国別キャラ - 扶桑皇国

ストライクウィッチーズ世界のウィッチ一覧を作ろう!
  • 修正、追記、変更などの編集はお気軽に。
  • 記述の体裁など細かいことは気が向いた人がやってくれるでしょう。
  • 2010年9月19日にページの分割について提案されました。編集人の方はご意見をお願いします。



+ 扶桑皇国


扶桑皇国

イメージモデル 大日本帝国


扶桑皇国陸軍

イメージモデル 大日本帝国陸軍飛行戦隊

江藤敏子

えとう としこ
  • 所属 扶桑皇国陸軍飛行第1戦隊戦隊長
  • 階級 中佐
  • 誕生日 12月5日
  • その他
    • 魔法力、特に魔法障壁の絶妙なコントロールを得意とし、怪異からの狙撃を魔法障壁で逸らす等の高い技術力を持つ。
    • 黒江綾香と穴拭智子、加藤武子、加東圭子の「扶桑海三羽烏」の4名を指揮下に置いていた。
    • 北郷章香との付き合いは長いらしく、「怒ると怖い」との証言もある。
  • イメージモデル 加藤敏雄 (1894-1966)
    • 通称 「操縦の神様」
    • その他
      • 陸軍初の国産戦闘機である九一式戦闘機の実用化に尽力。
      • ノモンハン事変で飛行第1戦隊戦隊長を務める。
  • 出典 スフィンクスの魔女/ストライクウィッチーズ零

黒江綾香

くろえ あやか
  • 所属
    • 扶桑皇国陸軍飛行第1戦隊(1937年)
    • 扶桑皇国陸軍航空審査部(1945年)
  • 階級
    • 少尉(1937年)
    • 大尉(1939年)
    • 少佐(1945年)
  • 身長 170cm
  • 年齢
    • 17歳(1939年)
    • 22歳(1945年)
      • 『キミとつながる空』のキャラクター紹介では23歳、大尉となっている。
  • 誕生日 2月17日
  • 通称 「魔のクロエ」
    • ネウロイに肉薄して扶桑刀で切り裂くという勇猛な戦いぶりから、賞賛と畏怖を込めて。
  • 使い魔 薩摩犬
  • 固有魔法 特性把握
  • 使用機材
  • その他
    • 扶桑海事変より参戦したベテラン。
      • 穴拭智子、加藤武子、加東圭子の「扶桑海三羽烏」と共に飛行第1戦隊に所属していた。
    • 第47独立飛行中隊にて欧州に送られ、鬼神の如き戦いを繰り広げた。
      • 他人からは無謀ともみえる戦い方だが、明確な勝算があっての事。
    • 扶桑刀による近接戦闘能力は歴代ウィッチの中でもトップクラスで、十指に入ると言われる。
      • 刀の切っ先に魔法力を集中させる事により、ネウロイのコアごと一刀両断する秘剣「雲耀」を会得している。
        • 大型ネウロイの撃墜にも成功している。
        • 坂本少佐に7年振りの再会を求められた際、P51-Cのデータ収集を兼ねた模擬戦でこの技を披露、結果的に伝授する形になっている。(キミとつながる空)
    • 大らかで明朗快活な上、気配りも出来る性格。
    • 部隊運営能力も高く、部下に慕われ多くの部隊で転戦を繰り返した。
      • 部隊の士気高揚に長けており、地の底まで落ちていた第42統合戦闘飛行隊の士気を回復させた事は伝説となっている。
    • 20歳で一度退役したが、前線に出ない事を条件に再志願、航空審査部に勤務しテストパイロットを務める。
      • テストパイロットとしての能力も高く、ユニットの特性や出力バランス等を明確に数値化して表現出来るので技術者からも信頼されている。
    • 趣味は魚釣りで、飛行第64戦隊配属時には暇さえあれば釣りばかりしていた。
  • イメージモデル 黒江保彦 (1918-1965)
  • 出典 コンプエース/世界の航空歩兵シリーズ/キミとつながる空/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集/ストライクウィッチーズ零

穴拭智子

あなぶき ともこ (コミックアラカルトでは穴吹と誤記されてしまっている)
  • 所属
    • 扶桑皇国陸軍飛行第1戦隊(1937年)
    • 扶桑皇国陸軍明野飛行学校実験中隊(1939年)
  • 階級
  • 年齢
    • 14歳(1937年)
    • 16歳(1939年)
  • 身長 160cm
  • 誕生日 12月5日
  • 使い魔 キツネ「コン平」
    • 使い魔では珍しく、人間の言葉を理解し自らも会話できる。
    • 智子を「お嬢様」と呼ぶ。
    • 歳を経て尻尾の増えていく妖狐である可能性がある。
  • 通称 「扶桑海巴御前
    • 扶桑海事変における智子の活躍を報じた新聞がつけたあだ名。
  • 自称 「白色電光の穴拭」
  • 使用機材
  • ※以下は「いらん子中隊」シリーズにおける初期設定。
  • 使用武器
  • その他
    • 扶桑海事変(1937年)で7機撃墜のエース
      • 当時は14歳で、白一色の長マフラーがトレードマークだった。
      • 真っ白なマフラーに下手くそな字で、「豪勇穴拭」と書いていた by 加東圭子
    • 宣伝映画『扶桑海の閃光』に本人役で主演し、一躍国民のスターになる。
      • 『扶桑海の閃光』は扶桑海事変の半年後に扶桑海事変をモチーフとして陸海軍の全面協力のもとに制作された。智子も撮影のため東京の世田谷、砧の円谷特殊撮影所まで出向いて出演した。
      • 迫水ハルカや稲垣真美は『扶桑海の閃光』を観て扶桑海のウィッチたちに憧れウィッチになった。
      • 『扶桑海の閃光』のイメージモデルは映画『加藤隼戦闘隊』だと思われる。
    • 機械化航空歩兵の候補生時代からその飛行センスと剣術の腕で将来を嘱望される。
    • 特技は格闘戦
    • 十八番の戦闘機動は「ツバメ返し」。
      • 非常に小さな半径で後旋回する機動。
      • 「燕返し」を得意技とする佐々木小次郎の刀は「備前長船長光」(後世の通称「物干し竿」)。
      • TVアニメ(2008年)などで主人公の宮藤芳佳のイメージモデルが「空の宮本武蔵」こと武藤金義なので、芳佳と智子でイメージ的に対になっている可能性がある。
    • 物憂げな雰囲気の、切れ長の目の凛々しい端整な扶桑人形のような美少女。
      • 扶桑では智子をモデルとした扶桑人形が作られた。
      • 智子は扶桑で最も有名なウィッチの一人であり、特に同性に人気があったことから、智子をモデルとした扶桑人形は年頃の少女への贈り物として喜ばれた。
    • 飛行服は白の巫女衣装に下半身は丈の短い赤い
      • イラストではウィッチ用の手甲と脚甲もつけている。
      • これらを合わせて扶桑皇国陸軍のウィッチの正装。
    • 寝るときは裸の上に綿入れ半纏一枚だけ。
    • 生真面目で堅物、責任感が強い。
    • プライドが高い。
+ 作中の発言より
  • イメージモデル 穴吹智 (1921-2005)
    • 所属 大日本帝国陸軍飛行戦隊 -> 警察予備隊 -> 保安隊 -> 陸上自衛隊
    • 通称
    • 自称 「白色電光戦闘穴吹」
    • 撃墜数 51
      • 本人の日誌による。
      • 公認は30。戦後の研究者によれば39とも言われる。
    • 弱武装、低速の一式戦闘機「隼」で大型爆撃機を撃墜するために「背面突進」という攻撃法を編み出す。
      • 反航状態の大型爆撃機の直上に占位してから背面急降下に入り、相手の操縦席を目指して突入して近接射撃、機体同士が衝突する寸前で前方へ離脱するという攻撃法。
      • 大日本帝国海軍航空隊で用いられた直上方攻撃や菅野直の直上前方攻撃法と同じような攻撃法だと思われる。
  • 出典 スオムスいらんこ中隊/TVアニメ(2008年)/世界の航空歩兵シリーズ/ストライクウィッチーズ零

