※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トラブルシューティング

目次

USB接続できない、SDを認識しない

カスタムROMをflashした後など、ふとした拍子にUSB接続してもadb shellできないとかSDを認識できないといった症状に陥ることがあります。いわゆるUSB Brick。
下記手順で復旧できます。
  • fastbootで起動(戻る+電源で起動)
  • PCとUSB接続してコマンドプロンプトから下記実行(SDロスト復旧)
fastboot oem enableqxdm 0
  • これをSDに格納、リカバリからflash(USBロスト復旧)
※mtd0が書き換わります。
※android-sdk-windows\toolsにpathを通しておくこと。

画面表示されない

SLCD版DesireにAMOLED版RUUを適用したりSLCD非対応の古いカスタムリカバリ(RA 2.0.0未満、ClockworkMod 2.5.1.8未満)をunrevokedで適用すると、画面表示が死にます。
画面表示されないだけでその他は正常動作しているはずなので、誤ったカスタムリカバリを導入した場合は、リカバリからunroot化で正しいRUUを適用すれば復旧できます。
リカバリ起動するためには、HBOOT起動→10秒ほど待ってから1回ボリューム下→電源ボタン。バイブした後、USB接続してadb shellに入れたら成功です。
誤ったRUUを適用してしまった場合は、標準リカバリに戻っているのでさらにボリューム上+電源を押す必要があるかもしれません。

S-OFFにしている場合は、fastbootから直接対応版リカバリイメージをflashすることもできます。
fastboot flash recovery recovery.img

リカバリが起動しない

unrevokedでリカバリイメージを書き換える際に失敗すると(?)、リカバリ起動できずDesireが再起動する症状に陥ることがあります。

通常起動できる場合

unroot化で復旧。
ただしroot化失敗しているとmtd0 flashできないはずなので、その場合は以下の方法で。
adb push rageagainstthecage-arm5.bin /data
  • adb shellで下記実行してroot権限奪取
chmod 0755 /data/rageagainstthecage-arm5.bin
/data/rageagainstthecage-arm5.bin
あとはunroot化のmtd0書き換え手順通り。

もしくは、上記面倒なら以下のPB99IMGによる復旧方法で。

HBOOT/FASTBOOTしか起動しない場合

  • Shipped ROMsからSBM Froyo PB99IMGをDL。現在のバージョンより新しいPB99IMGをDL。SBM Froyoのバージョンは2.28.762.1なので、たとえばこれ(WWE_2.29.405.2)とか。
  • PB99IMG.zipというファイル名でSDに保存 (SBM版PB99IMGを適用する場合はGoldCardでなくてもよい。SBM版以外のRUU,PB99IMGを適用したい場合はGoldCardが必須。)
  • HBOOT起動。SDにPB99IMG.zipが存在すると"Do you want to start update?"と聞いてくるので、ボリューム上を押すとflash開始。
これでリカバリ含め正常な(SBM版じゃない)純正ROMになります。後は再度root化するなり、さらにunroot化でSBM版に戻すなりお好きにどうぞ。

PB99IMGはRUUを起動したときに%temp%に展開されるrom.zipと同一のものです。
従ってSBM版RUUのrom.zipを取り出しておけば、Desire単体でunroot化することもできます。

S-OFFにしている場合は、fastbootからリカバリイメージを再flashして復旧させることもできます。

HBOOT/FASTBOOTすら起動しない

バッテリー切れの可能性もあるので、まずは充電してみましょう。
それでもダメなら文鎮です。合掌。

GoldCard作ってなかった


パケ死について

最近のROM(Reflex Sなど)ではデフォルトのAPNがandglobalになっているものがあり、SIMを刺したままROM焼きを行うとパケ死する恐れがあります(その場合、MySoftbankに「スマートフォン通信」という料金が現れる)。
SIMを抜いた状態でROMを焼き、APN設定を確認することを強く推奨します。

ただしROMにもよるかもしれませんが、通常の方法では、
携帯ネットワークをオフにしている状態では携帯ネットワーク設定に入れず、
従ってAPN設定の確認も設定も行えません。
それを可能にするアプリなどがない場合は、携帯ネットワークをオンにして、
その後すぐにAPN設定を適切な設定にすれば一応大丈夫です。
多少のタイムラグがあるため上記「スマートフォン通信」が課金されますが、
そのタイムラグ分しか課金されないので数円で済みます。
(ただし公式情報ではなく経験情報ですので自己責任で。)

600 名前:SIM無しさん[sage] 投稿日:2011/06/08(水) 01:17:29.59 ID:XAI2I9Rg
指さし確認とか標語化すれば事故は減らせるんじゃないか

601 名前:SIM無しさん[sage] 投稿日:2011/06/08(水) 01:48:58.19 ID:+cYoZJQf
標語ねえ。575でいいんだっけ。

シムを抜け
その通信は
グローバル