※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


アラン・ウェイク(Alan Wake)

本ゲームの主人公。NY在住。有名なベストセラー作家であったがスランプに陥って二年以上新作を書けないでいる。
妻のアリスに誘われて気分転換にブライトフォールズを訪れる事になった。
18歳の時に書いた処女作が1995年発表となっている事から1977年生まれと推測される。
かなり喧嘩っ早い性格。

アリス・ウェイク(Alice Wake)

アランの妻。写真家でもありアランの出版物の表紙は彼女の手によるものだが勝手にバリーに修正されている。
バリーとは基本的に反りが合わない。
アランの現状を心配し、アーティスト専門の精神科医であるハートマンに相談しており、
ハートマンに会わせるためにアランをブライトフォールズまで半ば騙す形で連れてきた。

アンダーソン兄弟(Anderson Brothers)

北欧神話をモチーフにしたバンド「オールド・ゴッズ」として活動していた元ミュージシャン兄弟。
バルドルをモチーフにしたボーカルが亡くなった際にバンドを解散している。
湖の水をろ過せずに密造酒造りに使った結果、湖の力と接触出来る危ない酒が出来上がってしまい
彼らがそれを飲んで暴れた所為でトムが抑えていた闇の力が目覚めてしまった。
アランをトムと呼ぶが兄弟は認知症であるためアランがトムと似ているのかボケてるだけなのかは不明。
密造酒のせいかどうかは不明だが、DLCにてミュージシャンに復帰して行ったライブでは神がかった演奏を披露している。

トール・アンダーソン(Tor Anderson)

北欧神話の神トールの名を名乗っている。詳しくは元ネタ参照。
ミョニルの代わりにピコピコハンマーを持っている。頭にはハチマキ。

オーディン・アンダーソン(Odin Anderson)

北欧神話の神オーディンの名を名乗っている。詳しくは元ネタ参照。
湖の力が入った密造酒を飲んだときに目をくりぬこうとした。(実際にくり抜いたかは不明)
実際に目が無いのかただのファッションなのかは不明だが眼帯をしている。
ココナッツ(曲名)が好きでヘルニア。

バーバラ・ジャガー(Barbara Jagger)

トムの恋人。1970年に湖で溺れ死んでいる。
後にトムが湖の力を使って復活させるが、実際に復活したのはバーバラの姿をした闇の力であった。
作品中でバーバラと呼ばれる存在はもっぱらその闇の力の方である。
一応歳を取るのか死んだ時の20代の姿では無く喪服姿の婆さんとしてアラン達の前に現れる。

バリー・ウィーラー(Barry Wheeler)

アランのエージェント。新人時代からアランを支えてきたアランの親友。
しかしアリスと反りが合わないなど、アランとは女性の趣味が全く正反対である。
事件後もちゃんと生き残り、劇中での発言通りアンダーソン兄弟のマネージャーを行っている。

クレイ・スチュワート(Clay Steward)

アランの悪夢に登場し殺される人物。
後にAlan Wake Filesを書く。過去にアランと同じ悪夢を何度も見ていたらしい。

シンシア・ウィーバー(Cynthia Weaver)

昼間からランプを手に持ち、街中の電球を点検して回るちょっと変わったおばさん。別名ランプおばさん。
廃止された発電所に住み込み一人で管理してる凄い人。
記者であった過去を持ちトムに惚れていた。
愛するトムに頼まれて闇と対抗する為の下準備をひたすら続けてきた苦労人。闇との戦いで最大の功労者とも言える。
でもやっぱりしんどかったようで任務が終わった事に喜んでいる。
過去に闇に触れた事があるらしい。

エミル・ハートマン(Emil Hartman)

トムの元助手の精神科医。アーティストに憧れるが自分に才能が無いことを承知しており
スランプに陥ったアーティストの治療とプロデュースをする事に喜びを感じている。
といっても治療内容は監禁して薬漬けにするなどかなり過激。
アランをアリスを通じてブライトフォールズに呼び寄せた張本人であり、誘拐犯のフリをすることでアランを振り回しイラつかせた。
トムの元助手であった所為か湖の力や闇の存在は知ってるようだが、闇の力をどうこうしようとする気は無かったようだ。

モット(Mott)

ハートマンの部下でウェイク夫妻を監視していた。ハートマンに聞いたのか闇の存在とその対処法を知ってる。
アリス失踪後にハートマンの命令で誘拐犯のフリをしてアランから原稿を奪おうとするがバーバラにバレてお仕置きされた。

パット・メイン(Pat Maine)

