GNドライヴ[T]

【名前】 GNドライヴ[T]
【読み方】 じーえぬどらいヴ[たう]
【保有MS】 アロウズ所属MS等

【詳細】

スローネシリーズ用に開発された通称、「擬似太陽炉」。

アレハンドロ・コーナーが木製探査船を創作して入手した情報から組み上げた太陽炉の模造品である。
GNドライヴに比べ技術的な面で完成度が低く、GN粒子を生成するのもの、半永久的に稼働し続ける完成品とは違い、その運用には電力を必要とする。
そのため、擬似太陽炉にはバッテリーが不可欠であり、搭載機のバッテリーが切れると活動を停止してしまう。
さらに活動を停止した擬似太陽炉はスターターと呼ばれる火入れのための外部装置が必要であり、基地や母艦からの出撃を余儀なくされるなど、
その運用に制限がある面も多い。

また、この疑似太陽炉から生成されたGN粒子は赤く煌めき、移動や機体制御のためにただ放出するだけでは無害だが、ビーム兵器用に圧縮すると極めて強い毒性を発揮し細胞異常を引き起こすという重大な欠点を抱えている。
この欠点はアレハンドロ・コーナーから擬似太陽炉を受け取り解析を進めた各国も問題視し、技術を解析し改良が加えられたことで毒性はなくなり、
出力的にもオリジナルのGNドライヴに匹敵するまでとなった。

生成されるGN粒子は真紅であったが上記の欠点を句復する際の調整でオレンジ色となったり、また初期型でも調整次第で黄金となったり変化する。

また、疑似ではあるもののオリジナル同様にトランザムを発動することも可能。
ただしレイフ・エイフマン教授が残したメモを元にビリー・カタギリが再現したトランザムは一度発動すると太陽炉が焼き切れてしまうという欠点が存在する。
だが、アニュー・リターナーがプトレマイオスから持ち帰ったデータを元にイノベイド側が再現したトランザムはほぼオリジナルと同様の性能を持ち、粒子に余裕があれば再度トランザムを発動することも可能となっている。

さらには擬似太陽炉を同調稼働させることで擬似ツインドライヴシステムとすることも可能。
複数同時に搭載することで出力を向上させることも可能だが、ただ出力が向上するのみで、さらに同調稼働させないとツインドライヴに迫る力は得られないらしい。
またトランザムライザーが引き起こす特殊な現象は発生しなかったため、あくまでこの動力炉はオリジナルと違う存在である。

オリジナルのGNドライヴに比べ完成度でははるかに劣るこの擬似太陽炉であるが、完成に莫大な年月を要するオリジナルとは異なり、
とはいえやはり相応の時間と技術的難易度はある程度あるものの、比較的短時間による量産が可能であり、単機に複数個搭載することで出力を倍増させるなど、
模造品だからこその強みも大きい。