トレヴァー・マロリー大将の英文Wikipedia記事翻訳

↑ページ名、「マロリー」じゃなくて素で間違って「マロニー」にしちゃったけど、ページ名の修正権限が無いので、スルーの方向でよろしくお願いします....orz

管理人です修正しました

たびたび心苦しいのですが、「トレヴァー・マロリー」じゃなくて「トラッフォード・マロリー」なんです…。できれば修正をお願いします…。

目次

3話で登場した空軍大将は、ダウディング大将がモデルという解説でしたが、第9話で名前がトレヴァー・マロニーであることが明らかに。本作では黒幕っぽい彼ですが、モデルとなった実在のマロリー空軍大将のことを詳しく解説する日本語記事はあまりありません。

そこで、英語版Wikipediaでのトラッフォード・マロリー大将の記事をこのページでは翻訳します。

このページは常に有志の翻訳を募集中です。翻訳の修正はお気軽にどうぞ
※当ページ作成当時(2008年8月)のWikipediaの文章を訳しています。その為、Wikipediaのページが更新され当ページの文章と異なるものになっている可能性もあります。

Trafford Leigh-Mallory

Air Chief Marshal Sir Trafford Leigh Leigh-Mallory KCB, DSO & Bar (11 July 1892 14 November 1944) was a senior commander in the Royal Air Force. Leigh-Mallory[1] was killed during the Second World War and was one of the most senior British officers to be killed in the war.


空軍大将 Sir Trafford Leigh Leigh-Mallory(サー・トラッフォード・リー・リー=マロリー(リー=マロリーという二重姓)) KCB(バス勲爵士),DSO&Bar (線章付殊勲賞)(訳注:正確な訳語が調べられず)(1892年7月11日-1944年11月14日)は、英国空軍の上級指揮官である。Leigh-Malloryは第2次大戦中に死亡した中で最も高位の士官のひとりだった。

Early life (幼少期)


Trafford Leigh-Mallory was born in Mobberley, Cheshire, the son of Herbert Leigh Mallory, rector of Mobberly. He was the younger brother of George Leigh Mallory, the noted mountaineer. He was educated at Haileybury and at Magdalene College, Cambridge where he was a member of a literary club. Here he met Arthur Tedder, the future Marshal of the Royal Air Force. He passed his Bachelor of Law degree and had applied to the Inner Temple in London to become a barrister when, in 1914, war broke out.


トラッフォード・リー=マロリーは、チェシャー州モバリーの教区牧師であるハーバート・リー=マロリーの息子として生まれた。彼は登山家のジョージ・リー=マロリーの弟でもある。彼はハイリーベリ・パブリックスクールとケンブリッジ大学モードリン学寮を卒業した。また、文学サークルの部員であった。彼は大学で、後に空軍元帥となるアーサー・テッダーと知り合った。彼は1914年、第一次世界大戦の開戦のころ、法学部の学士を取り、法廷弁護士となるためにロンドンのイナーテンプル法曹学院へと進学した。

(訳注:英国にあるHaileybury Collegeはパブリックスクールのようです、ココを参考にしました)

First World War (第一次世界大戦)


Leigh-Mallory immediately volunteered to join a Territorial Army battalion of the King's (Liverpool Regiment) as a private. He was soon commissioned and transferred to the Lancashire Fusiliers though officer training kept him in England when his battalion embarked. In the spring of 1915, he went to the front with the South Lancashire Regiment and was wounded during an attack at the Second Battle of Ypres. Back in England, he married Doris Sawyer, with whom he had two children.

After recovering from his wounds, he joined the Royal Flying Corps in January 1916 and was accepted for pilot training. In July 1916, he was posted to No. 7 Squadron, where he flew bombing, reconnaissance and photographic missions during the Battle of the Somme. He was then transferred to No. 5 Squadron before returning to England for promotion to Major and assignment as a Squadron commander.

Leigh-Mallory's first combat command was No. 8 Squadron in November 1917. In the period after the Battle of Cambrai, No. 8 Squadron was involved in Army cooperation, directing tanks and artillery. Leigh-Mallory was noted for his energy and efficiency, although his men thought him somewhat remote and pompous.

