The Future Sound Of London


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Virgin
The Future Sound of London(ザ・フューチャーサウンドオブロンドン)は、Garry CobainとBrian Dougansにより1988年に結成されたプロジェクト。FSOLと略されるのが一般的。
マンチェスターにある大学で電子工学を学んでいたギャリーとブライアンは、1985年に出会った。その頃既にブライアンはエレクトロニックミュージックを制作しており、1988年にはHumanoidという名義でシングルをリリースしている。Stakkerとは、ビデオアーティストのコリンスコットとマークマックリーンによるプロジェクト。今作でのアートワークと映像を担当している。
翌年にもHumanoid名義でアルバムGlobalをリリースした。このアルバムに、ギャリーはボーカルとして参加している。

デビュー、そして商業的な成功

1991年、FSOLとしての1stアルバムAcceleratorをリリース。Papua New Guineaを筆頭に各地で賞賛を浴び、1992年と1996年には再リリースが行われた。
翌年、電子音楽の才能を探していたバージンレコードの目にPapua New Guineaが留まり、即座に契約となった。この頃、KissFMで3時間に及ぶラジオショーを披露した。
1993年、Cascadeをリリース。およそ40分に亘るシングルだが、英国チャートのTop30に入り、彼らの人気の上昇を伺わせた。
翌年、アルバムitalic(){Lifeforms}をリリース。ヒット曲である先述のCascadeやアルバムタイトルにもなったLifeformsが収録されていることも好要因となり、英国アルバムチャートでTop10に入った。
翌年、ISDNをリリース。実験的なユニットで知られるFSOLの中でもこの作品は極めて実験的かつ先駆的で、ラジオ局で行われたISDN放送のライブ音源を編集した阿bるバムである。
トラック1、4、6、11、13はVPROからオランダに配信されたもの、9、14、15はBBCのRadio1からヨーロッパに配信されたもの、3、7、8、10はThe Kitchenでのライブのものがそれぞれ用いられている。
1996年、Dead Citiesをリリース。このアルバムはRun-DMCやマックスリヒターら、多くの人物とコラボレーションしている。今作に収録されているWe Have Explosiveが、1997年のモータルコンバット映画版に使用された。

4年間の活動中断後

ギャリーが歯の詰め物からくる水銀中毒を発症し、しばらく活動を中断する。2002年、Amorphous Androgynousの名義でThe Isnessがリリースされ、活動再開。
ギャリーとブライアン、別々ではあるが二人ともインドに旅行しており、以降、そこでのスピリチュアルな影響が多く見て取れるようになる。
2005年より彼らのライブもISDN回線を離れ、一般的なパフォーマンスを行うようになった。
2006年、Kinetica Museumにて3D音響技術を用いた展示を行う。その時の模様がYouTubeにある。また2007年には、このときに用いられた音源集A Gigantic Globular Burst Of Antistaticをリリースした。
この頃よりデバイスを自作し始め、Polemical名義のHand-Made Devicesで結晶させた。
2008年、二年前より温存してきたDJMixの音源集Monstrous Psychedelic Bubble Exploding In Your Mindシリーズがリリースされる。Oasisのノエル・ギャラガーがこれを聴いて気に入り、Falling Downのリミックスを依頼した。このお返しかどうかは定かではないが、ウェンブリースタジアムで行われたOasisのライブのアフターパーティーにギャリーが招かれ、DJを披露した。

他の名義

他名義で活動するミュージシャンやユニットは他にもいるが、特にFSOLはその数が多い。面倒なのでdiscogsからコピペすると、一覧はこのようになる。
Aircut, Amorphous Androgynous, Art Science Technology, Candese, Dope Module, Far-Out Son Of Lung, Heads Of Agreement, Homeboy, Indo Tribe, Intelligent Communication, Luco, Mental Cube, Metropolis, Semi Real, Semtex, Smart Systems, Yage, Yunie
これに加えてメンバーの二人がそれぞれ別名義を用いたりしているので、もうしっちゃかめっちゃかである。

Sample(Papua New Guinea)


Links

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+ 数字/記号
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z


  • レーベル
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析