@ウィキモバイル > PC版はこちら
@wiki検索

MusiKi:テクノ・エレクトロニカWiki

トップ | メニュー | ページ一覧 | タグ一覧 | ウィキ内検索
▼下へ[8]

Safety Scissors


Force Tracks ~scape

Safety Scissorsは、アメリカのミネアポリス出身であるMatthew Patterson Curryによるソロプロジェクト。
アートスクールへ通うためにサンフランシスコへ引っ越した後、音楽への関心を深める。
その後SutekhやKit Clayton、Twerkと出会い、テクノシーンに身を置くこととなる。
1999年、初作品"Rubber Stamp"を、Sutekhの運営するレーベルContextよりリリースした。
2000年にはベルリンへと移住。その地を拠点とするレーベルForce Tracks(Force Inc. Music Worksのサブレーベル)から2つの12インチ作品を発売した。
またこの年にはSutekhとともにMoronというユニットを結成し、"(Neo)Moronics Volume VII"をリリースしている。
翌2001年、Proptronixレーベルを設立。レーベルの初作品として、SutekhとKit Claytonと共にスタートさせたプロジェクト、Pigeon Funkの作品を発売した。
同年7月に1stアルバム"Parts Water"をリリース。レーベル設立と、初めてのフルレングスアルバムリリースといった出来事がある、めでたい年となった。
2003年末、再びサンフランシスコへと移住する。
2004年、Sketch Showの楽曲"Night Talker"のリミックスを担当した。
1stアルバムから4年、2005年に待望の2ndアルバム"Tainted Lunch"がリリースされた。前作と同様、自身がアートワークを飾っている。

Sample(Umatic)


Links

My Space

上へ[2]


トップページ
ページ一覧
ウィキ内検索
ホットワード
タグ一覧
ページの先頭へ[2]
ページの下へ[8]
友達に教える
PC版はこちら








関連語句: Talk 年末 ソロプロジェクト

PCで@ウィキに新規登録


直前のページはの戻るボタンで


@ウィキモバイル [0]