加藤武子

かとう たけこ
  • 所属
    • 扶桑皇国陸軍飛行第1戦隊(1937年)
    • 扶桑皇国陸軍明野飛行学校実験中隊(1939年)
    • 扶桑皇国陸軍義勇航空隊第3中隊(カールスラント派遣時)
      • カールスラント義勇飛行兵団第3中隊中隊長との表記もある。
    • 扶桑皇国陸軍飛行第64戦隊第1中隊(改編後)
  • 階級 少尉(1937年)
  • 誕生日 9月28日
  • 通称 「扶桑海の隼」
  • 愛称 「フジ」
    • 扶桑海事変時、同じ部隊に加東圭子がいて「カトウ」が二人被ったため命名された。
  • 使い魔 北海道犬
  • 固有魔法 三次元空間把握能力
  • 使用機材
  • その他
    • 扶桑陸軍きっての名指揮官。
    • 扶桑海事変において、江藤敏子中佐による指揮の元、飛行第一戦隊に所属し勇戦。
      • 江藤中佐の下で指揮官としての経験を積む一方で、自らも扶桑刀による居合い技「無双神殿流・空の太刀」を用い2機のネウロイを撃墜している。
      • この頃から既に個人戦績には興味がなく、部隊単位での戦術を模索していたようである。
      • 同隊に所属した穴拭智子少尉(当時)とは戦友。また、加東圭子少尉(当時)を加え「扶桑海三羽烏」と賞された。
      • 「撃一号作戦」において、観戦武官として赴任していたガランド大尉(当時)の僚機を務め、Bf109を使用しての急降下爆撃で新型ネウロイを撃破。
    • 基本に忠実で堅実な戦法を重んじる反面、欧州の機材や戦訓を積極的に吸収するなど、進取の気性も持ち合わせている。
    • 穏やかな性格だが、親友である穴拭少尉の身を案じ、彼女のスオムスへの派遣を上層部に具申するなど、思い切った行動を取る事もある。
    • 扶桑海事変終結後、明野飛行学校実験中隊に所属。新兵器や戦術の研究を行う。
    • 1939年のネウロイ欧州侵攻が始まると、義勇部隊の一員として中尉に昇級の後、先遣部隊として激戦地カールスラントに派遣された。
      • この人選には、先の扶桑海事変で交流のあったガランド大尉の口添えもあったと言われている。
      • 現地ではカールスラント軍と共同作戦を行い、同空軍機材をテストして詳細なレポートを上げている。
        • 同レポートでは、欧州に持ち込んだ先行試作型のキ43と、カールスラント空軍最新鋭のBf109との比較も行われており、キ43の長い航続距離と良好な運動性は即刻量産を行うべしとしてまとめられている。
        • このレポートは扶桑海事変の戦訓と共にその後の扶桑陸軍機材の開発や選定に大きな影響を与え、キ43の改修と先行量産も決定された。
      • 綿密な観察と的確な部隊指揮、個人プレーを廃し徹底した編隊空戦で大型化したネウロイに対抗。多くの部隊戦果を挙げ、カールスラント空軍の賞賛を得ると共に扶桑陸軍精鋭ここにありとして欧州に勇名を轟かせた。
        • 後に義勇航空隊が新部隊に再編成された時には、記録映画や部隊を称える歌も作られたほどであった。
    • カメラが趣味で、後にルースポリ大尉と並び称されるようになる加東にカメラを教えたのは彼女である。
  • イメージモデル 加藤建夫 (1903-1942)
    • 撃墜数 18
    • その他
      • 名戦闘機隊指揮官として知られるエース。
      • 率いていた部隊の活躍が『加藤隼戦闘隊』として映画化されたこともあり、日本で最も有名なパイロットの一人。
  • 出典 スオムスいらん子中隊/STRIKES(機械化乙女秘メ事パック付属ブックレット)/アフリカの星/ストライクウィッチーズ零/ワールドウィッチーズ扶桑皇国版 其の弐

加東圭子

かとう けいこ
  • 所属
    • 扶桑皇国陸軍飛行第1戦隊(1937年)
    • 扶桑皇国陸軍アフリカ派遣独立飛行中隊隊長
      • 指揮官兼教官。
      • 飛行中隊と整備中隊からなる部隊の司令官だと思われる。
      • アフリカ派遣独立飛行中隊の通称は「砂隊」。
  • 階級
    • 少尉(1937年)
    • 大尉
    • 少佐(1944年)
  • 身長 164cm
  • 年齢 23歳(アフリカの魔女 ケイズ・リポート)
    • 25歳(キミとつながる空)
  • 誕生日 10月31日
  • 通称 「扶桑海の電光」
  • 愛称
    • 「ケイ」
      • 欧州・アフリカではこの愛称で呼ばれる。
    • 「ヒガシ」
      • 扶桑海事変時、同じ部隊に加藤武子がいて「カトウ」が二人被ったため命名された。
      • 加藤武子と合わせて「藤東」。
  • 使い魔 キタキツネ
  • 固有魔法 『超視力』
  • 使用機材
  • 使用武器
  • その他
    • 扶桑海事変で連続6機撃墜をはじめとする23機撃墜のエース。このスコアは事変におけるトップエース
      • トップエースにもかかわらず映画『扶桑海の閃光』で主役になれなかった理由は、戦闘スタイルが中距離からの見越し射撃を得意としていたため映像栄えしないという判断による。
    • 怪異が襲来する前からウィッチとしての力が発現した為、軍に志願し士官学校へ入校。
      • 卒業後は少尉任官、陸軍飛行第1戦隊に配属された。
    • 極めて優秀なウィッチが送られるこの部隊で扶桑海事変に参加し、扶桑陸軍のトップエースとなる活躍を示す。
      • その活躍から、同僚だった加藤武子、穴拭智子と共に「扶桑海三羽烏」と呼ばれていた。
      • 同時期に海軍航空隊とも交流を行い、後の「リバウの三羽烏」、第501統合戦闘航空団の戦闘隊長として有名な坂本美緒との親交もあった模様。
    • 扶桑海事変後の戦勝記念式典で危険な曲技飛行を行い墜落、重傷を負う。
      • 一時は生死が危ぶまれる程だったが、医療班とウィッチの懸命な治療によって命を取り留める。
      • この時期の著書である扶桑海事変当時の手記『来た、飛んだ、落っこちた』は当時の戦闘状況を克明に描いた著書として貴重な資料である。
    • 入院中に20歳を迎えた為に、今後の戦闘参加は困難と判断し退役。報道班員となって欧州各地のウィッチを積極的に取材、多くの写真と記事を残している。
      • 愛用のカメラはライカ II。元々は加藤武子の趣味で、彼女に使い方を教えて貰った。
      • 後に第502統合戦闘航空団隊長となるラル少佐にも取材している。
    • 実験部隊であるアフリカ派遣独立飛行中隊の指導教官として軍に復帰、現地のマルセイユ中尉(当時)の部隊と合流し統合戦闘飛行隊「アフリカ」へと再編、隊長となる。
    • 髪も瞳も黒だが、色素が薄いので茶色っぽく見える。髪は猫っ毛で、砂漠に長い間いたので色素が抜けている。
  • イメージモデル 加藤正治 (1912-1941)
    • 撃墜数 23
    • その他
      • ノモンハン事変で飛行第11戦隊第4中隊に所属して23機撃墜。
      • 飛行第11戦隊第4中隊は岩橋譲三(撃墜数21。ノモンハン事変で20機撃墜。四式戦闘機「疾風」の主任テストパイロットとして実用化に尽力)中隊長の方針で個人戦果を公表しなかった。
      • 関東軍特種演習で訓練中の事故により殉職。
  • 出典 アフリカの星/砂漠の虎/スフィンクスの魔女/キミとつながる空/ストライクウィッチーズ零/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第五集/アフリカの魔女 ケイズ・リポート

