GNX-U02X マスラオ

【型式番号】 GNX-U02X
【機体名】 マスラオ
【読み方】 ますらお
【所属陣営】 アロウズ
【パイロット】 ミスター・ブシドー
【動力】 GNドライヴ[T]
【装備】 GNロングビームサーベル
GNショートビームサーベル
GNバルカン
ビームチャクラム
【発展機】 GNX-Y901TW スサノオ

【詳細】

GNX-704T アヘッドに代わる次世代主力機を開発していた旧ユニオン開発陣であったが、ミスター・ブシドー専用の機体を開発するに当たり、計画を一旦白紙化しフラッグをベースに改めて開発を行った結果完成した擬似太陽炉搭載型MS。

この機体の最大の特徴は、擬似太陽炉搭載機としては初めて「トランザム」を搭載していることである。
これは故レイフ・エイフマンが遺した資料を基に、ビリー・カタギリが独自に開発したものでありあり、イノベイター側の技術とは異なる原理で発動する。

外見はフラッグに鎧兜を着せた様な姿で、後頭部のエネルギーケーブルなどサキガケの特徴も受け継がれている。
擬似太陽炉は腰の左右のバインダーに1基ずつ搭載され、ベースには戦死したブシドーのかつての部下であるダリル・ダッジの機体が用いられている。

性能は高く、トランザムを発動しダブルオーライザーと互角の戦闘を行えるほど。
後に改修が進められ、GNX-Y901TW スサノオとなる。