<平沢 唯>

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<平沢 唯>

平沢 唯をメインとするビートダウン型デッキ。
主人公ゆえに種類も多く、サポートも非常に充実しているためキャラ単独では一番作りやすい。
キーカードは色のカードが多いため、色によるコスト事故も少ない。

序盤は《平沢 唯(004)》《ギー太》とのコンボでアドバンテージを稼ぎ、天然を持つ各カードで相手を追い詰め、《平沢 唯(011)》などでとどめを刺すのが基本戦術。

《平沢 唯(004)》
キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/赤/AP20/DP20
【制服】
このカードに「ギー太」がセットされた場合、カードを1枚引く。
(いったい何をすればいいんだろう。)

《ギー太》
サポートカード
使用コスト0/発生コスト2/赤
このカードは「平沢 唯」にのみセットできる。
このカードがセットされているキャラは、【音楽】、+10/±0を得る。
(寒くてギー太持てないよ~。)

《平沢 唯(011)》
キャラクターカード
使用コスト4/発生コスト1/赤/AP40/DP30
【音楽】
〔天然(2)〕
カードのアプローチでポイント置き場に置かれるカードは裏向きの状態で置かれる。
(絶対大丈夫だよ、がんばろう!)

《平沢 唯(322)》
キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/赤/AP20/DP20
【制服】/【ドリル】
〔天然2〕
[メイン/自分]:[2]相手のキャラ2枚は、ターン終了時まで使用コスト-2を得る。
(電動ねじ回し、バァンバァン! はい、二人は死にました。)

デッキの構築

キャラクターカード

強力なアタッカー。イベントカードを使うごとにAPDPが10上がる。
ドロー加速カード。《ギー太》をセットすることで1枚のアドバンテージ。
主力アタッカー。APDPともに40と高いため非常に安定する。
天然中心なら切り札。自身の効果によりほぼ確実にポイントを与えられる。
AP・DPが30と高め。実質バニラだが、《平沢 憂(010)》で2コスト展開でき、特徴も粒ぞろい。
APは20と低いが、アプローチのたびに手札を削る効果を持つ。
奇襲カード。制限はあるものの、相手の意表をつける。
APは10と低いが、天然を持つためポイントを与えるのは期待できる。
コスト2以下の相手キャラを休息状態にする効果を持つ。
このデッキの切り札。《平沢 唯(001)》よりDPが低いが、それを上回る強力な効果を持つ。
場に他の唯が居れば居るほどAP・DPが上昇する。ただしAP・DP40が限界。
デッキパワーの底上げに。《衣装選び》とうまく絡めよう。

唯専用のサーチカード。サーチ範囲もデッキの上10枚と広い。
平沢 唯の登場コストを1減らす効果を持つ。すでにいる場合無効になるので注意。
捨て札置き場平沢 唯1枚を回収できる。コスト0で発動可能。
平沢 唯1枚を強化できる。コスト0かつ登場直後から効果を発動できる。
場に唯がいなければ唯として扱う特殊なカード。《衣装選び》とのコンボで切り札を呼び出せる。
唯を活動状態に戻してくれる。アプローチした唯で次のターンの妨害に参加可能。

イベントカードサポートカード

必須カード。平沢 唯のAPを10上昇させる。
天然を与える。天然をメインとするなら必須。
《ドジッ娘》+《平沢 憂(099)》の効果を持つ。《ギー太》がセットされている必要がある。
ドロー加速とAP・DP強化を同時に行える。コスト0で発動可能。
相手キャラを休息状態にする。天然で突破できないファッティに対して有効。
天然を与えるがAP・DPが10減少する。《ドジっ娘》と異なり永続。

派生デッキ

<仲良し姉妹>

《仲良し姉妹》をメインとするデッキ。

<ゆいみお>

秋山 澪のドロー加速を合わせたデッキ。

<ゆいあず>

中野 梓のコンバットトリックを合わせたデッキ

弱点

天然に頼る構成の場合、《痛恨のひと言》で止まってしまう。
また、APを強化するものがほとんどなため守りが手薄になりがち。

関連項目