稲垣真美

いながき まみ
  • 所属
    • 扶桑皇国陸軍アフリカ派遣独立飛行中隊
  • 階級
    • 軍曹(アフリカの魔女)
    • 曹長(キミとつながる空)
  • 身長 137.5cm
  • 誕生日 2月14日
  • 年齢 12歳(1942年 - アフリカの魔女シリーズ)
    • 14歳(1944年 - キミとつながる空)
  • 使い魔 扶桑猫
  • 固有魔法 『怪力』
    • 通常の怪力とは異なる系統の魔法で、ストライカーユニットの限界を超える重量の積載が可能。
    • 肉体強化ではなく重量軽減系の魔法ではないかと考えられるが、この系統の魔法の使い手は少なく詳細は不明。
  • 使用機材
  • 使用武器
  • その他
    • 子爵家の出身で、幼少時から高度な教育を受け、語学・文学・歴史・家事一般に優秀な成績を収めていた。
      • 日常会話程度ならブリタニア語、カールスラント語、ローマ語が話せる。
      • 母方は戦国時代のウィッチ・森蘭丸ゆかりの一族。
    • 宣伝映画『扶桑海の閃光』を観てウィッチの活躍に憧れ、ウィッチに志願。
      • 身長は訓練学校入校ギリギリであったが、魔法力は十分で訓練中も優秀な成績だった。
      • しかし身長は入校以来殆ど伸びず、訓練学校卒業後に軍曹任官するも配属先が決まらない状態が続いた。
    • 加東大尉の現役復帰申請を受けアフリカに新部隊を送ることが決定した際に同行を志願、アフリカ派遣独立飛行中隊に配属された。
    • アフリカでは固有魔法の怪力を活かし、大型ネウロイの共同撃墜を記録する等目覚しい活躍を見せる。
    • 船が苦手。
  • イメージモデル(最有力候補) 高垣春雄 (-1945)
    • 撃墜数 17以上
    • その他
      • ノモンハン事変で「稲妻部隊」飛行第11戦隊第2中隊に所属して15機撃墜。
      • 太平洋戦争では南方作戦に参加し、1943年2月6日にワウ攻撃で2機を撃墜。
      • 1945年、夜間悪天候の中を離陸しようとして補給車と衝突し死亡。
  • 出典 アフリカの星/砂漠の虎/スフィンクスの魔女/キミとつながる空/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第五集/アフリカの魔女 ケイズ・リポート

福原捷美

ふくはら かつみ
  • 所属 扶桑皇国陸軍飛行第2戦隊
  • 階級 少尉
  • イメージモデル 不明
  • 出典 ストライクウィッチーズ零

黒田那佳

くろだ くにか
  • 所属 扶桑皇国陸軍飛行第33戦隊
  • 階級 中尉
  • 身長 158cm
  • 使い魔 柴犬
  • その他
    • 旧大名家で黒田侯爵家の分家出身。
      • 第506統合戦闘航空団設立に際し、箔付けにと本家の養子に迎え入れられた後に送り込まれた。
      • 所詮分家に過ぎなかったので、経済的にはそこいらの商家の方が余程裕福であった。
      • 華族にしか許されていない藤色の袴を着用している。
    • 性格は一言で言うとお調子者で、気取らない庶民派。上流階級的な事にはあまり興味がない。
      • 元気が良いので老人に人気がある。
      • リベリオン中心のB部隊との架け橋になってくれればという隊長グリュンネ少佐の思いなどは全く理解していないようである。
    • 扶桑海事変末期に初陣を飾り、負傷しつつも3体のネウロイを撃墜。
    • その後、負傷の為に前線を離れた際、士官学校へ入校し少尉任官、原隊の飛行第33戦隊へ復帰。
    • 扶桑海事変が終結していた為、同部隊は扶桑海方面で防衛任務に当たったが、直後に欧州でのネウロイ侵攻が発生すると紅海方面へと派遣され船団護衛任務に就いた。
    • 北アフリカへのネウロイ侵攻で地中海と紅海の輸送路が遮断されるとペルシア方面へと転戦、油田の防衛任務に就き着実に撃墜数を伸ばした。
      • 何度となくエジプト方面から飛来するネウロイを、殆ど稼動機が無くなるような激戦を繰り返しながら撃退している。
  • 声優 中村繪里子(ノーブルウィッチーズ3 オリジナルドラマCD)
  • イメージモデル 黒木為義(1918-?)
    • 撃墜数 33
      • 16機とする資料もある。
    • 最終階級 中尉
    • その他
      • 宮崎県出身。
      • 1936年2月、少年飛行兵として熊谷飛行学校に入学。
      • 翌年11月に卒業し、明野で戦闘機操縦教育を受け、1938年3月に飛行第16連隊に配属された。
        • 同年9月に飛行第33戦隊に転属し、ノモンハン事件末期の1939年8月27日に満蒙国境に展開。9月5日、3機を撃墜した。
      • 1942年9月に航空士官学校に入学し、1943年8月に卒業した。少尉を任官後、飛行第33戦隊に復帰する。
      • 1943年9月、中国南部を経てビルマに展開。1944年2月、ニューギニアに進出。
      • しかし、同年3月30日に飛行第33戦隊は空襲を受け稼働機の殆どを失ったため、マニラに後退する。
        • その後部隊はパレンバンで再建に入ったが、捷一号作戦(レイテ沖海戦)には病気を患ったために参加出来なかった。
      • 1945年春に中尉に昇進する。その後特攻隊七生翔顕隊に所属するが、出撃の機会が訪れなかったため無事にメダンで終戦を迎えた。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第五集/島田フミカネtwitter/ストライクウィッチーズ 劇場版 オフィシャルファンブック コンプリートファイル/ノーブルウィッチーズ3 オリジナルドラマCD/


角丸美佐

かどまる みさ
  • 所属 扶桑皇国陸軍飛行第50戦隊
    • 戦争初期の扶桑陸軍の欧州派遣部隊として縦横に活躍し多くのエースを生み出した、飛行第64戦隊と共に極めて著名な部隊。
    • ワイト島分遣隊隊長
  • 階級 中尉
  • 誕生日 10月1日
  • 使い魔 日向犬
    • 宮崎の地犬。現代においては既に絶滅している犬種。
  • 固有魔法 『金剛力』
    • 魔法弾等にも使用されている魔法力を物質に込める方法の応用で、手にした物体に魔法力を込め、それを一気に開放して目標を破壊する。
    • 魔法力を込める物体がある程度以上大きくなると魔法力を込めきる前に流出してしまう点、木や紙等の柔らかい物だと魔法力を放出した際に媒介もろとも破壊されてしまう点から、適度なサイズの短剣を武器として使用している。
    • 結果的に相手とほぼ密着しないと使えないので、何度となく自らも撃墜され、あわや未帰還となる事も度々と負傷が絶えなかった。
  • 使用機材
  • その他
    • ウィッチの力が発現すると同時に少女飛行兵に志願、難関を突破して所沢陸軍飛行学校へ入校。
    • 卒業後伍長に任官、扶桑海事変の最中だった為直ちに実戦部隊へ送られた。
    • 初陣で2機撃墜するも、すぐに扶桑海事変は終結し、扶桑に帰還後士官学校に入校。
    • 少尉任官後に飛行第50戦隊第3中隊に配属、まもなく欧州に派遣、バルミエラにてオストマルク防衛任務に就く。
      • 到着3日目にして中型ネウロイ2機を撃墜するという殊勲を立てている。
      • 但し、使用機材が非力な「隼」であった為、超至近距離まで接近し「金剛力」を叩き込むという、一歩間違うと自分が撃墜されかねない危険な攻撃方法で、周囲からは非常に心配されたという。
    • 1943年12月24日夜、ブリタニアに襲来したネウロイを迎撃する為に離陸しようとした際、ネウロイの攻撃により基地の弾薬倉庫が誘爆、これに巻き込まれ重傷を負う。
    • 負傷療養を兼ね保養地であるワイト島方面防衛隊へ転属を命じられ、ワイト島分遣隊隊長に就任。
    • ワイト島分遣隊への転属を左遷と感じ、また隊をまとめられず自信を失っていたが、ウィルマ・ビショップの助言により指揮官としての自覚を取り戻す(『ストライクウィッチーズ 片翼の魔女たち』)。
    • ワイト島分遣隊解散(アニメ1期終了時点)後は傷も癒えたため、扶桑に戻った模様。
    • 趣味はダーツ。
      • 遠距離からの攻撃を試みようと、基地の片隅で投げナイフの練習をしていたところ、その姿を目撃したブリタニアのウィッチに誤解されダーツ遊びに無理矢理誘われた。
      • その後本人もダーツを気に入り、よく基地の休憩室でプレイするようになった。
      • 遊びで爪楊枝に魔法力を込めて投擲したところ、休憩室の壁ごとダーツボードを粉砕。それ以降「魔弾の射手」として恐れられるようになったという。
  • イメージモデル 金丸貞三 (-1942)
    • 撃墜数 8以上
    • その他
      • 宮崎県出身。
      • 1934年2月、所沢陸軍飛行学校に入学し翌1935年11月卒業。明野で戦闘機教育を受けた後、1936年2月に飛行第8連隊に配属。
      • 1937年8月、独立飛行第10中隊に転属し、上海に配置された。
        • 同12月2日、南京上空で中国空軍の爆撃機2機を撃墜し初戦果。
      • 1940年12月、航空士官学校に入学。翌1941年7月に卒業し少尉任官、飛行第50戦隊に配属された。
        • 同年12月10日、B-172機を撃破。
      • 1942年2月9日、リマイ上空でP-40を撃墜。秋にビルマに進出。
      • 同年12月24日、マグエ飛行場にて離陸直前に爆撃を受け戦死。最終階級は中尉。
  • 出典 片翼の魔女たち/ワールドウィッチーズ扶桑皇国版 其の五