At the Armistice, he was mentioned in dispatches and awarded the Distinguished Service Order.

After the war, Leigh-Mallory thought of re-entering the legal profession, but with little prospect of a law career, he stayed in the recently created Royal Air Force (RAF), taking command of the Armistice Squadron. Subsequent promotions saw him pass through the RAF Staff College and command the School of Army Cooperation before eventually being posted to the Army Staff College, Camberley. He was now a leading authority on Army cooperation and in 1930, lectured at the Royal United Services Institute on air cooperation with mechanised forces.

A posting to the Air Ministry in 1932 saw Leigh-Mallory assigned to the British delegation at the Disarmament Conference in Geneva under the auspices of the League of Nations, where he made many contacts. After the collapse of the conference, he returned to the Air Ministry and attended the Imperial Defence College, the most senior of the staff colleges. However, lack of senior command experience meant a spell as commander of No. 2 Flying School before serving as a staff officer overseas. He was posted to the RAF in Iraq in Christmas 1935 and was present during the coup d'etat of 1936, during which he was responsible for base security and at one point had to put down a rebellion by bluff. In December 1937, Leigh-Mallory, now a Group Captain, returned to England to be appointed commander of No. 12 Group, Fighter Command.


開戦後すぐに、マロリー(訳注:面倒くさいのでマロリーにします)は国防義勇軍(リヴァプール連隊)へ志願し一等兵となった。彼はすぐに将校に任命されてランカシャー・フュージリア連隊へ異動し、将校としての教育を受けるためにイングランドに留まっていたが、その間に、連隊が大陸へ向かってしまった。1915年の春、彼は南ランカシャー連隊と共に前線へ向かい、第二次イープル会戦で攻撃中に負傷した。彼は本国へ後送されてドリス・ソーヤーと結婚し、二子を設けた。
負傷から回復した後、彼は1916年1月に王立飛行隊に入隊し、パイロットとしての訓練を受けた。同年6月に第七飛行中隊へ配属され、ソンムの会戦中は、爆撃、観測(訳注:reconnaissanceを偵察と訳すと写真撮影による偵察と被るので意訳)、偵察(写真偵察)に従事した。彼は少佐へ昇進して中隊指揮官となるために帰国する前、第五中隊へ異動となった。
マロリーの最初の指揮官としての戦闘任務は1917年11月、カンブレー会戦における第八中隊による戦車と砲兵への誘導任務であった。マロリーは彼の体力と能力で知られていたが、部下にはよそよそしく尊大な人物とも思われていた。
休戦によって、彼は空軍から退役するとともに、殊勲賞(Distinguished Service Order、略称DSO)を受賞した。
戦後、マロリーは法曹に復帰しようと考えたが、法曹としての将来性に不安を覚えたので、最近新設された英国空軍にとどまってArmistice Squadron(訳注:Armisice Squadronはパリ講和会議会場と英国間の人員及び郵便物の輸送部隊)の指揮を執った。
その後、空軍幹部学校で学び、陸軍直協について教え、最終的にキャンバーリーの陸軍幹部学校へ異動した。これによって彼は陸空直協の権威となり、1930年には英国王立統合防衛大学で機械化部隊と空軍の連携について教鞭をとった。
空軍省付となり、1932年に国際連盟の軍縮会議へイギリス代表としてジュネーブへ派遣され、多くの友人を得た。会議の決裂後、彼は空軍省に戻り、幹部学校の最上位である帝国防衛大学へ入学した。しかし、上級指揮官としての経験不足から、海外へ転出するまでは第二飛行学校の指揮官となるなど、不遇をかこった。1936年にRAFイラク派遣隊へ配属となり、1936年のクーデターを経験した。このとき彼は基地警備の責任者であり、反乱者を虚勢で追い払う羽目になった。1937年12月、マロリーは空軍大佐として本土へ戻り、戦闘機軍団(Fighter Command)第十二戦闘機群の司令となった。

The Battle of Britain (バトル・オブ・ブリテン)


In spite of his lack of fighter experience, Leigh-Mallory took command of 12 Group and proved an energetic organiser and leader. On 1 November 1938, he was promoted to Air Vice-Marshal, one of the younger AVMs then serving in the RAF. He was greatly liked by his staff, but his relations with his airfield station commanders was strained. It was said of him that he "never went for popularity but he always stuck up for his staff. He was madly ambitious but he never trimmed for the sake of ambition."


