GN-008RE セラヴィーガンダムⅡ

【型式番号】 GN-008RE
【機体名】 セラヴィーガンダムⅡ
【読み方】 せらヴぃーがんだむつー
【所属陣営】 ソレスタルビーイング
【パイロット】 ティエリア・アーデ
【動力】 GNドライヴ[T]×3
【装備】 GNキャノン×2
GNビッグキャノン×2
GNビームライフル×2
GNビームサーベル×2
【ベース機】 GN-008 セラヴィーガンダム

【詳細】

セカンドシーズン終盤におけるイノベイドとの決戦で大破したGN-008 セラヴィーガンダムのボディをリペアし、CB-002 ラファエルガンダムのバックパックとした改修機。

バックパックから分離することで、基となったセラヴィーに酷似した無人MSとしての運用が可能となり、ティエリアが脳量子波を使って操作する。

太陽炉が失われているが、擬似太陽炉を3つ搭載していることで出力的に見れば高いレベルとなっている。

ちなみに、GNビッグキャノンが両足で、ラファエルの頭部にかぶさるように存在するのが腰アーマー。
上半身を後ろに折り、両腕に当たる部分がGNキャノンを保持した状態となっている。
HGスケールプラモデルでも、完全変形ギミックはなかったがきちんと頭部等各部の再現は行われている。
擬似太陽炉はセラヴィーの膝に当たる部分と、胸部ユニットにそれぞれ1つずつ格納されている。