越えざるは紅い花

  • 越えざるは紅い花 ~大河は未来を紡ぐ~
  • 越えざるは紅い花 ~恋は月に導かれる~ ※Vita版タイトル

簡易紹介
18禁PCゲーム『越えざるは紅い花』のコンシューマー移植版。
18禁相当部分は削除され、新規イベントが追加されている。

それは不治の病“腐死”により女性が激減した大陸での一幕。
南方の国“ルス”で生きる主人公は、北方の国“ナスラ”に母を奪われ、幼くして肉親を失ってしまう。
途方に暮れた彼女を支えたのは幼馴染の次期国王、オーリだった。
そんな悪夢のような夜から数年。主人公は国王一家に養女として迎え入れられ、
オーリの許嫁として過ごす日々に安寧を感じ始めていたが……
再び襲い来る悪夢──女を奪うナスラの大軍を前に、決断の時が迫る。
掴むのは従属の未来か、それとも──

PSP版→Vita版の変更点
  • 「スレン」の新規イベントを追加
  • 全13本のSSが楽しめるノベルモードを搭載
  • ボイスドラマを再収録
  • クロックモードを搭載

データ
公式サイト PSP版Vita版
発売元 dramatic create
開発元 OperettaDueHuneX
ジャンル 女性向け恋愛アドベンチャーゲーム
対応機種 PSP、PSVita
発売日 PSP版:2014年3月20日、Vita版:2016年6月23日
価格(税込) PSP版:6,825円、PSPDL版:5,775円
Vita版:5,832円、VitaDL版:4,752円
廉価版 なし
キャラクターデザイン つきのおまめ
シナリオライター 松竹梅
音声量 メインキャラのみフルボイス
主人公 ナァラ(声:立石めぐみ) ※名前変更可能、ボイスOFF可能
攻略対象 トーヤ(声:立花慎之介
スレン(声:宮下栄治
ノール(声:鈴木千尋
ナラン(声:杉山紀彰
ルジ(声:中澤まさとも
セフ(声:小田敏充
エスタ(声:牧野秀紀
ウル(声:雪代綾乃
ジギ(声:柿原徹也
備考 CERO:D
該当するキーワード 外国が舞台、ノベルゲーム、人を選ぶ、シリアス
微エロあり、戦うヒロイン、男前なヒロイン
一人称視点、攻略対象視点、デフォ名呼びあり、欝要素あり
乗り換え可能、三角関係あり、主人公ボイスあり、元18禁
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。