トランザム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 トランザム
【読み方】 とらんざむ
【保有MS】 太陽炉搭載機

【詳細】

オリジナルの太陽炉のブラックボックスに隠されていた特殊システム。
コクピットには「TRAN-SM」と表記が成される。

機体のGNコンデンサーに蓄積したGN粒子を全面開放することで、機体スペックの3倍にも及ぶ出力を得ることが出来る。

使用できる粒子量が増大するため各ビーム兵器の威力が倍増するだけでなく、残像を残すほどの驚異的な運動性能を発揮し絶大な戦闘力を発揮できる。
このモードを発動すると機体全体が赤く発色し、粒子そのものも赤みを帯びるのが特徴。

これは使用できる粒子量が増大したことと、GN粒子そのものが赤色化することでGN複合装甲自体が赤く発光するためである。
ただし当初は一度発動すると任意の解除が出来ず、粒子を使いきってようやくシステムが終了、モード終了直後は機体各部のコンデンサーの粒子も空になってしまうためGN複合装甲も防御力が著しく低下するばかりか、機体性能自体も大幅に低下してしまうまさに諸刃の剣であった。

しかし第四世代の機体では最初からトランザムの使用を前提とした機体設計がなされ、トランザムを任意で解除するだけでなく発動時間をある程度抑えることでモード解除後の戦闘力低下をある程度抑制することが可能となった。

後に擬似太陽炉を搭載したMSであっても発動が可能となり、地球連邦が開発した量産機にも装備されるまでに普及している。
しかしELSとの戦闘でオーバーロードさせ自爆する機体が多かったため次世代の量産機にはトランザムは搭載されなかったという。

ちなみに擬似太陽炉でのトランザムには二種類存在し、レイフ・エイフマンが考案したメモを元にビリー・カタギリが制作したものと、
ソレスタルビーイングからダッシュしたデータを元にイノベイド達がガ系列のMSに搭載したものがある。
イノベイドのものはソレスタルビーイングから奪取した正規のトランザムシステムのデータを元に再現したものであるため、一度発動しても任意解除が可能。
粒子に余裕があれば再度の発動が可能という完成度の高いものになっている。

一方エイフマンのメモを元にビリーが制作したものは、トランザムシステムというより、「トランザム発動時に近い状態を無理やり再現する」と言ったもので、
擬似太陽炉の出力を無理やり増大させ粒子量を増やすもの。
当然擬似太陽炉に掛かる負担が大きく、一度使うと任意解除はできずトランザムが終了すると負荷のかかった太陽炉は焼ききれて二度と使い物にならないという致命的な欠陥を抱えている。