メニュー



リンク

アクセス
今日 -
昨日 -
総数 -

メニューを編集
申し訳ありませんが、link_ref プラグインは提供を終了し、ご利用いただけません。

メニューページで#nomenu2()プラグインはご利用できません。3カラムでなく、2カラムのデザインテンプレートをご利用ください。

感想コメント欄

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

皆さんが感じたことや、要望等があればこちらへ

※直接個人情報に結びつくURL等の書き込みは控えましょう。相手の迷惑となる可能性があります。
  • 実話だと信じたいが、疲労困憊の小学生低学年が洞穴で全員埋葬とかありえない。 -- ( ) 2010-06-13 12:55:36
  • ありえない事が一杯ある世の中なのに? -- (名無しさん) 2010-06-13 13:03:22
  • 一部おかしな部分もあるけど全てが創作物とも思えない。体験談か何かを脚色編集したのかな? -- (名無しさん) 2010-06-13 16:07:12
  • 色々と考えさせられた。祐希氏の生存を願う。それと亡くなった方々にご冥福を -- (名無し) 2010-06-13 18:31:22
  • 拝読しました・・・・重い・・・・ -- (名無しさん) 2010-06-13 22:37:59
  • 「政府を通じて捜索の働きかけ…」というコメがあるけど、日本政府というか外務省(大使館・領事館など含む)には在外邦人を守ろうという意識は90年代なかったですね。 -- (ix) 2010-06-13 22:40:52
  • (続き)私は中国にいましたけど、このころ対日敵対プロパガンダ全盛で、実際私の周りにも傷害事件があって被害者が領事館に調査救済をお願いしたけど、少し話を聞いただけでした。当時は対日本人の事件がかなりあったはずですが(領事館調査員が言ってました)、外務省が何か発表することもなく、マスコミはマヌケなのか意図的無視なのか、とにかく出ませんでした。 -- (ix) 2010-06-13 22:49:28
  • (続き)これが改善したのは米911でNY領事館が邦人を追い返したことで非難されて以降ですね。中国に関しても、他にも要因があると思いますが、反日暴動などが報道されるようになりましたね。 -- (ix) 2010-06-13 22:53:04
  • 節々で不自然な点がある。 -- (a) 2010-06-13 23:36:02
  • 実体験というのは嘘で21歳の学生だってさ。 -- (名無しさん) 2010-06-14 02:17:31
  • 実体験というのは嘘らしいが -- (名無しさん) 2010-06-14 02:32:30
  • 戦争に巻き込まれた「彼」が実在したのは事実らしい。彼とオーストラリアで出会った祐希が託されたのが今回の話。 -- (名無しさん) 2010-06-14 02:34:29
  • 祐希=戦争体験者の彼と出会い、この話を広めることを託された学生。 -- (名無しさん) 2010-06-14 02:35:57
  • ソースhttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1275643329/ -- (名無しさん) 2010-06-14 02:36:16
  • 最後まで書き込み読んだ方が良いと思うよー -- (名無しさん) 2010-06-14 02:51:42
  • 読んだよ。何か変? -- (名無しさん) 2010-06-14 02:57:06
  • ↑いや、最初の書き込みから先も、読んだ方が良いと思うよーって意味。自分は最初の所で読むの辞めようとしたから -- (名無しさん) 2010-06-14 03:04:12
  • これから読む人にね -- (名無しさん) 2010-06-14 03:04:50
  • OK てっきり何か早とちりしちゃってたかと思った。↑の後日談では結論から話してるけど、ちゃんと理由があってのことだから最後まで読んでほしいってことね。 -- (名無しさん) 2010-06-14 03:07:39
