@ウィキモバイル > PC版はこちら
@wiki検索

MusiKi:テクノ・エレクトロニカWiki

トップ | メニュー | ページ一覧 | タグ一覧 | ウィキ内検索
▼下へ[8]

Calika


Audiobulb Benbecula

イギリスと拠点として活動するSimon Kealohaによるソロユニット。"Calika"の由来は、初めはミドルネームであるAlikaを使用しようと思っていたが、既にタイのポップスターが使用していたため、アルベール・カミュのCを頭につけたことから。ちなみにAlikaとはハワイ語であり、彼自身もハワイ人とのハーフであるそうだ。
2005年10月、1stアルバム"Small Talk Kills Me"をAudiobulbよりリリース。15曲編成だが、アルバムアートワークには15曲目は記されておらず、隠しトラックという扱いである。
同年11月、Warpでのリリース歴もあるMark Cliffordと制作していた作品"Running Taper"をPolyfusia Recordsから発売した。
2006年5月にはBenbeculaからMinerals Seriesの一環として"The Bright Spot"をリリース。
翌07年に"Seedling Mother"を発売。Audiobulbのこのアルバムのページに掲載されている質問集で、影響を受けたミュージシャンにSquarepusher、John Coltrane、Keith Fullerton Whitman、Slint、Alva Noto、Funkstorung、Neu、Matmos、the Books、Tarentelなどを挙げている。

Sample(2 Quarters Make Half A Smile)


Links

公式
My Space

上へ[2]


トップページ
ページ一覧
ウィキ内検索
ホットワード
タグ一覧
ページの先頭へ[2]
ページの下へ[8]
友達に教える
PC版はこちら








関連語句: 作品 Audi ハワイ人

PCで@ウィキに新規登録


直前のページはの戻るボタンで


@ウィキモバイル [0]