《八九寺 真宵(455)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《八九寺 真宵(455)》

キャラクターカード(メモリーズカード【ミックス】)
使用コスト4/発生コスト2/黄/AP40/DP30
このカードが手札にある状態で、イベントカードがプレイされた場合、手札にあるこのカードを場に出すことができる。
この効果で場に出た場合、自分のキャラ1枚は、ターン終了時まで退場しない。または、自分のキャラ1枚を活動状態にすることができる。
(ねえ、阿良々木くん、私達って、どこかで会ったこと、あるかな。)

物語シリーズ セカンドシーズンで登場した色を持ち、特徴を持たない八九寺 真宵
イベントカードプレイされた時に手札から場に出すことが出来る効果、この効果で場に出た際に自分キャラ1枚を退場しなくする効果か、活動状態にする効果を持つ。
イベントカードを発動すれば場に出すことができる。
場に出た時の効果はアプローチ妨害どちらでも非常に有用。
自分ターンなら不意のパンプに対応できる他、休息状態のキャラを活動状態にしてアプローチに参加させる事も可能。
休息状態になるといったデメリットも一切ないため、このカードも即差に追撃可能である点も強力。
また、相手ターン中であれば妨害要員を増やす事が可能。

ただし、あくまで場に出せるのは「イベントがプレイされた場合」な点には注意。
相手がイベントカードを使わなかった場合、自分が発動しなければ出すことはできない。
確実に効果を使用する為にも必ずイベントカードを発動できるようにしておこう。

あまりにも凶悪すぎるフィニッシャー性能が問題となったため、2015/06/26よりミックスではメモリーズカードに指定された。
類似カードである《ハナ・N・フォンテーンスタンド(P004)》も同時に規制された。

カードイラストは描き下ろし。フレーバーは第8話「まよいキョンシー 其ノ參」での真宵のセリフ。

関連項目


収録