『けいおん!』

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『けいおん!』

「けいおん!」「けいおん!!」「映画けいおん!」をテーマにした作品
いずれも作品では、「けいおん!」として扱い、表記が異なってもサポートは共通する。
カードの数は他の作品をはるかに凌駕し、カードプールは非常に広い。
なお、「ローソン 映画けいおん!フェア」もこの作品として扱う。
作品を参照するカードが存在しない唯一の作品だったが、けいおん!!Part2で爆発的に増えた。

かきふらい原作の漫画をアニメ化した作品。
4人(のちに5人)の女子高生たちの軽音部を通したゆるやかな日常を描く。一応バンドがテーマだが、原作では演奏シーンはほとんどカットされている。
2009年を代表する大人気アニメで、リリースしたCDがオリコン1位を獲得するなど、さまざまな反響を呼んだ。
また、プロのバンドマンも影響を受けており(高見沢俊彦、西川貴教など)、音楽業界ではその知名度は高い。
その人気はこのカードゲームでも例外ではなく、スターター、ブースターともにすぐになくなり、1ヶ月以上にわたり入手困難となっていた。
2011年12月に映画が公開され、深夜アニメの映画では異例の日本アカデミー賞にノミネートされた。

この作品をテーマとするスターター/ブースター


この作品を参照する効果


関連項目