  • 当事者からしてみれば不快な創作物でしかないな。 -- (名無しさん) 2010-06-14 22:37:03
  • 例の作者は「マザーテレサが来日したときに黒柳徹子に放った言葉」で検索するといいだろう。日本の内部にもカルカッタはある。その事はある程度生きて痛い目に遭った者なら誰でも分かることだぞ。 -- (名無しさん) 2010-06-14 23:20:17
  • ってか、その2の原稿に保育園関係の話あるけど、これって日本だよね・・・。主人公は日本国籍じゃないんだろ・・・ -- (名無しさん) 2010-06-15 01:41:59
  • そこも創作なんじゃね もしくは全部嘘か。 -- (名無しさん) 2010-06-15 03:35:27
  • 日本国籍をとってなくても日本に住んでた、と考えられなくも無い・・・母親日本人と言っておるし・・・。いずれにせよ祐希及び彼の細かい体験までは真実か嘘かは確かめようが無い。 -- (名無しさん) 2010-06-15 06:55:28
  • 調べて判断するしかないってことか -- (名無しさん) 2010-06-15 10:13:06
  • 出来事は生々しかったけど会話が創りものっぽかったのはわざとなのかな? -- (名無しさん) 2010-06-15 15:37:52
  • 日本→ユーゴスラビア→日本→ドイツ→オーストリアってことか。 でも質問されてすぐ答えるって不可能じゃない? -- (名無しさん) 2010-06-15 16:58:20
  • 会話とか覚えてるわけないよね。 -- (名無しさん) 2010-06-15 17:14:09
  • (続き)予め勉強したから質問に答えられたんでしょ。勉強してこんな釣りするとか最低。 -- (名無しさん) 2010-06-15 17:17:51
  • 俺の感想を言うぜ、俺はこの内戦は悲劇だとは思うがそれをなんとかしてやろうなどとは微塵も思わない。やることがあるとすれば「世界には様々な最悪があるが日本はとても平和な国だ、そしてその平和に価値を見出すべきだ!」日本国民として・・・な。 -- (名無しさん) 2010-06-15 19:35:38
  • 全部読んで、ひろゆきが紹介したかったワケが分かった -- (まいる) 2010-06-15 23:01:49
  • まるごと創作である可能性はある。けど、こんな作品をまるごと想像で書けるような人間が、そのスキルの全てを釣りに費やすとは考えたくない。それくらいにとんでもないモノだった。 -- (名無しさん) 2010-06-15 23:35:20
  • 読んでて悔しくなった。ありがとうとは言えないわ。だけど、ひろゆきの「嘘を嘘と見抜けない人間云々」って、こういう事なのかとも感じた。複雑だ。 -- (名無しさん) 2010-06-16 01:43:45
  • やれやれ、釣りでも本当でも重い話だったな。…だけど、しっかり心に刻んどいたから。何か出来たらいいんだが。 -- (名無しさん) 2010-06-16 19:15:17
  • 平和に価値を見出すべき…って言ってるヤツに略同意だわ。日本は平和だからとか言ってるヤツ多いけど、その平和がどんな経緯でもって得られたものか、調べとみるのもいいんじゃないか?俺に言わせりゃどっちの民族も悪だね。やらなきゃやられる…この考え方自体が問題だろ。正義だ大義名分だ言ってるけど、核を二度も落とされて尚且つ戦後60年以上経った今も、一切打たず攻めずにいる日本からすれば苦笑いでしかないな。 -- (名無しさん) 2010-06-17 13:30:41
  • それでいて、核を落とした国と仲良くやってるんだから、日本人すげえよなw辿って来た歴史の成せる業なのかしらん。 -- (名無しさん) 2010-06-17 19:43:34
  • (続き)俺も感想を言うなら、日本人には民族問題・宗教問題の難しさはわからない。だが、逆にわからない方が人間として正しい気もするんだ。仏壇と神棚が一緒にあって、結婚する時は教会、葬式は寺に任せて、ついでにクリスマスも祝っちゃうし、正月には初詣もするような懐の深い民族=日本人だと思う。だらしないんだろうけど、でも、世界はそうであるべきだよね。この部分は日本人は誇っていい文化。 -- (名無しさん) 2010-06-17 19:51:26
