Tor Lundvall


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Dais Records

Tor Lundvallは、アメリカのニュージャージー州出身のミュージシャンおよび画家。1968年生まれ。
彼の最古の「音の記憶」は、裏庭で鳴っていた芝刈り機の音だと語っている。
13才でシンセサイザー"Sequential Circuits Pro One"を入手し、実験的な音楽に駆り立てられた。
1991年、芸術学校を卒業する。そこでは絵画を学び、音楽作品のアートワークも自身でこなす。彼の作品は公式サイトで鑑賞することができる。
その後ニューヨークで展覧会を催したり、Sol Invictusというバンドのアートワークを手がけ、注目を浴びた。
1997年、第一作"Passing Through Alone"を自身のレーベルEternal Autumn Editionsよりリリースした。このレーベルの販売代理店はWorld Serpentだったが、こちらは2004年に消滅している。
1998年、先述したアートワークを担当したバンドSol InvictusのメンバーであるTony Wakefordとの合作"Autumn Calls"を発売した。
1999年から2003年まで、"Ice"、"The Mist"、"Under The Shadows Of Trees"といったアルバムを2年ごとにリリースした。ちなみにこれら三作は季節をテーマにした作品群であり、それぞれリリース順に冬、春、夏が主題である。
2004年より、これまでリリースしてきたレーベルEternal Autumn Editionsの販売代理店の消滅により、レーベルをStrange Fortuneにスイッチ。
そのStrange Fortuneからの第一作"Last Light"のファーストエディション(955部)はナンバリングがなされている。またレーベル公式サイトで先着100部までに購入すると、Lundvallのサインがついてきた。
2005年にリリースされた"Empty City"にもファーストエディションにはナンバリングが施されている。
翌2006年には"Yule"を発売した。こちらは333部までナンバリングがあり、100部までにサインがある。1から9曲目までは2004年の11月と12月に制作されたものだが、10曲目だけは1998年1月24日の夜に録音されたものである。この曲だけで20分ある。
2009年には、Dais RecordsよりVinylで"Sleeping And Hiding"をリリースした。

Sample(Grey Sunday)


Links

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+ 数字/記号
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z


  • レーベル
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析