Boy Is Fiction


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オーストラリア出身

Boy Is Fictionは、オーストラリアのメルボルン出身であるAlex Gillettによるプロジェクト。
10代の頃ギターを購入して、しばしばレコーディングスタジオを訪れていた。そこで幸運なことに先達と出会い、様々な影響を受けた。
その後インダストリアルバンドに所属し、活動を通じて有機的な音とデジタル的な音の融合に魅入られる。バンド活動だけでなく、友人からマルチトラックレコーダーを借り、個人的な創作も行った。
先述のインダストリアルバンドの持つ音と、自分の求めている音の間に齟齬を感じ始めていたとき、グラフィックデザインのために購入したMacが転機をもたらした。彼はそれを用い、コンピューターミュージックの制作に取りかかった。更に両親から誕生日を記念してキーボードがプレゼントされ、創作の幅がますます広がっていった。
アルバムを制作したいと考えていたが、一人でやりきるということに圧倒され、中々取りかかれずに苦悩していた。しかしあるライブでであったミュージシャンに相談のメールを送ったところ、非常に有益なアドバイスをもらえ、完成に至った。制作期間に3年を要したが、この期間で大きく成長したとも語っている。
2007年、List RecordsよりセルフタイトルアルバムBoy is Fictionをリリース。レーベルの初作品でもあったが、以降このレーベルからはリリースがない。そのためか、このアルバムは2年後の2009年に、Sun Sea Sky Productionsから再リリースされている。
2010年、1stアルバムの再リリース元であるSun Sea Sky Productionsより2ndアルバムBroadcasts In Colourをリリースした。マスタリングはtwerkの名義でも知られるShawn Hatfieldが担当した。

Sample(Bif Vs 307)


Links

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+数字/記号
+A-E
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
+F-J
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
+K-O
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
+P-T
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
+U-Z
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z



  • レーベル
+A-E
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
+F-J
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
+K-O
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
+P-T
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
+U-Z
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析