戦闘機乗りとしての経験は無かったものの、マロリーは第十二戦闘機群の指揮を執りエネルギッシュな統率者かつ指導者として頭角を現した。1938年11月1日、彼は空軍少将に昇進し当時のRAFの若手空軍少将の一人となった。彼は部下からは厚く慕われたが、基地の司令官達とは緊張した関係にあった。彼は「人気取りに走ることはなかったが、いつも部下のことを気にかけていた。極めて野心的だったが野心の実現のために日和見主義に陥ることはなかった。」と伝えられている。

12 Group and the "Big Wing" (第十二戦闘機群と "Big Wing")



During the Battle of Britain, Leigh-Mallory quarrelled with Air Vice-Marshal Keith Park, the commander of 11 Group. Park, who was responsible for the defence of south east England and London, complained that 12 Group was not doing enough to protect the airfields in the south-east. Leigh-Mallory, on the other hand, had devised with Acting Squadron Leader Douglas Bader a massed fighter formation known as the Big Wing - which they used, with little success, to hunt German bomber formations. Leigh-Mallory was critical of the tactics of Park and Sir Hugh Dowding, head of Fighter Command, believing that not enough was being done to allow wing-sized formations to operate successfully. He then worked energetically in political circles to bring about the downfall of Park.[2]

After the Battle of Britain, Air Chief Marshal Charles Portal, the new Chief of the Air Staff, who had agreed with Leigh-Mallory, removed both Park and Dowding from their posts. Leigh-Mallory took over from Park as commander of 11 Group. As a beneficiary of the change in command, Leigh-Mallory has been accused of forming a plot to overthrow Dowding.


バトル・オブ・ブリテンの際に、マロリーは第十一戦闘機群司令のケイス・パーク空軍少将と対立した。イングランド南東部とロンドンの防空責任者であったパークは、南東部の第十二戦闘機群が空港の防衛を十分に行っていないと主張した。一方でマロリーは、ダグラス・バーダー空軍少佐と共に、「ビッグ・ウイング」と呼ばれる戦闘機の集中運用-あまり成功しなかったが-が独軍爆撃機に有効であると主張した。マロリーは、中隊規模の編隊が有効であるとするパークとサー・ヒュー・ダウディング戦闘機軍団司令に対して批判的であった。その後、彼は積極的に政治団体でパークの失脚運動を行った。
バトル・オブ・ブリテンの後、マロリー側に理解のあったチャールズ・ポータル空軍大将が新たに空軍参謀総長となったため、パークとダウディングは共に失脚した。マロリーはパークに代わって第十一戦闘機群の司令となった。人事異動の受益者であったため、マロリーはダウディング失脚計画の首謀者として告発された。

Fighter Command and D-Day (戦闘機集団司令とD-デイ)



One of the reasons for Leigh-Mallory's appointment to command 11 Group was that he was seen as an offensively-minded leader in the Trenchard mould. Once appointed he soon introduced wing-sized fighter sweeps into France, known as "rodeos."[3] (When accompanied by bombers to provoke enemy fighters, these were known as 'Circus' operations). However, Leigh-Mallory came in for criticism as these raids over enemy territory caused heavy RAF casualties with over 500 pilots lost in 1941 alone, losing four aircraft for each German aircraft destroyed. It was indeed a steep learning curve. And as one of his staff officers pointed out: 'In my opinion we learned a hell of a lot -- how to get these raids in, by deceiving radar and by counter-offensive techniques. In the Middle East, they were still in the First World War business -- they'd learned none of the deception techniques such as sending in high-level fighters and sneaking the bombers in underneath.' Keeping 75 squadrons of fighters, many to conduct offensive operations from Britain during 1941, was also questionable while Malta and Singapore were only defended by older, obsolete types of aircraft.

