<山田 葵>

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<山田 葵>

山田 葵をメインとしたウィニーデッキ
全ての山田 葵自由登場を付加できる《山田 葵(208)》のコンボで、ゲームを有利に進める。
ほとんどのカードがコスト2前後と軽めで展開しやすい。

《山田 葵(208)》
キャラクターカード
使用コスト3/発生コスト2/黄/AP40/DP10
【ワグナリア】/【アルバイト】
手札にある全ての「山田 葵」は、自分のメインフェイズ以外でも登場させることができる。
自分はカード名称に「山田 葵」を含まないキャラをプレイすることはできない。
(割りまくりクイーンの山田が保証してあげます。さあ皆さん、山田を信じ崇めなさい。)

《山田 葵(029)》
キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/黄/AP30/DP10
【ワグナリア】/【アルバイト】
このカードは、【ワグナリア】を持つ「山田 葵」のコストとして使用する場合、発生コスト+1を得る。
自分の「山田 葵」が退場するごとに、相手のキャラ1枚は、ターン終了時まで-20/-20を得る。
(ワグナリアの屋根裏に暮らしていますが、その正体はスーパーウェイトレス。)

《山田 葵(033)》
キャラクターカード
使用コスト0/発生コスト2/黄
自分の「山田 葵」がアプローチで退場した場合、カードを1枚引くことができる。
(あはは、あはははは! 山田ここに住むー!!)

《下手な変装》
イベントカード
使用コスト0/発生コスト1/緑
[アプローチ/自分]:自分の「山田 葵」1枚は、ターン終了時まで【店長】、+10/+10を得る。
(八千代さん、店長ですよ。)

デッキの構築

キャラクターカード

切り札。全ての山田 葵自由登場を付加できる。
アクティブアタッカー。《山田 葵(208)》の効果でいつでも強襲可能。
登場した時に相手キャラのAPDPを0にできる。
山田 葵のコストとして使用する場合ソースが3になる。
登場した時にコスト2以下の山田 葵場に出すことができる。大量展開に。
自己再生を内蔵する。
ドローソース。山田 葵がアプローチで退場した場合、カードを1枚引くことができる。
条件を満たせばAP40・DP30のキャラになる。
登場した時にサポートカードを除去できる。
入れ替える効果を使える。

イベントカードサポートカード

専用コンバットトリックコスト0なので使いやすい。
指定した相手キャラの妨害封印できる。

弱点

《山田 葵(208)》が場にいないと決定力に欠ける。
逆に《山田 葵(208)》を使うとなると他のキャラが使えなくため、デッキのキャラ枚数が不足しがち。

関連項目