WestBam


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドイツ・ミュンスター出身のMaximillian Lenz(1965年生)によるソロユニット。彼の兄弟であるFabian LenzもまたDJ Dickとして活動している。
WestBamという名称はAfrika Bambaataaの捩りで、Afrikaの部分を自らの出身地であるWestphaliaに入れ替え、 West phalia Bam baataaとして太字部分以外を削ったもの。
DJとしてのキャリアは1983年から始まる。翌1984年にベルリンに引っ越し、"17 - This Is Not a Boris Becker Song"をリリースする。

RAVEへの関わり

テクノ最大の祭典LoveParadeには第一回から参加している。またLoveParadeのアンセムも数多く作曲しており、切っても切れない関係にあると言えよう。
Raveには参加するだけでなく、1991年にはMaydayを主催している。
また石野卓球主催のWIREに07年まで皆勤賞だった。卓球とはTakBamを結成したり、自身のDJプレイで電気グルーヴの虹をかけるなど、ただならぬ仲である。

使用器材/ソフトウェア


Sample(Highway to Love)


Discography

Album

In Seoul (1988)
The Cabinet (1989)
The Roof Is On Fire (1991)
A Practising Maniac At Work (1991)
BamBamBam (1994)
We´ll Never Stop Living This Way (1997)
Right On (2002)
Do You Believe In the Westworld (2005)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+ 数字/記号
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z


  • レーベル
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析