基礎編Ⅳ【製作環境】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




コメントアートの制作者は自らコメントアートを
制作しやすい環境を整えています。
例えばコメントアートを保存する「テキストエディタ」。
そして自分専用の「テスト動画」などです。

自分でやりやすい環境を整えることが出来れば
コメントアート制作の効率もずっと高めることが出来るでしょう。

このページではそのような、制作環境の整備について紹介いたします。

◎目次




①CAノートに使用されるテキストエディタ等


コメントアートを制作するにあたり、
まず必要なのが テキストエディタの選択 です。

コメントのひな形を作ったり、
作ったコメントアートを保存したりする媒体。
これを 「CAノート」 と呼んでいます。

最も手軽かつメジャーなものは 「メモ帳」 でしょう。
動作が軽く扱いやすいです。

CAノートとして使用するにはメモ帳で十分 事足りますが、
その他にもさまざまなソフトウェアがCAノート
として利用されています。

以下にその一部を紹介します。

EmEditor


文字ごとに色分け出来る ため、空白文字の管理がしやすい。

(使用例)
http://www37.atwiki.jp/commentart?cmd=upload&act=open&pageid=34&file=CA%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%881.png
(赤:「U+00A0」、水色:「U+3000」、緑:「U+2001」)


Microsoft Word

画像を背景に置くことが出来るため、トレースするのに適している。


Microsoft Excel

シートごとの管理がしやすい。
ブロック文字を使用する絵画系コメントアートの制作に便利。

(使用例)
http://www37.atwiki.jp/commentart?cmd=upload&act=open&pageid=34&file=CA%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%882.PNG


Photoshop
Illustrator

画像編集ソフトウェアではレイヤーごとの編集が出来るので、
重ね合わせを多用した絵画系コメントアートを制作する際に便利。


CAノートは自分の使いやすいものを
選択するとよいでしょう。


②自分専用のテスト動画を作ろう


コメントアートを作ったら本番の前に必ずテスト投稿を行いましょう。


ただテストを行うだけならば、上の動画のようなコマンドテスト動画でも
差し支えありませんが、 自分専用のテスト動画 を持つとコメント欄全てを
自分だけが使うことが出来るので、作業効率を高めることが出来ます。

最も簡単なテスト動画のアップロード方法は
「ニコニコムービーメーカー」を利用する方法です。

(ex)10分の無音黒背景動画をアップロードする方法

・「ニコニコムービーメーカー(以下NMM)」のダウンロード
 ⇒http://www5.ssw.co.jp/nmm/
 案内に従ってDLしてください。

・「ペイント」などで512:384の黒背景画像(.bmp)を作る

・512:384の黒背景画像をNMMにドラッグ&ドロップ

・画像の長さを10分まで伸ばす
 →10分の手前ギリギリまで伸ばす。

・サムネイル設定後、アップロードボタンを押す
 →非公開にすると自分専用の動画にすることが出来ます。

これで完了です。所要時間10分ほどで出来ます。
これは最も簡単な方法となりますので、慣れてきたら
自分の使いやすいテスト動画を作っていくといいでしょう。










ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。