カード名を変更

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名を変更

効果によって、本来のカード名とは異なる名称に変化するルール効果。
テキストでは、次のように書かれている。
「○○○」として(しても)扱う。

カード名を変更する効果は、大きく『「○○○」として扱う』と『「○○○」としても扱う』の2種類に分かれる。

『「○○○」として扱う』の場合、元々のカード名としては扱われなくなる。
元々のキャラのサポートを受けられなくなるが、サポートの多いキャラのカード名に変更できれば強力である。
全く別のカード名に変化するといっても過言でもない。

『「○○○」としても扱う』の場合は、どちらの名前としても扱うことになる。
元々のキャラのサポートも問題なく使えるため、サポート範囲は広い。
コンビカードはこの効果を持っているといえる。

どちらにしてもカード名が変わるため、カード名を参照する効果と相性がいい。
ただしそれを逆手に取った《誤植》等も存在するので注意。
また、「ゲーム中」と書かれている場合は、場だけでなく手札デッキ捨て札置き場ポイント置き場除外ゾーンでも永続的に発動する。

FAQ

Q.この効果は、手札ポイント置き場デッキ内、捨て札置き場でも発動しますか?
A.いいえ、カード名を変更する効果が適用されるのはに出ているときのみとなります。
 ただし、「ゲーム中」と書かれている場合は発動します。

Q.元々のカード名が「A」のキャラに対して、「このカードの名称はカード名「B」として扱う」、「このカードの名称はカード名「C」としても扱う」という2つの効果が働いている場合、そのカードのカード名はどうなりますか?
A.カード名は「B」と「C」になります。

Q.別々のカード名を指定する「このカードの名称はカード名「○○」として扱う」効果が1枚のキャラに複数働いている場合、そのカードのカード名はどうなりますか?
A.元々のカード名としては扱わず、それぞれの効果で指定されたカード名がすべてそのカードのカード名になります。

この効果を持つカード

○○○として扱う

元々のカード名 ○○○
《平沢 憂(206)》 平沢 唯
《平沢 憂(468)》
《真庭 蝙蝠(065)》 不定
《来栖 加奈子(052)》 メルル
《赤星 める(062)》

○○○としても扱う

元々のカード名 ○○○
ブラック羽川 羽川 翼
ことりちゃん 小鳥遊 宗太
小鳥遊 ぷにゅる 近衛 スバル
キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード 忍野 忍
《偽イカ娘(079)》 常田 鮎美
《イカ娘のかぶりもの》 イカ娘
《来栖 加奈子(057)》 メルル
《逢沢 夏海(020)》 環 凛子
《水越 紗季(042)》 花木 優香
《水越 紗季(043)》
《花木 優香(065)》 水越 紗季
《環 凛子(085)》 逢沢 夏海
《稲葉 姫子(031)》 永瀬 伊織
《桐山 唯(075)》 青木 義文
《月読 鎖々美(018)》 邪神 たま
《月読 鎖々美(020)》
《べべ(440)》 百江 なぎさ

カード名を変更する

カード名 対象 変更後のカード名
《誤植》 相手キャラ 何良々木さん
《九条 カレン(088)》 相手キャラ アヤヤ
《人格入れ替わり》 『ココロコネクト』キャラ 同名カード

関連項目