犬房由乃

いぬふさ ゆの
  • 所属 扶桑皇国陸軍飛行第50戦隊(推定)
  • 階級 曹長
  • 誕生日 3月31日
  • 使用機材
  • その他
    • 元は陸軍の装甲歩兵で、陸上ウィッチとして扶桑海事変に参加していた。
      • 上空支援を行なっていた航空ウィッチが飛ぶ姿に憧れ、航空部隊への転属願いを出す。
    • 戦況の悪化から航空ウィッチが不足しており、転属願いが受理され下士官学生として熊谷飛行学校へ入校。速成教育を受けた後、欧州派遣を視野に入れた野戦補充飛行隊に転属。
      • 優秀な成績を収め、カルパティア山脈での怪異監視任務の為の扶桑からの派遣ウィッチの一人に選抜される。
    • 欧州派遣後はカールスラント方面で義勇飛行兵団の一員として活動を続けていたが、中型ネウロイとの戦闘中に被弾し墜落。
      • 墜落地点がダキアのカンタクジノ公爵の領地だった為、そのまま公爵家に留まり治療を受けた。
      • この際使用していたユニット(キ43)も損傷したが、ダキアのIRDに送られ新品同様に修理されている。
        • IRDではこのキ43の調査結果を反映し、IRD80にキ43の構造を取り入れた新型ユニットの開発を検討。1機のみ作られた試作機はカンタクジノ予備大尉の元へ送られた。
      • 扶桑陸軍では既に戦死したと見なされており、意識が戻った時点で原隊へ連絡したところ大変驚かれたという逸話が残っている。
    • 傷が癒えた後も原隊に復帰せず、カンタクジノ予備大尉と行動を共にし「最も長い撤退戦」に従軍。
    • 元装甲歩兵という経歴からかサバイバル能力に長けており、度重なる撤退戦の中で物資や食料の調達、水の確保、敵中突破等に多大な貢献を示す。
      • バクーでの待機中、ペルシア湾方面の扶桑陸軍との連絡に成功し、ストライカーユニットや武器弾薬、物資の補給を受けて部隊を再編。
  • イメージモデル 大房養次郎 (1918-)
    • 撃墜数 19
    • その他
      • 中国・ビルマ・インド戦域における飛行第50戦隊のエース。
      • 1930年に入営、ノモンハン事変で地上部隊の砲兵曹長として従軍。航空部隊の活躍を知り戦闘機パイロットへの転属を志す。
      • 1942年6月、熊谷飛行学校に入校。卒業し仏印の第1野戦補充飛行隊に所属の後、錬成教育を受け1943年1月にビルマの飛行第50戦隊に配属。
      • 1943年11月24日、ミートキーナ上空で第7爆撃航空群のB-24と交戦、1機を撃墜したものの、同機からの反撃で被撃墜。落下傘降下で脱出するもその後41日間を病院で過ごす。
      • 復帰後は仏印・サイゴン・プノンペンと移駐しながらもスコアを伸ばし武功徽章(乙)を授与され、台湾で終戦を迎えた。
      • 戦後は樋口に改姓。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第四集/ワールドウィッチーズ扶桑皇国版 其の十二

笹内さと子

ささうち さとこ
  • 所属 扶桑皇国陸軍飛行第68戦隊第2中隊
    • ウラル方面で活躍した部隊。
  • 階級 大尉
  • 使用機材
  • その他
    • 飛行第68戦隊におけるトップエースの一人。
    • 他4人のウィッチと協力して大型ネウロイを撃墜し、68戦隊に初戦果をもたらす。
  • イメージモデル 竹内正吾 (1918-1943)
    • 撃墜数 30以上
    • その他
      • ニューギニア戦線における日本陸軍のトップエース(16機撃墜、不確実撃墜10機)と言われる。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録 第六集

川口文世

かわぐち ふみよ
  • 所属
    • 扶桑皇国陸軍飛行第11戦隊(扶桑海事変において)
    • 扶桑皇国陸軍飛行第204戦隊
  • 階級 少尉
  • 使用機材
  • 使用武器
    • 扶桑刀
  • その他
    • 扶桑海事変に際し軍に志願、飛行第11戦隊に所属したが、その頃には扶桑海事変はほぼ終結しており、殆ど戦果を挙げる事はできなかった。
    • その後、飛行第204戦隊に転属し、錬成訓練中に准尉へ昇進。士官教育を受けるよう上官に説得され養成学校へ入校。
    • 少尉任官後に原隊に復帰、ウラル方面の欧州支援任務に就き、多くの作戦に参加。
      • 夜間襲来した大型ネウロイの迎撃に出撃、非力なキ43で攻撃を仕掛け、全弾消耗の末に機銃による攻撃を捨てて肉薄、扶桑刀で2体のネウロイを撃破。
    • 大型ネウロイ狩りを得意とし、「大物食い」として知られるようになると、これらの戦果を認められ第503統合戦闘航空団設立と同時に隊員となった。
  • イメージモデル 山口文一 (1918-1992)
    • 撃墜数 19
    • その他
      • 中国・インド・ビルマ戦域において、弱武装、低速の一式戦闘機「隼」で大型爆撃機B-24を6機撃墜したエース。
      • 宮崎県出身。1936年に入営、1940年に第81期操縦学生課程を修了すると中国戦線の飛行第11戦隊第1中隊に配属。
        • 太平洋戦争緒戦ではマレー作戦に参加、1942年初頭にはパレンバンで英空軍のブレニム軽爆を迎撃したが、山口自身には接敵の機会がなかった。
      • 1942年4月、満州の鎮西で新たに編成された飛行第204戦隊に転属。終戦まで同部隊に留まる。
        • ビルマのミンガラドン飛行場を拠点とし進攻・迎撃に従事。1943年12月22日に昆明上空でP-40を撃墜し初戦果。
        • 1944年2月29日夜、滝口広少尉と共に隼でB-24を迎撃、2機の撃墜と不確実撃墜2機を記録。
      • 以後はタイ、マニラ、沖縄防衛を転戦し終戦を迎えた。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団要略増補記録集/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第三集

大林照子

おおばやし てるこ
  • 所属 扶桑皇国陸軍飛行第244戦隊戦隊長
  • 階級 大尉
  • 使用機材
  • その他
    • 扶桑本土やシベリア方面で防空に活躍。
  • イメージモデル 小林照彦 (1920-1957)
    • 撃墜数 5
      • 1機は航空機による体当たり攻撃(空対空特攻)でのB-29の撃墜。
    • その他
      • 陸軍飛行戦隊の戦隊長としては当時最年少の24歳で飛行第244戦隊戦隊長に任命。飛行第244戦隊は本土防空戦において首都圏防衛の任務にあたり「近衛飛行隊」と言われた。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録 第六集

鷹見忠江

たかみ ただえ
  • 所属 扶桑皇国陸軍飛行第244戦隊第2中隊
  • 階級 曹長
  • 誕生日 4月
  • 使用機材
  • その他
    • 大林大尉の元で活躍したウィッチの一人で、都市上空での夜間防衛戦で活躍。
    • ネウロイを撃墜するも被弾して脱出、肩を骨折した。
  • イメージモデル 鷲見忠夫 (1916-1985)
    • 撃墜数 6
      • B-29が5機、P-51が1機。
    • その他 1945年3月13日夜の大阪空襲において夜間迎撃に反復出動し、探照灯が捕捉したB-29を攻撃して4機撃墜、3機撃破。この勇戦により、武功徽章甲を叙勲した数少ない空中勤務者の一人となる。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録 第六集

