SVMS-01AW ユニオンフラッグオービットパッケージ アストロワーク仕様


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【型式番号】 SVMS-01AW
【機体名】 ユニオンフラッグオービットパッケージ アストロワーク仕様
【読み方】 ゆにおんふらっぐおーびっとぱっけーじ あしとろわーくしよう
【所属陣営】 ユニオン
【パイロット】 不明
【動力】 バッテリー/水素(推進剤)
【装備】 MLR-04 クロスファイア
内蔵型リニアキャノン
ソニックブレイド
ショートキャノン
ディフェンスロッド

【詳細】

SVMS-01 ユニオンフラッグをベースに宇宙での作業用に開発されたMS。

別名で「アストロワークフラッグ」とも呼ばれ、主にコロニー建設支援作業検証機としてモちいられる。
移動時のクルーズポジション、作業時のラブターポジション、人型のスタンドポジションの3形態に変形可能であり、作業用と開発されているためラブターポジションで運用される事が多い。

背部にはバッテリーやコンデンサーを内蔵したバックパックを装備しここにブースターも装着可能。
腕部マニピュレーターは作業用アームに換装可能で、脚部もラブターポジション時には変形して作業用アームに変化する。
いざという時のために武装も装備しており、ある程度の戦闘も可能だが戦闘力は低い。

この機体を戦闘用に再改造したのがSVMS-01AP ユニオンフラッグオービットパッケージ コロニーガード仕様である。