I am Robot and Proud


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Darla Records

I am Robot and Proudは、カナダのトロント出身であるShaw-Han Liem(ショウハン・リーム)によるソロユニット。名義の由来は鉄腕アトムから。高校生の頃より用いているが、当時こそ深い意味を持ってつけたものではなかったものの、現在では自身のスタイルに合っていると語っている。(HMVによるインタビュー)
トロント王立音楽院でクラシックピアノを学ぶ。しかし10代の頃にやめ、パンクバンドでベースの演奏を始めた。
同時期、コンピュータにも興味があり、WarpRephlexの影響も相まって、コンピュータ上で作曲を始めた。この頃用いていたソフトは、Fast Tracker(リンク先は2の説明記事)だそうだ。
そうしてできた作品を、パンク仲間に配った所、数人からリミックスの依頼を受ける。そのうちの一つがイギリスのレーベルCatmobileの耳に留まり、2001年に"The Catsh"をリリースするに至った。
2004年、オンラインショップ"the blue house"を運営を開始。現在も存在している。
2006年にはDarla Records移籍後初作品となる"The Electricity In Your House Wants To Sing"を発売した。
2008年5月、De De Mouseの"Sunset Girls"にリミックスを提供。同年9月にはアルバム"Uphill City"をリリースした。このアルバムのタイトルは、自身の住む街が元ネタだそうである。

使用器材・ソフトウェア


Sample(When I Get My Ears)


Links

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+ 数字/記号
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z


  • レーベル
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析