ロックオン・ストラトス(1st)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「お前らは満足か……こんな世界で。俺は嫌だね」

【名前】 ロックオン・ストラトス
【読み方】 ろっくおん・すとらとす
【所属】 ソレスタルビーイング
【分類】 ガンダムマイスター
【本名】 ニール・ディランディ
【声】 三木眞一郎
【登場】 1st

【詳細】

アイルランド出身のガンダムデュナメスを操縦するガンダムマイスターの一人。
優れたスポーツ射撃の名手で、デュナメスへの適性を買われた事でソレスタルビーイングにスカウトされた。

かつてKPAの自爆テロによって両親、そして妹をまとめて失った経験を持ち、テロを強く憎んでいる。
マイスターメンバーの中では最年長(ティエリア除く)であり、明るく陽気な性格も手伝って協調性に欠けるマイスターをまとめるリーダー的役割を担う。

刹那・F・セイエイの出身については全く知らず、1stシーズン終盤においてヨハン・トリニティによってそのことを知らされ彼に銃口を向けたが、彼の戦争根絶への強い決意を聞いて和解。
国連軍との最終決戦中、パトリック・コーラサワーの攻撃からティエリアを庇ったことで利き目を負傷し、ジョイス・モレノから再生治療するように勧められたがそれを断り、周囲の制止を振りきって出撃。
GNアームズに搭乗して出撃するも、アリー・アル・サーシェスの攻撃によってGNアームズを破壊させられ、家族を殺さえた憎しみからサーシェスと交戦。
その最中にダリル・ダッジの特攻を受けるが利き目を負傷しているため上手く対処することが出来ず、その行動から死角を見切られてしまいデュナメスは大破。
近くにあったGNアームズの破片にライフル型コントローラーを接続しスローネツヴァイを破壊したが、その間際に放たれたビームによってGNアームズの破片は吹き飛び、その爆発に巻き込まれる形で死亡した。

死してなお刹那やティエリアには大きな影響を与えた人物。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。