狙撃系MSの系譜

【第一世代】 GN-000 0ガンダム
【第二世代】 GNY-002 ガンダムサダルスード
【第三世代】 GN-002 ガンダムデュナメス
【第四世代】 GN-006 ケルディムガンダム
【第五世代】 GN-010 ガンダムサバーニャ

【詳細】


サダルスードで研究されたあらゆる環境で高い性能を発揮できるセンサーの開発により、デュナメス以降のガンダムにはガンカメラと呼ばれる狙撃用の高精度カメラアイが標準装備。

GN粒子を高圧縮し精密射撃と長距離狙撃に適したGNスナイパーライフルを標準装備しているが、大型で取り回しに難があるため世代を経るごとに折りたたみ機構が追加されたりビームピストルと選択式になる等進化していった。

また基本的に後方支援を担当しているため接近戦用の装備はほとんど持っておらず、GNビームサーベルを装備しているのはデュナメスだけ。
デュナメスのビームサーベルもパイロットであるロックオンはその装備に難色を示し、後継機からはGNビームピストルなどによって対処する。

セカンドシーズンからはガンダムそれぞれに要求される能力レベルが高まったことを受け、シールドを標準装備として火器を内蔵したり武器を収めるホルスターにするなど重武装化して行った。