SVMS-01AS ユニオンフラッグ空戦偵察哨戒型


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【型式番号】 SVMS-01AS
【機体名】 ユニオンフラッグ空戦偵察哨戒型
【読み方】 ゆにおんふらっぐくうせんていさつしょうかいがた
【所属陣営】 ユニオン
【パイロット】 ジョシュア・エドワーズ等
【動力】 バッテリー/水素(推進剤)
【装備】 60mmリニアガントレット
【ベース機】 SVMS-01 ユニオンフラッグ

【詳細】

SVMS-01 ユニオンフラッグをベースに、敵領空内での情報収集を目的とした偵察仕様機に改修したMS。

機首兼用のリニアライフルを各種センサー内蔵の大型エアロカウルに換装し、巡航形態での最高速度向上と航続距離の延長がなされている。
このエアロカウルは空中で切り離すことで無人機として使用可能だが、推進器を持たないため滞空時間が短く、単独での離陸も不可能である。

また、リニアライフル撤去による火力の低下を補うため、両腕のマニピュレーターを60mmリニアガントレットに換装している。
この状態ではソニックブレイドなどの携行武装を装備できないために格闘戦能力が大幅に低下することもあり、MS形態での運用は基本的に行われない。