イアン・ヴァスティ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 イアン・ヴァスティ
【読み方】 いあん・ヴぁすてぃ
【所属】 ソレスタルビーイング
【分類】 技術者
【声】 梅津秀行
【登場】 1st・2nd

【詳細】

プトレマイオスに常駐する総合整備士。
物語開始時点では52歳。

かつてはジョイス・モレノと共にAEU軍に所属する技術者だった。
だが15年前にガンダムアストレアの活動を目撃し、ルイーゾ・レゾナンスの判断からソレスタルビーイングにスカウトされた。
基本的に外伝を含めた全ての時系列に登場する稀有な人物。

ガンダムの整備や装備開発などを担当しており、1stシーズンでは武力介入の対象が地上となることが多かったため整備や補給、データ収集のために地上の基地へいることが多かった。
2ndシーズンでは宇宙に上がって新型ガンダムの開発に専念していた。

気さくな性格でメンバーからは「おやっさん」と呼ばれ親しまれている。
外伝・『00F』に登場するシェリリン・ハイドにメカニックの指導を行っていたため彼女からは「師匠」と呼ばれ尊敬されている。

妻は年の差24歳のリンダ・ヴァスティ。娘であるミレイナ・ヴァスティとともに家族でソレスタルビーイングに協力する珍しい人物で、戦闘では自ら砲手を務めることもあった。

イノベイターとの最終決戦後もCBに残り、次世代のガンダムの開発を行っている。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。