中華パッド(旧)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

注意点
ここにあるものは大体情報が古いです。
2012年10月現在、やっすい中華PADでも感圧式はほぼ姿を消しています。
また積まれるCPUは主流がデュアルコアのCortexA9であり、
クアッドコアだとかiPadのRetina液晶を積んだものも結構出てきています。
ちょっと昔はこんなだったというのを見てください。

CPUでまとめてみました。編集歓迎

Cortex A9

Cortex A8

一般的に売られているスマホ等に採用されているA8チップ搭載型。
Android2.2/Flash Player対応。このクラスになるとそこそこ快適に使えるレベル。2~3万クラス。

InfoTM X220

ARM11(ARMv6)チップ。

Rockchip RK**** (RK2808/RK2818)

1万~1.5万クラス。

Telechips TCC**** (TCC8902)

1万~1.5万クラス。Rockchipよりベンチが良い。
  • E7002 (2.1/TCC8092/256MB/7inch)
  • Dawa D7 (2.1/TCC8092/256MB/7inch)
  • HSG X5A (2.1/TCC8092/256MB/7inch)
  • OPad (2.1/TCC8092/256MB/7inch)
  • M1001 (2.1/TCC8092/256MB/10inch)

VIA VT**** (VT8505)

1万以下クラス。おもちゃlv

不明


その他いろいろ

ソフトウェア



投票所



小ネタ・注意



スペックが知りたい

動画

ファーム・カスタムファーム

コメント


  • ページを別に分けました - 2012-11-24 23:29:44

随時情報募集中