  • フィクションとしてそれ程の価値がある話だろうか?人物像の厚みもなければ、想像力も足りない。こうすれば悲惨で壮絶な話になるだろう、といったどこかで聴いたようなストーリー。だからこそ大衆受けはするのだろうが。本にならないのではなくて、なれない類の話だと思う。 -- (名無しさん) 2010-06-18 02:01:06
  • ↑何だかんだ言いつつ、最後まで読んだのかよ。普段そーゆう本を読まない人も読んでたみたいだし、その意味では目論見通りなのかもな。 -- (名無しさん) 2010-06-18 02:47:20
  • 読んでないけどネタってことでニュー速では認定されてるから -- (wwww) 2010-07-01 01:00:58
  • フィクションは現実を表現する一つの手段だ。ノンフィクションもフィクションも筆者の思うところは変わらない。この面で同価値。 -- (泣いた) 2010-07-01 01:46:26
  • 邦人子供1人行方不明だったら当時ニュースになるレベル -- (名無しさん) 2010-07-01 09:49:34
  • 実際のところ、よっぽど突発的に始まらないと外務省の退避勧告出ちゃうからジャーナリストでもない限り国内残留は無理なんだよね -- (名無しさん) 2010-07-01 09:51:51
  • 父親の仕事が嘘すぎる。わざわざ途上国のド田舎で日本人自然科学系研究者に仕事があるとは思えん。商社マンとかならありえるかもしれんが、サラエボ常駐だろうしなぁ。退避勧告もかいくぐって、当時のそこに日本人の子供が存在できる、なにかいいアイディアはないもんかね。 -- (名無しさん) 2010-07-01 10:01:42
  • ネタバレには彼の父親はボスニア人、母親が日本人とあるぞ -- (名無しさん) 2010-07-01 16:31:16
  • 絶賛する人はどうかしてると思う。 読み始めてかなり序盤から創作でしかありえないと思った。 リアリティがなさすぎる。 読み手も書き手も人生経験が足りなすぎるのではないか? 非常に薄っぺらい。 -- ( ) 2010-07-04 11:50:04
  • 他人の体験談を元にしたフィクションでしたネタばらしされた後から最初から創作だと思ったとか言っちゃう人って・・・全部読んでないのかな? -- (名無しさん) 2010-07-04 21:56:46
  • リアリティがあるのはどんな文か、是非教えていただきたいですね(笑)その人生経験を活かして(笑) ・・・どうせ口だけで何もしない人なんだろうけどねw -- (名無しさん) 2010-07-05 02:43:01
  • リアリティ?ネタ?そんな事はどうでもいい。何を言いたいか分かってないどころか話を読もうとしてないんじゃないか こんな所でこんな殺伐としたやり取りがされてるとはね・・・悔しさすら感じる -- (名無しさん) 2010-07-09 21:30:17
  • 最後に本人ではない伝聞とあるんだが、本当は本人なんじゃないかなあと思わせるような雰囲気があったよ。みんなを心配させないようにそうしているんじゃないかってね。いや、これは妄想だ。しかし聴いて伝えてくれた彼がいるとす.にも、相当な後遺症が出ていると思うと、 -- (名無しさん) 2010-07-14 01:08:52
  • 紛争もフィクションだったらいいのにね -- (名無しさん) 2010-07-15 01:09:41
  • 今の若い子は昔ベトナム戦争映画が流行したことも、グッドモーニング・ベトナムなんて映画も知らないんだろうなあ -- (名無しさん) 2010-07-16 12:25:52
  • 必死に「こんな話フィクションに決まってんジャン」って言ってるやつは、自分が暮らす安息の世界を壊されたくないんだよ。世界がこんなに悲惨なハズないって必死に思いたくて、自分の価値観を守るための防衛本能的にそう言ってるわけだから、少しそっとしといてあげなね -- (名無しさん) 2010-07-16 15:23:33