生田


諏訪真寿々

すわ ますず
  • 所属 扶桑皇国陸軍独立飛行47中隊
  • 階級 中尉
  • 使用機材
  • その他
    • 諏訪天姫、諏訪五色の姉で、両親のいない二人の母親代わりの存在。
    • 面倒見のいい優しい人柄と、部下を絶対に見捨てない気配りによって、多くの人間から絶大な信頼を寄せられている。
    • 1942年時には欧州派遣部隊の第ニ陣として、試製戦闘脚のキ60のテストを兼ねて欧州へ派遣されている。
  • イメージモデル 不明
    • キ60をイメージしたウィッチの可能性がある。
    • キ60は三式戦闘機の姉妹機。
  • 出典 STRIKES(機械化乙女秘メ事パック付属ブックレット)/蒼空の乙女たち/アフリカの星/ストライクウィッチーズ零

諏訪天姫

すわ あまき
  • 所属
    • 扶桑皇国陸軍航空審査部付属福生学校(蒼空の乙女たち)
    • 扶桑皇国陸軍第47独立飛行中隊
      • 新型ユニットを欧州に派遣するための特別編成部隊。
  • 階級
    • 飛行学生(蒼空の乙女たち)
    • 少尉
  • 身長 160cm
  • 年齢
    • 16歳(あなたとできること)
    • 17歳(1945年)
  • 誕生日 4月30日
    • 『あなたとできること』の設定では12月12日になっている。
  • 使用機材
  • 使用武器
  • その他
    • 真面目で真っ直ぐ、ひたむきだが、どこかおっとりしていて天然ボケの部分も多い。
      • 何でもない所でつまづくようなドジも多い。(二期12話)
      • 誰よりも空に憧れ、誰よりも高く飛びたいと思っている。
    • 扶桑皇国陸軍航空審査部付属福生学校で士官教育を受けつつ新型ユニットのテストを行なっていたが、テスト機のキ61-II改が完成すると欧州の戦局変化に伴って少尉に任官、第47独立飛行中隊に配属。
    • 戦闘技量はそれほど高くない。
      • 新型ユニットの実験結果報告のため、たびたび欧州と扶桑の間を行き来する必要があったことから、実戦経験を積む機会が少ない事による。
    • 竹井大尉と共に第504統合戦闘航空団に配属される。
      • カールスラントから入手した新型エンジンテストのため扶桑に帰国しており、トラヤヌス作戦には不参加。
        • この時期に宮藤博士からの手紙を娘の芳佳に届けている。(一期12話、二期1話)
      • 後に竹井に再招集され、第504統合戦闘航空団に復帰。(二期12話)
  • 声優 花澤香菜
  • イメージモデル 三式戦闘機「飛燕」をイメージしたウィッチの可能性が高い。
    • キャラクターのベースは『ミリタリー・クラシックス Vol.9』(イカロス出版、2005年)初出の「帝国陸軍 三式機械化航空歩兵 飛燕」。
    • 「飛燕」は英語でフライング・スワローになり、「スワロー」と「諏訪」を掛け言葉と解釈できる。このことから、「諏訪」という名字のウィッチは三式戦闘機ファミリーを擬人化したウィッチであるとも考えられる。
  • 出典 コンプエース/STRIKES(機械化乙女秘メ事パック付属ブックレット)/蒼空の乙女たち/TVアニメ(2008年,2010年)/あなたとできること/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集

諏訪五色

すわ ごしき
  • 所属 扶桑皇国陸軍航空審査部付属福生学校
  • 階級 飛行学生 -> 軍曹
  • 使い魔 狐
    • 天空の乙女たち作中に登場。外見から狐だと思われるが詳細は不明。
  • 使用機材
  • 誕生日 2月1日
  • その他
    • 諏訪真寿々、天姫の妹。ただし血は繋がっていない。
    • 天然ボケの姉・天姫と比べ、日常生活では遥かにしっかりしている。
  • イメージモデル 「五色」は五式戦闘機から。
    • 五式戦闘機をイメージしたウィッチだと思われる。
    • 五式戦闘機は三式戦闘機のエンジンを液冷エンジンから空冷エンジンに換装した戦闘機。
  • 出典 STRIKES(機械化乙女秘メ事パック付属ブックレット)/蒼空の乙女たち/天空の乙女たち

中島小鷹

なかじま こだか
  • その他 中島錦の姉。
  • イメージモデル 「中島」は中島飛行機から。「小鷹」はハヤブサ、ハイタカ、ツミなど小型の鷹類の総称であることから 一式戦闘機「隼」からの連想の可能性が高い。
    • 一式戦闘機をイメージしたウィッチだと思われる
  • 出典 STRIKES(機械化乙女秘メ事パック付属ブックレット)

中島錦

なかじま にしき
  • 所属
    • 扶桑皇国陸軍独立飛行47中隊
    • 扶桑皇国陸軍航空審査部付属福生学校
      • 機種転換教育を受けた。
  • 階級 少尉
  • 身長 155cm
  • 年齢 17歳(あなたとできること)
  • 誕生日 12月20日
    • 『あなたとできること』の設定では10月15日になっている。
  • 愛称 「ニッキー」
    • ルッキーニ少尉による。(白銀の翼)
  • 使用機材
  • 使用武器
  • 声優 三瓶由布子
  • その他
    • 欧州派遣任務にも参加し、豊富な実戦経験を持つ。
    • 実家は長島飛行脚と関係があり、姉や妹と共に一家揃ってストライカユニット開発に協力していた。
    • 重戦闘ユニットであるキ44の開発やテストに関わり、量産決定と同時に新設された47中隊に使用法を伝える目的で参加。
      • 欧州派遣にも同行し、カールスラントでBf109の配備部隊と共に戦った。
      • その時バルクホルン、ハルトマン両名と共に戦っている……が、哀れにも二人には忘れ去られている。(白銀の翼)
      • この戦訓を受けてキ44IIが造られた際、扶桑へ帰還して機種転換訓練を受けている。
      • リベリオン製の重量級エンジンを搭載したキ44IIIの開発にも協力し、少数だが量産を実現させた。
      • これらの新型ユニットの使い方を教える為、度々欧州と扶桑を往復している。
    • 戦法はパワー重視で、欧州で学んだ一撃離脱を好み、発射速度が速い銃か大口径銃を主に使用。
      • 扶桑では珍しいズーム&ダイブ戦術が得意。(白銀の翼)
    • 生真面目で一本気、口は悪いがさっぱりした姉御肌の性格をしている。
      • 年下の面倒見も良く、諏訪天姫を妹のように扱っている。
    • ガサツに見えるがきれい好きで、基地周辺を掃除したり、整備士達と一緒に滑走路の補修や草むしりをしている事も多い。
  • イメージモデル 「中島」は中島飛行機から。「錦」は二式単座戦闘機から。
    • 二式単座戦闘機をイメージしたウィッチだと思われる。
  • 出典 STRIKES(機械化乙女秘メ事パック付属ブックレット)/蒼空の乙女たち/あなたとできること/白銀の翼(追加DLC)/TVアニメ(2010年)/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第六集

中島疾風

なかじま はやて
  • 所属 扶桑皇国陸軍航空審査部付属福生学校
  • 階級 飛行学生 -> 軍曹
  • 使い魔 猫
    • 天空の乙女たち作中に登場。外見から猫だと思われるが詳細は不明。
  • 誕生日 3月21日
  • 使用機材
  • その他
    • 高い潜在能力があり天才少女と噂されているが、逆にそれがプレッシャーとなり飛ぶ事を敬遠している。
  • イメージモデル 「中島」は中島飛行機から。「疾風」は四式戦闘機「疾風」から。
    • 四式戦闘機をイメージしたウィッチだと思われる。
  • 出典 STRIKES(機械化乙女秘メ事パック付属ブックレット)/蒼空の乙女たち/天空の乙女たち

佐野火乃香

  • 出典 STRIKES(機械化乙女秘メ事パック付属ブックレット)

