《戦場ヶ原 ひたぎ(350)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《戦場ヶ原 ひたぎ(350)》

キャラクターカード
使用コスト4/発生コスト2/青/AP40/DP30
このカードは、自分の「阿良々木 暦」がいる場合、+10/+10を得る。
[メイン/自分]:[0]「戦場ヶ原 ひたぎ」1枚を指定する。このターン、そのキャラのアプローチで相手のキャラが退場した場合、カードを3枚引く。その後、手札2枚を任意の順番でデッキの下に移す。
(知らなかった? 私はあなたのことを愛しているのよ、阿良々木くん。)

偽物語で登場した色・特徴を持たない戦場ヶ原 ひたぎ
自分阿良々木 暦がいる時にAPDPが10上昇する効果、戦場ヶ原 ひたぎ1枚を指定し、そのキャラのアプローチ相手キャラが退場した時にデッキからカードを3枚引き手札2枚を任意の順番でデッキの下に戻す使用型テキスト効果を持つ。

1つ目の効果は誘発強化
阿良々木 暦がいれば実質AP50・DP40のキャラになる。
AP・DPが高くなるため、2つ目の効果とも相性がいい。

2つ目の効果はドロー効果。
相手キャラを退場させれば3枚ドローできる。手札2枚を戻すため、実質3:2の手札交換となる。
任意の順番で戻せるので、デッキ操作が可能。
ただし、相手が指定した戦場ヶ原 ひたぎ妨害してくれなければ意味がないので注意。
もちろんこのカードだけで発動可能。

成功すれば脅威の3枚ドローが可能なので、<戦場ヶ原 ひたぎ>なら採用する価値があるだろう。

カードイラストは描き下ろし。フレーバーは第1話「カレンビー 其ノ壹」でのひたぎのセリフ。

関連項目


収録