《豹変(けいおん)》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《豹変(けいおん)》

イベントカード
使用コスト0/発生コスト1/青
[アプローチ/両方]:自分のキャラ1枚のAPの値とDPの値をターン終了時まで入れ替える。
(目付き変わった~!!)

けいおん!で登場した色のイベントカード
自分キャラ1枚のAPDP入れ替える効果を持つ。
特殊なコンバットトリックで、《琴吹 紬(080)》などのAP<DPのキャラに使うことで相手の意表を突くことができる。
同じ効果を持つ《奇策》とはタイミングの違いから相互互換。
完全互換カードとして《黒化》が登場し、実質8枚投入が可能となった。

2011年2月頃まで、入れ替える効果は「AP・DPを変更する効果」に分類され、入れ替えた値は元々のAP・DPになるという裁定が下っていた。
そのため、誘発強化常駐型テキストを持つカードに使うと、強化したAP・DPを入れ替えた後に、更に誘発強化が上乗せされる裁定になっていた。

説明のために、効果発動条件を満たした《平沢 唯(216)》に使用した場合を例に挙げる。
  1. 効果適用前は、元のAPが20、効果で+20されAP40。元のDPが10、効果で+20されDP30。
  2. 効果適用後は、変更したAPが30、効果で+20されAP50。変更したDPが40、効果で+20されDP60。

このようにコスト0で手軽に誘発強化を重ねがけできるため、2011年2月上旬の大会まではこのカードは多くのデッキに採用されていた。
しかし、それでは強すぎると判断したためか、2011年2月中旬に裁定が下りる。
入れ替える効果は変更する効果ではなく、AP・DPを入れ替えるだけで、誘発強化効果は再計算しないという裁定が下り、騒動は終結した。
《豹変(オオカミ)》とはカードナンバーも一致し、あちらは何の因果か「APDP変更する効果」である。

後に強化効果が加わった上位互換カード《デスデビルごっこ》が登場した。

カードイラストは第5話「顧問!」でのワンシーン。フレーバーはこの時の律のセリフである。

FAQ

Q.《ギー太》セットした《平沢 唯(219)》(AP30・DP40)に使うとどうなりますか?
A.AP50・DP30になります。

関連項目


収録