北野古子

きたの ふるこ
  • 所属 第31統合戦闘飛行隊アフリカ (扶桑皇国陸軍より派遣される)
  • 階級 軍曹
  • 使い魔 不明 (ウサギ系だと思われる)
  • 使用機材
  • 使用武器
  • その他
    • 通称「ルコ(Ruko)」
  • イメージモデル 不明
  • 出典 スフィンクスの魔女


扶桑皇国海軍

イメージモデル 大日本帝国海軍航空隊

若本徹子

わかもと てつこ
  • 所属
    • 扶桑皇国海軍第12航空隊北郷部隊(1937年)
    • 扶桑皇国海軍253飛行隊
    • 扶桑皇国海軍遣欧艦隊機動部隊(1944年)
  • 階級
    • 一等飛行兵曹(1937年)
    • 中尉(1944年)
  • 年齢 12歳(1937年)
    • 19歳(1944年)
  • 誕生日 6月14日
  • 通称 「ロサ・バイン(ピンクの脚)」
    • ユニットに桜と八重桜の撃墜マークが多数書き加えられ、ピンク色のユニットとしばしば誤認された事から。
  • 使い魔 フソウオオカミ
    • フソウオオカミは20世紀初頭に絶滅したと見られるが、その未確認の生き残りなのか、霊的存在なのかは不明。
  • 固有魔法 『覚醒』
    • 一般のウィッチ以上に使い魔と「一体化」するようであり、髪が大幅に伸びる等の容姿の変化を起こす。
    • 通常よりも大きく魔法力が増幅され、大きな打撃力と極めて高い機動力を有するようになる。
      • この状態で愛刀「虎徹」を用いた近接戦闘は、大型ネウロイをも一撃で屠るほどの打撃力を持っている。
    • 使い魔による魔法力コントロールが不安定になるので、ユニットの魔導エンジン負荷が大きく、本人の魔法力消費も激しくなり戦闘継続時間が極めて短くなるデメリットを有し、使い所に注意が必要。
  • 使用機材
  • 使用武器
    • 扶桑刀
      • 一説には大業物として知られる「虎徹」ともいわれるが、真贋は不明。
  • その他
    • 扶桑最強のウィッチと言われる。
    • ウィッチとしての覚醒は早く、小学生当事に魔法力が発現。
    • 1936年に舞鶴海軍付属小学校へ編入し、正規のウィッチ教育を受ける。
      • この際、「軍神」北郷章香少佐に師事し、剣術と空戦術を学ぶ。
      • 同期の坂本美緒飛曹長(当事)とは空に剣にと競い合った仲で、竹井醇子飛曹長(当事)とも親交があった。
    • 1937年、扶桑海事変で実戦に初参加。荒削りながら後のエースの片鱗を見せた。
    • 事変後母艦訓練を受け少尉任官、扶桑海軍遣欧艦隊に選抜され機動部隊所属。
    • 一本気でやや荒っぽい言動、空戦でも才能任せの力押しが見られたが、経験を積むうちに冷静な観察眼、奇襲と一撃離脱を身上とする戦闘法を確立。
      • これにより固有魔法「覚醒」を使用する機会も減った。
    • 趣味・特技は素潜り。
  • イメージモデル 岩本徹三 (1916-1955)
    • 自称(通称)
      • 「天下の浪人」
      • 「零戦虎徹」
    • 撃墜数 202(本人の遺稿による。太平洋戦争のみ)
      • 80~100ではないかと推測されている。
      • 撃墜数は日本陸海軍(のみならず連合国のパイロットも含めた太平洋戦争を)通じて第一位と言われている。
    • その他
      • 支那事変における日本海軍航空隊のトップエース(公認14機。総出撃回数は82回)。
      • 支那事変から太平洋戦争終戦まで7年間におよぶ最前線での戦闘飛行経験を持つ。
      • 空戦においては編隊による一撃離脱戦法に徹し、深追いをしなかった。
      • 敵編隊への三号爆弾による攻撃の名手。
      • 細身で身長150cm前後と小柄。他の搭乗員は坊主刈りを強制される中で長髪を押し通した。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録 第一集/ストライクウィッチーズ零/ワールドウィッチーズ扶桑皇国版 其の四

管野直枝

かんの なおえ
  • 所属 扶桑皇国海軍第343海軍航空隊
    • 当初の原隊は遣欧艦隊だったが、後に201航空隊、次いで343航空隊に移動。但しこれらは書類上のみ。
  • 階級
    • 中尉(第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第二集による)
    • 少尉(第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集による)
  • 身長 149cm
  • 年齢 15歳(1944年末)
  • 誕生日 9月23日
  • 通称 「デストロイヤー」
    • 訓練生時代に何度もストライカーユニットを破損させた為。
  • 愛称 「ナオ」
  • 使い魔 ブルドッグ
  • 固有魔法 圧縮式超硬度防御魔方陣(超硬シールド)
    • シールドを直径数十センチまで圧縮し強度を高める能力。
    • ペテルブルグ防衛戦において、このシールドをまとった正拳突きでネウロイを落としたという武勇伝がある。
  • 使用機材
  • 使用武器
  • その他
    • 厳格な両親の元に生まれ、幼児は読書を嗜むおとなしい少女だった。
      • 文学に傾倒し、短歌や詩を日記帳に書き記していた。
      • ガリア文学にも憧れを持ち、兵学校ではガリア語を専修。
    • 豪胆で勇猛果敢な性格。
      • ウィッチ能力に目覚めた際、ネウロイと戦うには猛々しい性格であるべきと一念奮起した為。
    • 訓練の時点で、敢闘精神の旺盛さから標的にぎりぎりまで接近する事が多く、時には衝突してストライカーユニットを破損させた。
      • 相手に肉薄して紙一重で避けるという戦法を得意とするようになる。
    • 「弾が切れれば刀で、刀が折れれば体当たりで」という勇猛な戦闘スタイル。
      • 「敵は大きいほど落とし甲斐がある」が持論。
      • 目標真上から急降下し、すれ違いざまの射撃を得意とする。
    • 協調性のない一匹狼だが、同隊のポクルイーシキン大尉には頭が上がらない。
      • 幼い頃特に優しくしてくれた実姉の面影があるからだという。
    • 少尉任官と同時に遣欧艦隊に配属され、バルバロッサ作戦に投入される。
      • 地上部隊に配属され、ペテルブルグ侵攻作戦から内陸支援。後期にはペテルブルグ防衛の任に就いた。
    • 欧州での戦いの中で各国のウィッチと交流を深め、後に第502統合戦闘航空団が設立されるとその一員となる。
    • 名前の漢字はイメージモデルの「菅野」とは違い、「管野」なので注意。
  • 声優 村川梨衣
  • イメージモデル 菅野直 (1921-1945)
    • 通称
      • 「ブルドッグ」
      • 「イエローファイター」
      • 「菅野デストロイヤー」
    • 撃墜数 72(協同撃墜を含む)
    • その他
      • 飛行学生時代に教官機と接触しかけるなどの荒い操縦により何度も機体を壊す。
      • ヤップ島防空戦でB-24の尾翼に自機の主翼をぶつけ撃墜したことがある。
      • 空戦では「敵パイロットが見えるほど」の近距離からコクピットを狙い撃つ典型的インファイター。
  • 出典 next world witches/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第二集/ワールドウィッチーズ扶桑皇国版 其の壱/TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』(2016年)