地元ラジオ局KBF-FMのDJ。初日のラジオでアラン滞在をバラす切っ掛けを作ったりもしたが、ナイチンゲールに追われていたアランを潔白だと信じている良い人。
謎の組織ナイトスプリングスに入っている。

ポール・ランドルフ(Paul Randolph)

ローズの住むトレーラーパークの管理人、右足に障害があるのかびっこを引いている。
ローズを気に入っており彼女の部屋にアランとバリーが上がりこんだまま何時間も出てこないので
心配し保安官事務所に通報した。結果ナイチンゲールに殺されかける。
ep6最後ではグラントと一緒にパレードを楽しんでいる。

ロバート・ナイチンゲール捜査官(Agent Robert Nightingale)

FBI捜査官。
同僚が闇の力を匂わせる存在に殺されており、それに関するアランの原稿を見つけたことから
アランが犯人だと思い込み執拗にアランを追っている。
ブライトフォールズではマジェスティックモーテルの2号室に宿泊。
後にアランを逮捕する事に成功したものの、突然闇の力に攫われて姿を消してしまった。
ep6最後でダイナーの闇の中から物凄い形相で外(もしくは外にいるローズ)を睨み付けていることから
闇に取り込まれてしまったと考えられる。

ローズ・マリーゴールド(Rose Marigold)

アランの熱狂的ファンでありファンサイトも運営している。一方ではラスティーとも良い感じになっている。
アランがブライトフォールズに来たことで狂喜乱舞しラジオの生放送中にラジオ局に電話をかけ
町全体にアランのお忍び旅行をバラす。またバリーにいやらしい目で見られている。
バーバラに利用されて廃人チックになってしまい警察に保護される。
ep6最後では昼間からランプを胸に抱えていることからランプおばさん二代目襲名疑惑が掛かっている。

ラステイー(Rusty)

エルダーウッド国立公園のパークレンジャー。
妻との関係は破綻しているらしいが離婚したのかまだなのかは不明。
アラン同様にカフェイン中毒。ローズと良い感じになっている。
自然を愛しトラバサミに引っ掛かった犬の治療をしたりアランに親切だったりと良い人であったが
闇に取り込まれてアランに倒される。

サラ・ブレーカー保安官(Sheriff Sarah Breaker)

地元の保安官。ナイチンゲールがアランを追っているときも捜査に懐疑的であった。
後にアランを信用し協力してくれる事になる。
事件後もバリー同様生き残ってる模様。

トーマス・ゼイン(Thomas Zane)

愛称トム。全ての元凶。ダイビングが趣味で彼の住む島はダイバー島と呼ばれていた。
有名な作家であったが溺死した恋人バーバラを行き返せる為に湖の力を使う。結果闇の力を叩き起こす事になる。
後に闇を封じる為に潜水服を来て自分ごとバーバラを湖底に沈めようとする。
その際に湖の中の火山が爆発しダイバー島は沈み、炭鉱では噴火に伴う地震で事故が発生して鉱夫が30人以上犠牲になり閉鎖された。
後に復活した闇に対抗するため、アランに色々助け舟を出す。

ネルソン医師

スタンドで保護されたアランを診察しに保安官事務所に来た町医者。釣りが趣味。
過去に闇に触れられたシンシアを診察している。

グラント

保安官事務所受付にいる金髪のおばさん保安官。
宿泊先を探すアランにエルダーウッド国立公園のキャビンを勧めた。

マリガン(Mulligan)

スタンドの調査に行った保安官。
ショートフィルムにも出演しており、モーテルの失踪したオーナーの件でジェイクの部屋を訪ねた。
ジェイクの「野生動物に部屋を荒らされた」という嘘を受け入れたが
本当に信じたのか、闇の力を知っており関り合いになりたくなかっただけなのかは不明。
木の実か何かを口の中で常に噛んでいる。(噛みタバコじゃないかな? http://en.wikipedia.org/wiki/Chewing_tobacco)

ソーントン

マリガンと共にスタンドの調査に行った保安官。

ハリー・ギャレット(Harry Garrett)

TV番組「ハリー・ギャレットショー」の司会者。
ヒゲと薄い頭がチャームポイント。
アランの書く「アレックス・ケイシー」シリーズのファン。

ダニー

ウォルターの友人。酔っ払ったウォルターに殴られた。
後に保釈後のウォルターとアンダーソン農場で酒を飲むがおかしくなる。

ウォルター

ダニーの友人。留置所で電気をつけてくれと騒いでる人。
保釈後はダニーと一緒にアンダーソン農場に行き密造酒を飲んでいた。
アンダーソン農場の酒を飲むと何かが見えるらしい。
しかしその最中にダニーがおかしくなったので車で逃げてきた。