In 1942 Leigh-Mallory was appointed as the air commander for the Dieppe Raid which took place in August, during which Fighter Command operated 50 squadrons in close cover and six in close support. Losses during the ill-fated raid were again heavy, partly because of the superiority of the new German fighter, the Fw 190, over RAF's Spitfire Mark Vs.

In November 1942, Leigh-Mallory replaced Sholto Douglas as head of Fighter Command and was promoted to Air Marshal. He was made a Knight Commander of the Order of the Bath in January 1943 and following a tour of air and army headquarters in Africa began lobbying for a unified command of the Allied air forces for the forthcoming invasion of Europe. There was considerable resistance to such a post with none of the vested air force interests - including Arthur Tedder, Arthur Harris at Bomber Command, and Carl Spaatz of the US Army Air Force - appearing interested in ceding any authority or autonomy. This was, of course, exactly why a unified commander was needed and Leigh-Mallory, with his considerable experience with Army cooperation, was the prime candidate for the job. In August 1943 Leigh-Mallory was thus appointed Commander-in-chief of the Allied Expeditionary Air Forces for the Normandy invasion where he drew up the air plan for Operation Overlord. (Although Tedder succeeded in wresting some of the authority for the air plan from Leigh-Mallory).

Another point of view in this matter is; that because of the close working relationship between Eisnhower and Tedder during their previous campaigns, Eisenhower preferd Tedder over Leigh-Mallory. And after Leigh-Mallory's assignment as Air Commander, South East Asia, Tedder was effectively in command of all the Allied air assets operating on the continent up to the end of the war in Europe.

Leigh-Mallory at a squadron briefing in France in September 1944.

Leigh-Mallory then had the vital job of co-ordinating the various air arms during the Battle of Normandy; work for which the subordinate commanders would mostly take the credit. His diaries reveal his primary concern was sealing off the battlefield and restricting and disrupting the movement of German military units. Because many of these 'interdiction' bombing missions took place against transport nodes, such as towns and villages, Leigh-Mallory came under political pressure to limit the effects of attacks on French civilians. He resisted, insisting that sacrifices were unfortunate but necessary if the air plan was to have any effect.

His approach also put Leigh-Mallory at odds with many airmen who were concerned at becoming subordinated to the Army and were willing only to stretch to minimum support of the ground forces. Leigh-Mallory had to express himself forcefully to get the invasion armies the maximum air support possible.

In the event, and despite bad weather, Leigh-Mallory's air plan succeeded in greatly slowing the mobilisation of the German Army and his experience at Army cooperation paid dividends. General Bernard Montgomery was pleased with the air support and told the War Office: "We must definitely keep Leigh-Mallory as Air Commander-in-Chief. He is the only airman who is out to win the land battle and has no jealous reactions."

Following the invasion Leigh-Mallory also had to deal with the V-1 flying bomb threat, deploying bomber units to attack the launch sites in the mission codenamed Operation Crossbow, as well as organising fighter squadrons for home defence of the British Isles.