新藤美枝

しんどう みえ
  • 所属 扶桑皇国海軍第582航空隊
  • 階級 少佐
  • 誕生日 8月28日
  • 固有魔法 『三次元空間把握能力』
  • 使用機材
  • その他
    • 開戦前からウィッチとして活躍し、名指揮官としても知られる。
    • 扶桑海事変から参戦している大ベテランで、零式が初陣を飾った際の部隊指揮官であり、その卓越した指導力で赫々たる戦果を挙げた。
    • 遣欧艦隊機動部隊でも空母赤城のウィッチ隊指揮官を務め、一時はリバウ航空隊の指揮官にも就任し、空母と地上部隊の指揮官を往復して指示を出した。
    • 自らが戦闘に参加するよりも上空で的確な指示を送るタイプで、指揮下の部隊では少数のウィッチでも常に効率的な戦闘を行なう事ができた。
      • 固有魔法の力もあって、空母から出撃し、海洋上で全く目印がない所からでも確実に部下を連れ帰る事ができる。
    • 自身の空戦能力も極めて高く、零式の操縦性を存分に引き出した高度なアクロバット飛行を易々とこなす。
      • 零式を知り尽くしており性能の限界も十分認識していた事から、リベリオン側から零式では共同作戦を行うのに性能不十分と通達があった際には、国内の反対を押し切ってすぐに紫電を使用機材に選定した。
  • 声優 森谷里美
  • イメージモデル 進藤三郎 (1911-2000)
    • その他
      • 歴戦の戦闘機隊指揮官として知られる搭乗員で、零式艦上戦闘機が初戦果を挙げた空戦において指揮官を務めた事で有名。
      • 広島県出身。
      • 1932年に第60期海軍兵学校を卒業、1934年11月、第26期飛行学生として霞ヶ浦航空隊に入隊、翌年7月に教程を修了し大村航空隊に配属。
      • 1937年3月、加賀戦闘機隊分隊長、次いで12月には佐伯航空隊に勤務。
      • 1938年7月、第13航空隊付に補され中支戦線に進出、要地防空任務にあたった後、12月に内地帰還し大村航空隊に勤務。
      • 1940年5月、第12航空隊分隊長を拝命し再び中支戦線に進出、漢口基地で零戦の錬成訓練にあたる。
        • 零戦初出撃である同8月19日の第1回重慶攻撃では陸攻隊を直掩して重慶上空に進攻したが、敵機を発見できず帰還。
      • 同9月13日、零戦13機を率い重慶を再度攻撃。上空をデモ飛行中の敵戦闘機30機を捕捉して空戦に入り、自らの1機撃墜を含め27機を撃墜、味方の損失は無し。
      • 同11月、第14航空隊に転属、次いで1941年4月には新編成の第1航空艦隊の旗艦である赤城の戦闘機隊分隊長に補され鹿児島基地に赴任、ハワイ作戦に備えた訓練にあたった。
      • 真珠湾攻撃では第二次攻撃隊制空隊指揮官としてフォード島のヒッカム飛行場銃撃に加わり、次いで蘭印攻略作戦、インド洋作戦に参加した後、1942年4月本土帰還。
      • 徳島航空隊飛行隊長を経て11月に第582航空隊飛行隊長に転じ前線復帰、1943年7月に第204航空隊飛行隊長、12月には龍鳳戦闘機隊長を歴任しつつソロモン航空戦に参加。
      • 1944年2月本土帰還、3月に第653航空隊飛行隊長、11月に第203航空隊飛行隊長を歴任。
      • 1945年5月築波航空隊に転属し、最後は戦闘402飛行隊を指揮し福知山基地で終戦を迎えた。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録 第一集/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第六集/TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』(2016年)