  • この話を安易に信じている奴は、詐欺にも簡単にだまされるんだろうなぁ・・・ -- (名無しさん) 2010-07-26 01:06:16
  • バルカンはずっと戦争ってコメがあったけど、やっぱりつらい思いをして、それでも世界は素晴らしいと思える人は状況を変えるんじゃない?あと、平和ボケの日本の価値があるってコメは同意。だから、日本に平和の勉強に来ている旧ユーゴの人達もいるんだよ。色々と考える機会と材料に感謝。 -- (名無しさん) 2010-07-26 18:41:45
  • こいつはいい勉強になった。二重の意味で。 -- (名無しさん) 2010-07-28 21:36:48
  • フィクションだがノンフィクション -- (名無し) 2010-08-06 06:25:46
  • 事実にしろ虚偽にしろ、心には響いたじゃないか。大体この手の話ってにわかには信じ難い。それも無理ない。おかしな話だよな。平和主義を謳ってるくせに戦争を知らないんだ。戦争について、それにまつわる全てについて、平和主義国家にいるという自覚があるのであれば、本当は考えないといけないことなんじゃないか?俺は考えるわ。戦争とは何かについて。そんでいつかなんらかの形にして表現したい。戦争についても、もちろん考えていきたいけど、俺は日本人だから平和主義とは何か、についてをもっと明確にしたい。 -- (名無しさん) 2010-08-21 01:02:49
  • この話を読む事が出来て良かった。ありがとう。 -- (nanasi) 2010-09-30 03:12:07
  • 現実はこれよりもっと悲惨だから困る -- (名無しさん) 2010-10-12 02:55:55
  • VIPでスレが出来た初日に読んでて気になってた。たしかVIPが落ちたか何かで途中までしか読んでなかった。ずっと気になってたけどここで読めてよかった。 -- (名無しさん) 2010-10-30 12:25:21
  • 事実に基づいたフィクションってのだろ?別に全てフィクションだとしても釣りだったとしても一つの物語として、戦争の悲惨さが分かるんだからいいじゃないか。てかつられて調べてしまったよw -- (名無しさん) 2010-11-03 16:13:09
  • これを書いてくれて、ありがとう。色々考えさせられた。戦争というものを正直全く真剣に考えたことなどなかった。いかに自分が平和ボケしているかが実感できた。我々はもっとこういうことがあった、今もあるということを知らねばならない。遠い話として片付けるのではなく。自分は将来社会科の教師を目指しているが、今まで表の歴史だけを学んできていたことがよくわかった。負の歴史から目をそらさず、学んでいきたい。そしてそれをうまく伝えていきたい。最後にもう一度、このようなことについて考える機会、話を与えてくれたことに感謝します。本当にありがとう。 -- (JOKER) 2010-11-05 23:49:58
  • きっかけをありがとう。この話を読むことができて本当に良かった。 -- (名無しさん) 2010-11-18 21:05:22
  • ドイツでは東西統一で治安悪くなって帰国したら震災にあって、疎開したらサリン事件が起きて… -- (倉橋) 2011-01-18 05:04:41
  • あぁ書き込んじゃった。今じゃ給料少ないってブーブー文句言ってる俺が恥ずかしい。なんか少し目が覚めた気がする。スレ主よありがとう。
    -- (倉橋) 2011-01-18 05:07:26
  • ボスニアは日本人にとって遠い遠い次元の違う世界の話にしか思われていないと思っているかも知れないけど、どの国に住もうが苦しみはみんな平等に訪れるよ。1.17の黙祷した翌日は妻の誕生日。正直辛い -- (倉橋) 2011-01-18 05:13:19
  • 伝えようとしてくれたことに感謝する -- (名無し) 2011-01-20 23:12:13
  • 偶然これを読むことができた。嘘か事実かなんてどうだっていい。心に響いたのには変わりないし。 -- (名無しさん) 2011-01-22 21:03:08
  • 何度も涙しました。戦争について考えるきっかけをつくって頂き、ありがとうございました。この文章は人生のいい意味での転機になったと思います。 -- (たつ) 2011-01-30 21:24:47
