封印の遺跡


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

序盤の山となるダンジョン。
ガガーーガガ元・ラッパーなど、今後ルーツ氏に長くネタとして使われることになる敵キャラクターが登場。
他のダンジョンに比べ登場する敵キャラのバリエーションは豊富である……ような気がする(目算)
デーモン♂酔ったハゲ265%など珍妙なネーミングはここでも数に暇が無い。
ミラー大尉の初陣の舞台でもある。

1~2程度のダメージしか与えてこなかったウォス洞窟のモンスターと比べれば、こちらのモンスターは格段に攻撃力が高く、魔法を使うなど戦略の幅も広い。
これによって戦闘がゲームらしくなってきたものの、同時に今まで敵の弱さで相殺されてきたin those days!のエンカウント率の異常な高さがここに来て浮き彫りになり、以後Part15に至るまでルーツ氏を苦しめることとなる。

このダンジョンから敵に耐性がついている。弱点、半減などは厄介だが、逆に弱点もあるので知っておくと攻略が楽になる。
弱点については下記の出現モンスター(ザコ)を参照のこと。
このダンジョンにおいては、序盤では破格の(というより明らかな設定ミスである)HP500を誇る無敵要塞ローション上田、及び対抗不可のマヒ攻撃を仕掛ける元・ラッパーが強敵。
特に前者は一匹一匹の耐久力が尋常では無い上、当たり前のように四体同時に出現するという鬼のような仕様を持つ。

ちなみにこのダンジョンの構造、宝箱の配置などは某RPGの封印の洞窟というダンジョンとまったく同じである。
動画内でルーツ氏は「パクリです。」と公に認めており、このダンジョンを作った頃の自分に対して「もうちょっと考えろ」と文句を言っている。

フロア構成

  • 地下1階~地下5階

出現モンスター(ザコ)


出現モンスター(ボス)


アイテム

  • 皮のむねあて(地下1階)
  • いい薬草(地下1階)
  • ダンダライム(地下2階)
  • ドラッグ・A(地下2階)
  • 赤い石(地下2階)

part4まで更新
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。