探偵村ルール

探偵村ルール


【具体的なルール】

GMは夜のうちに探偵役を共有者のなかからどちらか1人を無作為に選び、初日の夜に発表します
(よって初日夜に狼はGMが探偵を発表するまで噛みを実行しないでください)。
村は探偵を中心に人外を見つけていきます。以下に、基本ルールとの違う点を説明していきます。


【重要】※絶対に守ってください

  • 参加者は探偵を吊り対象に選んではいけません。
  • 人狼は探偵を噛み対象に選んではいけません。
  • つまり探偵は最後まで死なずにゲームに参加します。
  • 参加者は遺言を残してはいけません。


【探偵の仕事】

  • コメントは基本的にすべて大文字(どうしても長文発言がしたい場合、特例で小文字も可)
  • 極力無駄な事は言わない(状況把握発言:「占い3か」「死体ないね」等)このへんは本人の尺度で考えても良い)
  • 探偵は全力で推理して、それを発表しなければならない。
  • そして毎日『必ず』怪しい人を吊り指定しなければならない (指定が間に合わなかったらその日は探偵に投票してください)
  • 探偵は一度だけ吊り指定ではなくラン指示を促す事が出来ます(回数さえ守ればグレラン・指定ラン何でもOK)


【探偵の仕事(投票の指定)】

  • 吊り指定先が対抗COする可能性があるので吊り指定はお早めに。
  • 昼の間は指定変更は何度でも可。1番最後に指定したところに投票とします。
  • よって、大体残り4分前に一度指定しておくとGMも村人も安心します。
  • どんなに遅くても残り時間1分30秒前ぐらいにするのが吉。
  • もちろん作戦としてギリギリまで指定しないのもOKです。
  • 吊り指定は明確にお願いします。時間ギリギリに指定する場合でも誰にでも分かるような指定でお願いします。
  • 時間内に指定出来なかった場合は探偵が吊られて村側が不利になります、気をつけましょう。


【探偵以外が注意する事】

  • 探偵の発言が分かりやすいように、出来る限り大文字発言は使わないでください。
  (どうしても皆にはっきり伝えたい事がある場合は使っても構いませんが、乱用は控えてください)
  • ただし能力COは大文字を使っても構いません。また能力者COに関しては、普通ルールと同様、村人騙り以外制限を設けていません。
  • 探偵の相方を詮索してはいけません。それに対して探偵は答える必要はありません。
  (「相方は~~さんですか」と聞くのはNG,「相方は生きてますか」と聞くのはOKです)


【投票に関して】

  • 探偵を含めての村サイドの人(村人、占い師、霊能者、狩人、もう一人の共有者)は
  探偵が吊り指定した人に、必ず投票しなければならない。ただし、吊り指定された村サイドの人は探偵以外に自由に投票できます。
  (基本的に誤投票でも指定先以外が吊れない限りはGMからの警告等はありません、あまりにもひどい場合は・・・)
   (昼時間内で指定先以外の投票先宣言後に宣言した名前の人に投票した場合、突然死処理となります)
  • 人外サイド(人狼、狂人、妖狐)は吊り指定に関係なく(探偵以外に)自由に投票しても構いません。
  しかしそれは人外COと同じである。何が言いたいかというと 『PPは可能』 です。
  • 当村では霊界視点で詰み確定の状況でも早噛み指示を行いません。狼視点で確実に詰んだと判断したなら、早噛みをしても構いません。
  (ただしGJが出たり狐噛みがあっても、もちろんGMは何も言いません)


【特殊な投票(PP,引き分け)】

  • PP可能な場合でも、探偵に投票する事は出来ません。ただし明らかに探偵と狼狂の場合のみ、探偵に投票をしても構いません。
  • また村2、狼1、狐1が明らかな状況においては探偵は村人に引き分け指示を出しても構いません。
  その場合、探偵は村人それぞれの投票先を明確に指示してください。


【相方(もう一人の共有者)】

  • 基本的に自由です。初日にCOしても潜伏してトラップを狙っても構いません。
  • 相方が能力者騙りをする事も可能です。
  • ただし共有CO前に相方が死んだときは、その日のうちに探偵は皆に伝えてください。(※要注意※)
  • 相方死亡COは、その日の投票指定前までに行ってください。
  • また探偵が別の人物を相方だと詐称することは禁止です。


【その他注意点】

  • 村人は昼の間に指定先に投票しても、探偵が指定を変更する可能性もありますのでご注意ください。
  (早めに投票しても構いませんが、あくまで自己責任です)
  • 村側でありながら間違って投票したら弁解は各自でおこなってください。GMは何も言いません。
  • もし探偵が昼間において投票先を変更する意思がない場合、沈黙を促しても構いません。もちろん自己責任です。
  • 探偵が占い先や護衛先を指定しても構いません。それに対して占い師や狩人(騙り含む)は従う必要はありません。
  しかしその際は探偵の信頼を失う覚悟をしてください。
  • 夜の能力実行時間における早噛みは禁止はしていませんが、推奨はしていません。ただし、初日夜の早噛みは厳禁です。


【探偵が死亡した時】

  • 万が一、投票指定が間に合わなかったり、回線事故等の様々な理由により探偵が死亡した場合、
  相方(もう一人の共有者)を探偵として試合を続行します。
  • また、相方が既に死亡している場合や突然死した場合は、それ以降は通常のルールで試合を続行します。
  • もし狼が誤って探偵をかんだ場合も、上記のとおりにプレイを続行します。
  ただしペナルティとして狼を一匹ランダムで突然死させます。
  • もし指定ミス以外で探偵を誤って吊ってしまった場合も上記の通りにプレイを続行します。
  ただし投票した人はペナルティとして、夜の間にその半数(端数切り上げ)を突然死させます。