マロリーが第十一戦闘機群の司令官に任命された理由の一つに、空軍発足当時からの好戦的な指揮官だと言う評価があった。任命されるとすぐに、彼は「ロデオ」と呼ばれる中隊規模の戦闘機によるフランスへの小規模な攻撃を開始した(爆撃機を伴った攻撃は別に「サーカス」と命名された)。しかしながら、1941年だけで500名ものパイロットの損失を出した上、平均して一機の独軍機撃墜のために四機の英軍機の損失が発生したため、マロリーは批判を受けた。確かに、学習曲線の傾きは小さいものだった。そして、遂には士官の一人がこう発言するまでになった「私が思うに、われわれは多くを学んだ。いかに侵入するか、レーダーを騙すかや、迎撃技術といったものだ。一方で中東では未だに第一次大戦が続いている。つまり、上層部の連中は最新鋭戦闘機の送り先や、敵後方への爆撃機の侵入法について何一つ学んではいないということだ」確かに、75個中隊もの戦闘機を用いて数々の攻勢作戦を英本土から実施した1941年は、一方でマルタやシンガポールを旧式戦闘機で守らせるという不可解な年でもあった。
1942年に、マロリーは8月のディエップ上陸作戦の空軍指揮官に任命され、50個中隊が上空直掩、6個中隊が近接支援に当たった。この不運な攻勢作戦は、Fw190という独軍新鋭機の登場もあいまって、スピットファイアMk.Vへ多くの出血を強いることとなった。
1942年11月、マロリーはショルト・ダグラスに代わって戦闘機軍団司令官となり、同時に中将へ昇進した。彼は1943年1月にバス勲爵士を授与され、アフリカの陸空軍司令部に向かい、やがて来る大陸反攻作戦の空軍合同司令部を設置するべく工作に当たった。当然そのような大きな権限を持つ部署への反対意見は多く、アーサー・テッダーや爆撃機軍団司令であるアーサー・ハリス、アメリカ空軍のカール・スパーツなどが指揮権の割譲に反対した。もちろん、このような事態が反攻作戦で起きないために統合司令部が必要なのであり、陸軍との共同作戦の経験が豊富なマロリーがもっともふさわしい人材なのであった。1943年8月、マロリーは最終的にノルマンディ上陸作戦における連合軍遠征空軍総司令官の地位に就き、自信が策定したオーヴァーロード作戦の空軍の作戦を実行した。(テッダーはそれでも一部の指揮権をマロリーから守ることに成功した)
別の視点から見ると、このような事態も起きていた。アイゼンハワーはかつてテッダーと共に活動し、親密であったために、アイゼンハワーはマロリーよりもテッダーにその任を任せたかった。そして、実際にマロリーが東南アジア司令部空軍司令官に着任するまで、テッダーはヨーロッパ戦線の終結まで、大陸における空軍総司令と同等の地位に就いていた。

1944年9月、戦闘機集団におけるマロリーの短いフランス滞在について

マロリーはノルマンディ上陸作戦中、陸空直協のための膨大な仕事をこなしていた。すなわち、部下の指揮官たちへ功績をもたらす仕事だ。彼の日記によれば、彼の最大の関心ごとは戦場の封鎖であり、独陸軍の移動を制限し粉砕することであった。多くの「阻止攻撃」のために爆撃機が交通の結節点、すなわち町や村へ差し向けられた。マロリーはフランス市民への影響を最小限にとどめるよう政治的な圧力を受けた。しかし、彼はそれに抵抗し、犠牲は不幸なことだが、航空機が何らかの効果を与えるならば必要な犠牲なのだと主張した。
彼の手法は、陸軍に付随する形となっているとはいえ、陸軍への支援を抑えたい多くのパイロットたちには頼もしくうつった。マロリーは自身にさえ力強く陸軍への航空支援を最大限にせねばならないと主張していた。
トラブルや悪天候にもかかわらず、マロリーの航空作戦は大成功を収め、独陸軍の移動を抑え、彼の陸軍との協力経験は利益をもたらした。バーナード・モントゴメリー将軍は、航空支援に感謝して司令部にこういった「われわれはマロリーを絶対に総司令官から動かしてはならない。彼以外に地上戦の勝利のために出てくる飛行機乗りはいないし、その勝利をねたまないのだから」
マロリーは大陸反攻に続いて、V-1飛行爆弾の脅威とも戦った。クロスボウ作戦と呼ばれる発射基地爆撃作戦や、本土防空のための戦闘機部隊の設置などだ。


Death and Legacy (死と遺産)


In August 1944, with the Battle of Normandy almost over, Leigh-Mallory was appointed Air Commander-in-Chief of South East Asia Command (SEAC). But before he could take up his post he was killed en route to Burma when the aircraft he was travelling in crashed into the French Alps. All on board, including his wife, were killed. The subsequent Court of Inquiry found that the accident was a consequence of bad weather and might have been avoided if Leigh-Mallory had not insisted that the flight proceed in such poor conditions.

