Jon Hopkins


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Just Music

Jon Hopkinsは、イギリス出身のミュージシャン。
イギリスの王立音楽学校で音楽(主にピアノ)を学ぶ。
卒業後、Imogen Heapのツアーに同行する。その後、ロンドンにあるレーベルJust Musicと契約を交わす。このとき19才。
2001年、1stアルバム"Opalescent"をリリース。
2004年には2ndアルバム"Contact Note"を発売した。この作品の出来は、巨匠ブライアン・イーノを「とても才能のあるミュージシャン」と言わしめるものだった。
それも関係してか、2005年にリリースされたイーノの作品"Another Day on Earth"にはキーボード演奏者として参加している。ちなみに使用したのはKORGのTritonシリーズのものらしい。
2006年、De-Fence Recordsが展開するコラボレーションシリーズ"10x10"の第二作目として作品をリリースした。コラボレーション相手はReuben Taylor。
2008年、"The Fourth State"をリリースした。この作品には一曲のみの構成だが、その曲の収録時間は30分を越えるものである。
また、この年リリースされたColdplayの"Viva La Vida Or Death And All His Friends"(2008)にイーノとともにサブプロデューサーとして参加している。
翌2009年、アルバム"Insides"をリリースした。CD媒体とMPEG-4媒体の2バージョンがある。
また先述のColdplayのツアーでオープニングアクトとして来日し、埼玉と神戸でその腕を披露している。

Sample(A Drifting Upが使用されているショートフィルム)


Links

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+ 数字/記号
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z


  • レーベル
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析