  • 俺は自分の子どもが生まれたばっかりで、というタイミングでこの物語に出会った。もし自分の息子が、この物語の様な境遇で暮らしたら…とか、同じ様な体験をしたら…と考えると、過剰表現じゃなく、胸を掻き毟られる様な気分になる。今、どんなに素晴らしい環境で暮らせているか、「本気」で思えたのは今回が初めてだ。。今までもメディアから戦争や紛争のニュースは流れたろうに、全くの他人事を決め込んで聞き流してきた自分が悲しくなった。今までのクソな自分を反省すると共に、いつかこの物語を息子にも見せようと思う。「だから何?」と言われてしまうかもしれないが、語り継ぐ事で何かが生まれ、それが何かのきっかけになれば、それでいい。 次の世代に託すだけではなく、今の自分にも出来る事を考えようと思う。ちっぽけすぎて無力を感じるかもしれないけど。 あと、分析→否定→ヤジしたがりの悲しい人達は、この物語に出てくる様な凄惨な事実は無かったと証明し、その証明に至った参考文献、レポート名などを挙げるべし。その上でヤジを飛ばす理由を添え、且つ、それを読み手が100%楽しめる構成にして発表するべし。戦争の事実はあったけど、この物語は嘘だとかそんなつまらない事は言うなよ。何がホントで何が嘘だって事までわかるんだろ?あんたら。頭いいみたいだから。 -- (名無しさん) 2011-01-31 00:08:09
  • 最近このスレを知ったんだが考えさせられる、と言うか、ただ悲しいだけだ。いったい何のために戦争してるんだ?民族同士こんな事しても悲しいだけって分かってるのに、おかしいよ・・・悲しい -- (名無しさん) 2011-03-05 00:49:53
  • ある意味、偉大な釣りかもしれない。少なくとも自分が何かを考えるきっかけになった。人にそうさせるのは難しいんだよ。 -- (名無しさん) 2011-05-20 22:44:10
  • 釣りでもいいよ。そうでもないと、数多くある外国の紛争の一つなんか、知ろうとも思わないし、そんな機会もないままだろうからさ。ちょっと図書館行ってくる。 -- (名無しさん) 2011-05-26 05:09:45
  • 1ヶ月後にボスニアを観光する予定だが、見るもの・知るものが変わる気がするよ。この話に出会えて良かった。 -- (mssn) 2011-06-16 02:34:14
  • ひろゆきのブログでこれを知った。日本人の視点、がここに入ることで見える景色が全然違った。 -- (名無しさん) 2011-06-21 23:54:04
  • 心底くだらないわ。こんなもんが色んな意味で通用するのは高校生まで。 -- (名無しさん) 2011-07-10 19:17:24
  • 読んで何か感じた人も、批判してる人もみんなこの文を読んでくれたってことだね。これで祐希の願い事は叶ったって事か。どこかで見てるなら1、ありがとう。この体験記を読んでいろいろ変わったよ。戦争の意味も少しだけ分かった。こんなに悲しいものはないよ。みんなの分精一杯生きて、つらくても生き抜いてくれよ。、 -- (名無しさん) 2011-07-26 03:24:39
  • 俺はTVで米軍の空爆を見てすげー、ゲームみたいだと思っていたが、その下ではこういう人らがいたわけだ。俺自身戦争や平和について何かしたりということは無いだろうが、こんな目にあった人たちがいた、今もいるんだということは心に留めておきたい。 -- (名無しさん) 2011-08-22 01:03:03
  • これは書いた人に心当たりあるな。彼はある日本人女性を助けた人で、その助けた顛末を本に書いたけど、 -- (名無しさん) 2011-10-16 00:36:56
  • 途中送信してしまった。その女性に子供がいて、実際にあった話を作者のふりをして書いて、それを大学生が又聞きしたというフィクションを書いて書いたんじゃないかな。で、実際にFaceBookでコンタクトをとったっていうのは本当なのでは?これはこれで日本でフィクション風にかいてちゃんと本にすればいいのになって思った。 -- (名無しさん) 2011-10-16 00:39:13