Leigh-Mallory is buried, alongside his wife and 10 aircrew in Le Rivier d'Allemont, a little distance below the site of the tragic air crash. In 2004 the local commune opened a small but excellent museum about Leigh-Mallory and the crash to mark the 60th Anniversary of the accident and in memory of all who died.

By a quirk of fate, Leigh-Mallory's replacement at SEAC was his Battle of Britain rival Air Marshal Sir Keith Park.

Leigh-Mallory is not generally rated as one of the great commanders of World War II. There are a number of reasons for this. Some have theorized that his reputation may have been hurt by supporters of Dowding and Park in the post-war debate over the Big Wing controversy. During his command of Fighter Command in 1941, he was also responsible for introducing tactics that resulted in great casualties. Others later took much of the credit while he was in command of the air effort during D-Day.

Some historians have described Leigh-Mallory as an ambitious intriguer and have portrayed him as pompous and arrogant. Montgomery said that he was a "gutless bugger".[3] Other officers described his loyalty, generosity, energy, organisation and openness to new ideas. Sadly, Leigh-Mallory did not survive the war to defend himself or write his memoirs, though he had redoubtable champions in people, such as Douglas Bader, to speak for him.


1944年8月、ノルマンディ上陸作戦がほとんど完了すると、マロリーは東南アジア司令部空軍司令官に任命された。しかし着任前に、ビルマ(現在のミャンマー)に向かう途中で彼の乗っていた飛行機がアルプス山脈に墜落し、彼の妻を含む乗組員全員が死亡した。その後の査問会議(Court of Inquiry)の調査によれば原因は悪天候によるものであり、もしもマロリーがそのような悪天候の中飛行を強要しなければ回避できていたかもしれなかった。

彼は彼の妻や10人の乗組員とともにその悲劇的な墜落事故現場から少し下った場所にあるLe Rivier d'Allemontに埋葬された。2004年に地元の自治体により事故から60年を記念して小さいがよくできた記念館が建てられた。

運命の気まぐれか、マロリーの後任として東南アジア司令部空軍司令官になったのはバトル・オブ・ブリテンにおける彼のライバルのキース・パーク空軍中将だった。

マロリーは一般的には第二次大戦における偉大な司令官の一人として位置付けられてはいないが、これにはいくつかの理由がある。一説によると戦後の"Big Wing"をめぐる議論の中でダウディングやパークの支持者によって彼の評判が傷つけられたのかもしれないと言われている。また、彼の指揮下にあった1941年の戦闘機軍団では、彼の採用した作戦のために多数の死傷者を出した。後にD-Dayにおいて彼が航空部隊を指揮していたときの彼の名声を高く評価するものもいる。

何人かの歴史家はマロリーを野心のある陰謀家と記しており、また横柄で傲慢な人物としている。モントゴメリーは彼を「臆病な野郎」だと言った。他の士官は彼の忠誠心、寛大さ、活力、統率力そして新しいアイディアに開放的であることを評した。彼はダグラス・ベーダーのような擁護者を持っていたが、残念なことにマロリーは戦争に生き残り自らの名誉を護ったり、記憶を書き残したりすることはできなかった。


Hobbies and interests (趣味)


Leigh-Mallory was a keen sailor. After one of his children survived a serious illness he also became interested in faith healing and spiritualism. In one anecdote he suggested he'd seen the ghost of Mrs Emily Langton Massingberd, the women's rights campaigner, at Gunby Hall in Lincolnshire. When the Hall was threatened with demolition during the Second World War to make way for an airfield, Leigh-Mallory intervened to save it. It is now in the hands of the National Trust.


リー・マロリーは熱心な船乗りだった。彼の子供の一人が重病から回復した後、彼は心霊治療とスピリチャリズムにも興味を持つようになった。ある逸話によると彼はリンカンシャー州のGunby Hallで女性運動家であるエミリー・ラングトン・マッシングバードの霊を見たと示唆している。そのホールが第二次大戦下で飛行場建設のため取り壊されそうになったとき、彼はそれを保護するよう干渉した。その場所は現在ナショナルトラストにより保護されている。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。