ではデフォルトで高性能なMPEG-2デコーダが入っているのでインストールは不要
 
 ↑
 **実用 †
 Sample.exeで動作確認出来ていることが前提
 
 #ref(http://boot-capture.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_704/boot-capture/m_D4VR2BWMC2BPT22Bintensity2.JPG)
 
 
 #ref(http://boot-capture.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_704/boot-capture/desktop2.jpg)
 
 ほとんどの視聴、録画ソフトウェアがBonDriverを使用
 BonDriverはチューナーと視聴、録画ソフトウェアを接続する仲介役
 素人はいきなりTvRockやEpgDataCap_Bonを使わず、まずはTVTestだけ導入
 TVTestの視聴、録画に問題なければTvRockやEpgDataCap_Bonを導入
 
 バージョン2.x系のドライバ&SDKで動作するBonDriver(PT1・PT2用)
 ┗[[BonDriver_PT2>>http://2sen.dip.jp/cgi-bin/pt1up/upload.cgi?search=%81uBonDriver_PT2&send=99999]]→PT2用の開発者向けBonDriverなので素人は手を出さない
   ┗[[BonDriver_PT-ST>>http://2sen.dip.jp/cgi-bin/pt1up/upload.cgi?search=BonDriver_PT-ST&send=99999]]→BonDriver_PT1-STにBonDriver_PT2を追加し複数 プロセスから扱えるように改造
     ┗[[BonDriver_PT-ST-shm>>http://2sen.dip.jp/cgi-bin/pt1up/upload.cgi?search=BonDriverPT-ST-shm&send=99999]]→BonDriver_PT1-ST-shmに BonDriver_PT2を追加し低スペックでも扱えるように改造
 BonDriver_PT-ST.iniで使用チューニング空間とLNB電源の設定をするのを忘れないように
 
 TVTestセット(視聴、簡易録画)→[[解説>>http://tvtest.uuuq.com/tvtest.html]]→2ch
 BonDriver+TVTest
 衛星波のISDB-Sはチャンネルスキャンをせずに[プリセット読み込み]でチャンネル設定が読み込める
 
 TVTestの[設定]の[ログ]で以下のように正常認識しているか確認
 BonDriver→「BonDriver_xxx.dll を読み込みました。」
 ICカードリーダ→「カードリーダ "SCR3310-NTTCom Smart Card Reader 0" をオープンしました」
 B-CASカード→「(B-CASカードID 0000 xxxx xxxx xxxx xxxx / メーカ識別 M / バージョン 2)」
 
 TvRockセット(視聴、詳細録画、遠隔録画予約)→[[解説>>http://www.patuvol.mydns.jp/~patuvol/blog/2009/10/tvrockpt2.html]]
 BonDriver+TVTest+TvRock+RecTest+TvRockOnTVTest
 ファイル名によるBonDriverの個別化は不要
 最大8チューナーまでしか対応していない
 
 EpgDataCap_Bonセット(視聴、詳細録画)→[[解説>>http://f38.aaa.livedoor.jp/~gorira/ts/epgdatacap_bon2.html]]
 BonDriver+TVTest+EpgDataCap_Bon+EpgTimer_Bon+EpgDataViewer
 一つでも設定をミスすると不具合が出るので注意
 Spinel(排他制御)とkkcald(遠隔録画予約)の併用がお勧め
 
 Spinelセット(排他制御、パケット軽減、サーバ)→[[解説>>http://f38.aaa.livedoor.jp/~gorira/ts/spinel.html]]
 BonDriver+Spinel+BonDriver_Spinel+各ソフトウェア
 TSOptimizerがデフォルトで有効になってるのでデータ放送を楽しむ場合は無効に設定
 DeviceNameがデフォルトでPT1になってるのでBonDriver_PT-STではPTに設定
 
 BonDriver_Fileセット(録画再生、タイムシフト再生)→[[解 説>>http://jotmemo.blog65.fc2.com/blog-entry-19.html]]
 BonDriver_File+TVTest
 録画して生成されたTSファイルはBonDriver_Fileを経由しTVTestに入力させることで正常に再生出来る
 通常のプレイヤーでは映像や音声の切り替わりやTSデータなどに対応していないので正常に再生出来ない
 
 インストールに失敗する人のほとんどがReadmeファイルを読んでいません
 同封のReadmeファイルやHelpファイルや設定ファイルに必ず目を通してく ださい!
 
 
 
 ↑
 **有料放送 †
 衛星波の無料放送や公共放送が視聴出来ていることが前提
 有料放送は衛星波のISDB-S(BSデジタル放送、110度CSデジタル放送[スカパー!e2])で送信されている
 
 無料放送や公共放送はECM処理をするだけでMULTI2を復号化することが出来るが
 有料放送はEMM 処理をしてからECM処理をしなければMULTI2を復号化することが出来ない
 
 赤のB-CASカードを用意
 赤のB-CASカードでEMM処理が出来ます、青のB-CASカードはEMM処理が出来ない
 
 契約の申し込み
 WOWOWの場合は契約月は無料で契約月の翌月から視聴料金(初回945円)が請求される
 WOWOW 無料体験のお申し込み、WOWOW加入の申し込み
 スカパー!e2の場合は契約月は無料で契約月の翌月から加入料金(初回のみ)と基本料金と視聴料金が請求される
 スカ パー!e2無料体験のお申し込み、スカパー!e2加入の申し込み
 契約を済ませると契約した際のB-CASカード番号宛てに契約情報(EMM)が40分に1回送信される
 