  • 電車みたいな下らない話より,こういう話こそ世に広めるべきかと -- (名無しさん) 2011-11-06 00:21:42
  • >>1乙最後まで楽しく?読ませてもらったよ。ゆとり全開の日本では意味が無い行動だったな。 -- (名無しさん) 2011-12-18 22:49:58
  • 3種類ある -- (名無しさん) 2011-12-18 22:51:01
  • 日本では無理だ -- (名無しさん) 2012-06-05 15:18:22
  • ちゃんと後日談まで読んだほうがいいよ -- (名無しさん) 2012-08-07 11:10:15
  • 戦争の事でしってる事ありますか? -- (名無しさん) 2012-08-13 17:08:55
  • ごめんなさい。何もありません↑のためにも送ってあげて。 -- (名無しさん) 2012-08-13 17:14:25
  • 思い出したように読み返した。日本でも韓国や中国との緊張が高まっている。安易に戦争だなんだという書き込みを見かける事も多いが、戦争って事がどんな事か、一度しっかりと考えるきっかけとして、こう言った話を読んでみて欲しい。 また、メディアやネットで流れている情報を疑う、それを受け取る自分を疑うという行為の大切さについても筆者は書いている。真剣に考える必要がある事ばかりだと思うよ。 -- (名無しさん) 2012-10-03 14:47:42
  • NATOが空爆を開始したときのニュース、新聞は覚えている。自分は変わらぬ毎日を過ごしているのに、世界のどこかでは戦争をしているのが不思議だった。当時小学生だったかな。民族浄化という名の内戦があちこちで起こっていることも知った。ルワンダの内戦もまた恐ろしい。隣人が突然殺人鬼となって襲いかかってくる恐怖。日本も平和の大切さを忘れてはだめだ。 -- (名無しさん) 2012-12-04 00:19:15
  • 忘れてはならない -- (名無しさん) 2013-02-01 16:16:31
  • 忘れてはいけないよね。色々考えさせられた -- (名無しさん) 2013-08-03 11:19:02
  • フィクションでも、感動的だぁ -- (名無しさん) 2013-10-11 20:11:24
  • 関係ないけどこの真ん中に表れるうっとおしい広告けせないの? -- (名無しさん) 2013-10-23 23:37:55
  • はあ -- (名無しさん) 2014-05-23 21:48:39
  • 後日談を読んだら、おかしい部分が全部創作で、一番気になってた本人が死なないのがわかってほっとしたな自分は。こんなの創作無理です、と話を作るサイドの人間として思う。もしできるとしたら、文章はあれでもプロとして即デビューできるレベル。思うに、祐希自身がこれが本当かどうか確認できなくて、半信半疑のところがあるのではないだろうか。残念なのは、ちゃんとしたサイトを作って公開しなかったことだ。vipの時点でなんでそこでなんだ!だった。 -- (名無しさん) 2015-06-12 15:00:28
  • 朝鮮半島状勢が最高度に緊張の度合いを強めている、アメリカ・トランプ政権+安倍政権時代に、ここを訪れた記録として。 -- (いち在日コリアン) 2017-04-25 12:50:26
  • 久しぶりに来たけど、多分この体験は真実ではないかな? 書いたのは本人ではないだろうけど、かなり聞き込んだのかもね 自分は第二次世界大戦の体験談をよく読むんだが、それを思い出すよ。まるで沖縄戦や満州で逃げ惑った人たちのようだ -- (た) 2017-07-25 00:55:22
  • 関東大震災程までじゃないけど、最近の震災とか人をすぐに傷つけてしまうような精神状態になってしまうことは今の日本でも全然ある。人が人を憎むって本当に怖い。7年前より緊張した世界になっていることが辛い。戦争になった時より平和の維持に対して努力してかなくちゃいけない。 -- (名無しさん) 2017-08-10 01:57:45
  • ひろゆき日記から -- (名無しさん) 2018-08-22 01:13:12
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る