GN-001REⅢ ガンダムエクシアリペアⅢ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【型式番号】 GN-001REⅢ
【機体名】 ガンダムエクシアリペアⅢ
【読み方】 がんあむえくしありぺあすりー
【所属陣営】 ソレスタルビーイング
【パイロット】 刹那・F・セイエイ
【動力】 GNコンデンサー
【装備】 GNソード改
GNビームサーベル×2
GNロングライフル
【ベース機】 GN-001REⅡ ガンダムエクシアリペアⅡ

【詳細】

GN-001REⅡ ガンダムエクシアリペアⅡを改修したガンダムエクシア3度目の改修機。

イノベイドとの戦い終わった後も抑止力として世界に留まったソレスタルビーイングだったが表立った武力介入は極力控えられていた。
特にガンダムを使用することは慎重に行われており、本機はそうした活動内容に合わせた改修が施されている。

メインエンジンユニットはGNドライヴが破壊され損失しているため大型GNコンデンサーに取り替えられているが、機体各部のGNスラスターを最新型へと交換し、少ない粒子で効率よく機体を加速させることを可能とする他、左腕にGNロングライフルを装備し、機影を隠したまま長距離から敵を狙撃することが可能。

遠距離射撃でミッションを達成できずとも改良型スラスターの力で一気に距離を縮め、GNソード改による格闘戦に持ち込む。
GNロングブレイド・ショートブレイドは装備されておらず、RⅡの時と同様太股の付け根のハードポイントにはビームサーベルが装備されている。

GNドライヴがないため活動時間を延長するために、両肩アーマーと膝アーマーには粒子貯蔵タンクが新設。
それによってエクシアとは外見がやや異なっている。