《千石 撫子(393)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《千石 撫子(393)》

キャラクターカード(サポート)
使用コスト0/発生コスト2/赤
自分の「千石 撫子」が妨害された場合、手札から「千石 撫子」1枚をサポートエリアに出すことができる。
[メイン/自分]:[↴]自分の「千石 撫子」1枚は、ターン終了時に活動状態になる。
(人生の言うことは絶対。)

偽物語で登場した色を持ち、特徴を持たない千石 撫子
自分の千石 撫子妨害された時に手札千石 撫子1枚をサポートエリアに出す効果、ターン終了時自分千石 撫子1枚を活動状態に戻す使用型テキスト効果を持つ。

1つ目の効果は場に出す効果。
妨害されても千石 撫子サポートエリアに出せる。
強力な効果を持つ《千石 撫子(054)》などを出せれば効果的。
このカード単体ではメインエリアに移せないので、移す場合はほかのカードが必要になる。

2つ目の効果は活動状態に戻す効果。
ターン終了時に発動するので、次のターンに妨害に回せるようになる。
DP50の千石 撫子を選択すれば効果的。

カードイラストは第2話「カレンビー 其ノ貳」のワンシーン。フレーバーはその時の撫子のセリフ。

収録