 契約情報の更新
 送信されたEMMをB-CASカードに読み込ませ契約情報の更新(EMM処理)
 テレビやレコーダーでEMM処理
 ┗リモコンで有料放送に切り換える
 B25を内臓したソフトウェアでEMM処理
 ┗TVTest or RecTest の設定画面でEMM処理を有効にし有料放送に切り換える
 B25を 部品化したB25Decoder.dllを使用したソフトウェアでEMM処理
 ┗Multi2Dec or EpgDataCap_Bon or Spinel or TsSplitter
 EMM処理は長時間掛かる場合があるので余裕のある時に行う
 EMM処理はテレビやレコーダーを使用した方が早くて簡単で確実
 
 有料放送の視聴
 EMM処理を済ませたB-CASカードをICカードリーダに入れれば無料放送や公共放送と同じように視聴出来る
 
 解説→WOWOWのFAQ、スカパー!e2のFAQ
 
 ↑
 **応用 †
 便利なソフトウェアが[[DTV関係ツール>>http://2sen.dip.jp/dtv/]]、[[DTV UPLOADER>>http://typezero.ddo.jp/dtv/]]などにアップロードされている
 各ソフトウェア同封のReadmeファイルやHelpファイルや設定ファイルを熟読してインストール
 
 TVTestソフトウェア
 BDRemote(BDリモコン)
 ChBack(直前のチャンネル に変更)
 NicoComme(ニコニコ実況を表示)
 NotActiveMute(ア クティブのみ音声有効)
 MessengerStatus(メッ センジャーに番組情報を送信)
 RecLog(録画のドロップを記録)
 RecPipo(録画のドロップを通知)
 SignalTalker(アンテナレベルを表示・読み上げ)
 TSDataExtractor(データ放送を抽出)
 TSMemory(静止画をAviUtlでキャプチャ)
 TVBridge(FriioViewプラグインを読み込む)
 TVCaption(字幕を表示)
 TVH264(ワンセグを表示)
 TVLogoMark(放送局のロゴマークを表示)
 TVSubtitle(字幕を表示)
 
 TSソフトウェア
 BonTsDemux(映像と音声を分離、エンコード、ECM処理)
 Caption2Ass(字幕をASS/SRT形式で抽出)
 Caption2Ass_mod(Caption2Assの改造版)
 Caption.dll(Caption.dllの改造版)
 C-Cats(字幕・番組情 報をTXT形式で抽出)
 MPEG2Repair(修復)
 Multi2Dec(ECM処理、EMM処理、エラーチェック)
 MurdocCutter(GOP 単位で編集、GOPを抽出)
 PLLIB(ラ イブラリで管理)
 RemuxTS(PS に変換)
 Rgzam(PTSに変換、 REGZAファイルの編集)
 ts2aac(AACを抽出)
 ts2pts(PTSに変換)
 ts2pts_mod(ts2ptsの改造版)
 tscat(GOP単位で連結)
 TSConverter(ワ ンセグをエンコード)
 TsConvGUI(エンコードを一括処理)
 tsEpg2xml(番組情報をXMLTV形式で抽出)
 tsfile2u(UDP/TCPで送信)
 tsmerge(ニ コイチで補完)
 TSReaderLite(PID の解析)
 TsRename(番組情報でリネーム)
 tsselect(エ ラーチェック)
 ts_server(HTTPで送信)
 TsSplitter(削減、分割、GOPを抽出、ECM処理、EMM処理、エラーチェック)
 TS抽出支援ツール(tsselectのGUI)
 
 TvRockソフトウェア
 TVRockRemote(リモコン)
 TvRkBTReserve(BootTimerに起動スケジュールを登録)
 TvRockResizer(GUI のサイズ変更)
 iTvRock(遠隔録画予約)
 
 EpgDataCap_Bonソフトウェア
 ChSetEpgDataCap_Bon(EpgDataViewerからチャンネル切り換え)
 ETBBTReserve(BootTimerに起動スケジュールを登録)
 kkcald(遠隔録画予 約)
 
 mAgicAnimeソフトウェア
 PT1 Scheduler(PT1で録画)
 RecTest Scheduler(RecTestで録画)
 
 WMCソフトウェア
 BWTHelper(データ放送の表示)
 tunerz(データ放送の表示、TSの視聴・録画、WTVに変換)
 
 DLNAソフトウェア
 pms-bravia-mod(PMSにBRAVIA)
 pms avcmod(pms-bravia-modの改造版)
 
 BonCamera(DirectShowに送信)
 BonCasLink(ICカードリーダを共有)
 cap_hdus GUI+(簡 単録画)
 multi2_bench(MULTI2のベンチマーク)
 ptTimer(簡単録画)
 RecTest_mod(RecTestの改造版)
 SCRename(しょぼいカレンダーでリネーム)
 TVdeIEPG(REGZA から録画予約)
 
 解説→MPEG-2システム、録画した二ヶ国語番組のBD化、録画番組の再利用、エンコードする方法
 2ch→TS関連ソフトウェア総合、TS初心者勉強会、TransportStream 研究全般、TSパケットエラー報告
 MpegTSでDVD-Videoを作る、放送TSをBDAV化する方法、MPEG2-TSをi.Linkで入出力して編集
 DLNA対応機器について語る、PS3をHDD Media Playerにする、テレビで直接TS再生する、TS再生をREGZAで楽しむ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。