GN-000 0ガンダム

【型式番号】 GN-000
【機体名】 0ガンダム
【読み方】 おーがんだむ
【所属陣営】 ソレスタルビーイング
【パイロット】 リボンズ・アルマーク
【動力】 GNドライヴ
【装備】 ビームガン
ビームサーベル
ガンダムシールド
GNフェザー
【発展機】 GN-000 0ガンダム実戦配備型
GN-000FA フルアーマー0ガンダム

【詳細】

CBによって最初に開発されたガンダムであり、後に開発される全ての太陽炉搭載型MSの基となった機体。

デザインモチーフは初代ガンダム。
この時点では太陽炉を覆うコーン型のメインスラスター部分の技術が成熟しておらず、スラスターが次世代機等と比べ大型化しているのが特徴。
また、主な武装であるビームガンビームサーベルは、GN粒子を使用した後の兵器のプロトタイプであるため、名称に「GN」という文字は冠されていない。

パイロットはリボンズ・アルマーク。
2301年に試験的な武力介入として中東クルジスの紛争に参加した際、少年兵だった刹那・F・セイエイが本機を目撃し、ガンダムを神のごとく見つめる姿がリボンズの目に留まったことで彼がヴェーダにガンダムマイスターとして推薦される一因となった。
第2、第3世代機の開発時はその演習パートナーやアグレッサーを務め、運用データの収集に貢献。

第3世代機による武力介入開始後は、支援組織・「フェレシュテ」に一時保管されており、その太陽炉はフェレシュテ管理下にあった各第2世代機に使い回された。国連軍との決戦後機体はCBに戻され、その太陽炉は開発中であった第4世代機・GN-0000 ダブルオーガンダムの左肩に搭載されることになるが、最終決戦においてリボンズの手によって再び0ガンダムに搭載され起動するという数奇な運命を辿っている。