シンクレア

クリニックの看護婦。トールに金槌で殴られる。生死不明。

バーチ

クリニックでのハートマンの部下。アランを見張ってる人。
後に闇化してアランに襲い掛かる。

ジャック

ハートマンの会話に名前のみ登場する人物。
川に落ちたアランをハートマンと一緒に引き上げたり、クリニックの患者を釣りに連れて行ったりしてる。
以上の事からハートマンの部下であると推測されるが詳細は不明。

実写ショートフィルム「ブライトフォールズ」のみに出てくる登場人物

ジェイク・フィッシャー(Jake Fischer)

「ブライトフォールズ」主人公。記者。ハートマンに取材するためにブライトフォールズを訪れた。
家にあまり帰っておらず妻リビーとの関係は上手く行ってない。
ブライトフォールズの町ではモーテルの7号室に宿泊している。
ブライトフォールズに来てから寝てる間に部屋を出て森や湖の傍で目覚めるようになる。
自分を冷蔵庫に縛り付けカメラを仕掛けて寝たところ、驚異的な力で部屋中を破壊していた事が判明。
危機感を感じブライトフォールズを出ようとするも無意識に戻ってきてしまう。
最後には完全に闇に飲まれてしまった模様。

謎のダイバー

ジェイクが入った袋を湖から岸に上げた謎のダイバー。ジェイク引き上げ後はボートで湖に漕ぎ出して行った。
ゲーム本編でゼインが着ていたようなヘルメット付きの重装備な潜水服とは違い
スキューバダイビングで使うような比較的軽装の潜水服を着ている。

ハル(Hal)

ジェイクの同僚。電話で声のみの出演。ライリーのご機嫌取りの為にハートマンのインタビューとサインを取ってくるようにジェイクに言う。
リビーとも親しくジェイクとリビーの関係を心配している。

リビー(Libby)

ジェイクの妻。ジェイクに電話をかけるもジェイクに無視される。名前のみのキャラ。

ライリー(Riley)

ジェイクとハルの上司?。愛読書「創作家のジレンマ」の著者であるハートマンのサインを欲しがっている。名前のみのキャラ。

鹿

ジェイクが車で一日目に轢いた鹿。轢かれた直後は呻き声のみであったが、ジェイクがフラッシュライトを当てると急に声を荒らげた。
光に過剰にに反応した理由は単に眩しかったからなのか闇に触れられた鹿だからなのかは不明。
その後、車で轢かれたばかりにも関わらず直ぐに森に逃げ込んでいる。

エレン

ep2でジェイクが会っていた女性。"The BRIGHT FALLS RECORD"という地元新聞社?に勤めている。
過去にジェイクと何かしら関係があったようで、リビーの事も知っている。
元々ブライトフォールズの住人ではなく引っ越してきたらしい。
ブライトフォールズから逃げ出そうとするジェイクに車の運転を頼まれるが
ジェイクが意識を失ってる間に血のついた靴のみを残して姿を消した。
おそらく闇化したジェイクに殺されて森に捨てられたと思われる。

サム・スミス(Sam Smith)

ジェイクが泊まっている"Mountain Air Motel"のオーナー。腰痛持ちなのか腰にサポーターを巻いている。
静かだとヤバいと言ったりモーテルの電球が割られまくっている事に対して
当たり前のように対処していることから
ブライトフォールズの森の異常性をある程度は感じていると思われる。
ショットガンを持って森の様子を見に行った際に何かに連れ去られる。

ダニエル・スミス(Daniel Smith)

かなり色の薄い金髪の少年でサムの息子。服装と髪の色からオープニングで後姿を見せている人物は彼であると思われる。

ツナギの黒人

ジェイクがハートマンのクリニックを出た後に道で見かけた鹿の首を運んでいる黒人の男。
スタッキーのツナギとは違いツナギに店の名前等が書かれておらず、どういった人物なのかは一切不明。

メアリーベス

運送業者?雑貨屋の主人との会話に名前のみ登場するだけで特に何もしない。

ジョー

運送業者?メアリーベス同様名前のみ。メアリーベスの命令でフロントリッジに仕入れに行ったりするらしい。
フロントリッジとは近くの比較的大きな町の名前と思われるが詳細は不明。
またフロントリッジへの移動は天候に左右されるらしい事からブライトフォールズとフェリーで行き来する町なのかもしれない。
その場合メアリーベスとジョーはフェリー関係者とも考えられる。

シェル

街灯に向かって投石しているおばさん。注意しに来た警官の手に噛み付いて逮捕された。