宮藤芳佳

みやふじ よしか
  • 所属
    • 扶桑皇国海軍遣欧艦隊第24航空戦隊288航空隊(一期)
    • 連合軍第501統合戦闘航空団「STRIKE WITCHES」解散後予備役扱い
    • 坂本少佐の計らいで扶桑皇国海軍遣欧艦隊第24航空戦隊288航空隊に復帰(二期)
  • 階級 軍曹
    • ヴェネツィア解放後少尉に昇格
    • コンプエースやプロモーションDVD版では上等飛行兵曹だった。
  • 身長 150cm
  • 年齢 14歳
    • 第6話(一期)より15歳。
  • 誕生日 8月18日
  • 通称
    • 「ちびっ子」
    • 「豆藤」
  • 使い魔 豆柴「九字兼定」
  • 固有魔法 治癒能力
    • 念動系の一種に分類される。
    • 魔法によってその生物が元あった姿に治そうとするものであり、外傷のみならず病気に対しても有効である。
      • 当初は一人の治療で疲労しており連続しての使用は難しかったが、訓練と実戦を経て十人以上連続治療しても問題なく戦闘できるほどに大きく成長している。(二期8話)
  • その他の魔法技術
    • 特筆すべき能力としてシールドの強大さが挙げられ、多重シールド(二期8話)や巨大なシールドの生成など、攻守に亘り使い分ける。
    • 魔法力の潜在能力と成長幅が群を抜いて大きく、既存の零式艦上戦闘脚では魔力に耐え切れなくなり、自動的にリミッターが起動して飛行に不調をきたしてしまった。(二期8話)
    • 自らの魔法力を付与する事により、対象となったウィッチの魔法力を増大させ、固有魔法・身体能力共に大幅に強化させる事ができる。(いやす・なおす・ぷにぷにする)
  • パーソナルマーク 旭日に海軍帽を被った九字兼定(使い魔である豆芝の名前)
  • 使用機材
  • 使用武器
    • 九九式二号二型改13mm機関銃 (13mm Machine gun type99)
      • 20mm×101RB仕様を13.2mm×99へ改造、それを欧州派遣部隊用に弾薬の手に入りやすい12.7mm×99に再改造。
    • M712シュネルフォイアー (Mauser Schnellfeur M712)
      • 通称は 「マウザー(モーゼル)ミリタリー」もしくは「ブルームハンドル」(箒の柄)。
      • 「ブルームハンドル」(箒の柄)という通称はc96シリーズのグリップがそれに似ているためつけられた。
  • その他
    • 「ストライカーユニットの父」として高名な研究者である宮藤一郎博士の一人娘。母親の清佳(さやか)、祖母の秋本芳子(あきもと・よしこ)は共に20歳を越えても高い魔法力を維持しており、極めて稀有な家系であるといえる。
      • 祖母は従軍経験があり、重症の患者を一瞬で治療した、百人程治療した後でもケロリとしていた、など数々の武勇伝を持っているほどの凄腕。
      • 父の研究については坂本少佐に知らされるまで知らなかった。
      • 家系上の従姉妹にあたる山川美千子(やまかわ・みちこ、みっちゃん)は一切の魔法力を持たないが、幼馴染の同級生で一番の親友である。
    • 性格は純真でまっすぐ、ひたむきでいつも元気だが、意外と頑固。友達思いで義理堅い。諦めず常に前向きに邁進し、ここ一番の本番に強い精神の図太さを持つ。
      • 初めて空母に乗艦していた頃から家事をすすんで手伝うなどしており、501に入隊した後も乗艦時に手が空いていれば手伝っていた模様。その親しみやすさや赤城を守ったことなどもあって扶桑皇国海軍の兵士から大変人気があり、恋文を貰ったこともあった。(一期第8話)
      • 魔法知識に乏しく飛行訓練を一度もせぬまま、実戦で初飛行に成功。(一期2話)
      • 不規則機動中の敵機に射撃を当てたり、坂本少佐の得意技である「左捻り込み」を見よう見まねでやってのけるなど、戦闘センスはあるようだ。
      • 空母『赤城』と融合したネウロイの巣の大型コアを、自らのストライカーユニットをぶつけるという機転で破壊。(一期12話)
        • ロマーニャに出現したネウロイの巣との最終決戦にて坂本少佐の「烈風丸」を使い、自身の魔力を全て注ぎ込み烈風斬を発動し坂本少佐を助け出すも、それがきっかけで全魔力を失ってしまう結果となる。(二期12話)
      • 軍を退役して以来の半年間のブランクを物ともせず、ストライカーユニットを駆って基地を飛び立った二式大艇に追いつく。(二期1話)
      • 飛行試験も済んでいない新型ストライカーユニット『震電』を、初飛行でほぼ完璧に使いこなす。(二期8話)
      • 親友であるビショップ曹長を傷つけられた怒りから、訓練でも見せた事のない多重シールドを駆使し超大型ネウロイの体内に侵入、容易くこれを単独撃破。(二期8話)
    • 頭より先に体が動くタイプで、直感で行動する事も少なくない。他人のために何かしたい、いつも誰かの為に役立ちたいという意識が強いが、思い込みから他人の気持ちを読めずに失敗することも多々ある。
      • 「ネウロイと和解できるかもしれない」という思い込みから、独断で人型ネウロイと接触を試み、結果として坂本少佐が撃墜され負傷する。(一期9話)
      • 人型ネウロイとの和解を諦めきれずに自室禁固を破り脱走。この事がマロニー大将一派の介入を受け部隊解散の危機を呼び込む。(一期10話)
      • 自分の魔法力が無くなってしまうとしても、それで大切な人々が救えるのであれば無くなっても構わないと発言している。(二期12話)
    • 物怖じせず人見知りしない性向から、隊員としては最も遅い加入だったにもかかわらず隊の誰とも万遍無く交友がある。
      • 特に親友であるビショップ曹長、共に行動する機会の多かったクロステルマン中尉とのケッテでは息のあったコンビネーションを見せる。(一期12話、二期3話)
    • 第501統合戦闘航空団への入隊前は、横須賀第四女子中学校(旧横須賀第二高等小学校)の二年生。成績は中の中。
      • 補給の為に一時帰国していた坂本少佐に直接スカウトされる。当初は軍人である坂本少佐に対する嫌悪感を隠さず従軍の意思も皆無だったが、戦死したと聞かされていた父からの手紙が届いた事から事実を確かめるために横須賀基地に向かい、なし崩し的に欧州に向かう空母『赤城』に乗り込む事となる。(一期1話)
      • 横須賀基地には退役後も自作の菓子等を差し入れしており、この事から整備兵に人気がある。(二期1話)
    • 山村育ちで世界情勢に疎い。将来は単純に祖母が営む診療所を継ぐ事を決めており、他の選択肢は全く考えていなかった。
      • 人を傷つける事が大嫌いで、誰かを守りたいという気持ちが強い。診療所を継ごうと考えていたのはこのため。
      • ウィッチに対する知識も乏しく、他の少女達がウィッチに対して持っている憧れも全く理解していない。
        • 多くの少女達をウィッチに憧れさせたとされる有名な宣伝映画『扶桑海の閃光』を観ていない。(秘め歌コレクション 1)
      • 有名人に対する免疫がないせいか、人一倍世事に疎い割にミーハー感覚でサインを欲しがる傾向がある。
        • 補給の為に立ち寄ったロサンジェルスで、人だかりができていたという理由で、誰とも知らぬまま、当時子役として著名であり後の大女優となるエリザベス・テーラーと写真を撮りサインを貰う。(二期小説1巻)
        • 基地を訪れるまで知らなかったマルセイユ大尉が、世界的に有名なウィッチだと知るやサインを欲しがる。(二期10話)
      • 田舎育ちなので、都会に行くとちょっと落ち着かない。(秘め声CD 6)
    • 人を傷つける戦争や銃には生理的な嫌悪感を抱いており、大好きだった父親を奪われた事が戦争嫌いに拍車をかけた。ただし知識ではなく感情で嫌がっているので、心の底では父親と約束した「その力を、多くの人を守るために」使って戦う事は止むを得ないとも思っている。
    • ちびの大食いで、家事一般でも特に料理が得意。扶桑料理しか作れないが、特に納豆は自分で作るほどのこだわりがある。
      • ブリタニア料理は実は苦手。(秘め声CD 6)
    • 健康には自信があり、今まで風邪をひいた事がないのが自慢。(二期8話)
    • 第501統合戦闘航空団への入隊後におっぱい星人に覚醒する。能動的に手を出す方ではないが、ごく自然な動作で胸元に顔や手を寄せたり、胸元に熱い視線を送っている。
      • ビショップ曹長との共同訓練や任務後に倒れ込む際は、必ず胸元に顔と手を寄せている。水上訓練や入浴、バルクホルン大尉がジェットストライカーを起動させた際などは自然と胸元を注視している。(一期3話、5話、二期3話、4話、7話、8話、9話)
      • ビショップ曹長と寝るときは必ず胸に手がいく。けしからん。
      • イェーガー大尉の胸を鷲掴みにした時は至福の笑みを浮かべ、衝突し倒れた時は胸元に顔を埋めている。また同大尉とマルセイユ大尉との胸の大きさでの争いの時などは無意識に目を輝かせている。(一期5話、二期7話、10話)
      • 前方不注意から坂本少佐の胸をストレートにつかんでいる。(一期5話)
      • 坂本少佐と浴場で遭った際、同少佐の胸の事を考えるあまり湯あたりしてしまう。(秘め歌コレクション 1)
    • ガリア解放による第501統合戦闘航空団解散後は、復学し横須賀第四女子中学校を卒業した。(二期1話)
      • 予備役扱いとされているが、実際はネウロイとの接触に起因する一連の軍規違反とその後の軍功を秤にかけての不名誉除隊であり、本人にはその事実は知らされていない。(秘め録CD 上)
    • 坂本少佐を取り込んだ巨大ネウロイコアを破壊するために、少佐が使っていた烈風丸にありったけの魔力を注ぎこんだため全ての魔力を喪失(二期12話)
  • 声優 福圓美里
  • イメージモデル 武藤金義 (1916-1945)
    • 所属 大日本帝国海軍航空隊
    • 通称 「空の宮本武蔵
    • 愛称
      • 「ムトキン」
      • 「金ちゃん」
    • 撃墜数 28~30
    • その他
      • 大量のグラマン編隊の一部12機にオレンジ塗装の試作紫電単機で挑み、2機撃墜の戦果を挙げた。
      • この戦闘は基地からも見え、まるで一乗寺下り松の決闘を思わせることから「空の宮本武蔵」との異名を取ることとなった。
      • 200機以上のアメリカ軍用機を迎撃するために出撃し、激戦の中で消息を断つ。
      • 坂井三郎は、彼が自分の身代わりになって死んだのではないかと終生気に病んでいたという。
      • 愛媛県愛南町には、海底から引き上げられた国内唯一の紫電改が保存されている。墜落時のパイロットは特定されていないが、武藤金義が乗っていた可能性がある。
  • 出典 TVアニメ(2008年,2010年)/コンプエース など多数

坂本美緒

さかもと みお
  • 所属
    • 扶桑皇国海軍第12航空隊北郷部隊(1937年)
    • 扶桑皇国海軍遣欧艦隊第24航空戦隊288航空隊(1944年)
  • 階級
    • 一飛曹(1937年)
    • 少尉
      • コンプエースやプロモーションDVD版での階級。
    • 少佐
      • 扶桑の原隊では大尉であったが、旧501での功績により少佐に昇進した。(戦闘記録集弐 一巻)
      • 2期2.1話の時点で「実階級はやっと少佐になった」と発言している。(秘め録CD 上)
  • 身長 165cm
  • 年齢
    • 19歳(一期)
      • 一期6話が8月18日で一期12話が9月なので、この間で20歳になっている。
    • 20歳(二期)
  • 誕生日 8月26日
  • 通称 「サムライ」
  • 使い魔 ドーベルマン
  • 固有魔法 魔眼
    • 感知系に分類される。超視力で遥か遠方の物を識別したり、人間の視力では通常見ることができない領域まで見通すことができる。
    • ただし、視界の届く範囲までが限界であり、夜間や厚い雲、建造物等の障害物を透視する事はできない。
    • 実戦においては遠距離のネウロイの目視やネウロイ内部のコアの視認に使用される。
  • その他の魔法技術
    • 自ら鍛え上げた愛刀『烈風丸』と卓越した剣の技量を組み合わせる事により、新たなる必殺技『烈風斬』を習得した。(二期2話)
      • 刀剣の切っ先に魔法力を一極集中させてコアごと大型ネウロイをも両断する技で、本来ならば念動系に属するものであり、念動系の魔女ではない坂本にとって修得は至難の業である。
      • 古来より扶桑に伝わる秘剣であり、更なる極みには『真・烈風斬』も存在する。(二期8話、二期12話)
    • ストライカーの機動力と卓越した技術でビームを「見切り」で回避することが出来る。(二期2話)
    • シールドは使えなくなったが、烈風丸でネウロイのビームを切り裂く新たな防御方法を習得した。(二期2話)
  • パーソナルマーク 右目に眼帯をつけたドーベルマン
  • 使用機材
  • 使用武器
    • 九九式二号二型改13mm機関銃 (13mm Machine gun type99)
      • 20mm×101RB仕様を13.2mm×99へ改造、欧州派遣部隊用に弾薬の手に入りやすい12.7mm×99に再改造。
    • 扶桑刀 (japanese sword)
      • 無銘。一説には正国ともいわれているが、真贋は不明。
    • 烈風丸 (Leppu-maru)(二期)
      • 自ら魔法力を刀身に打ち込んで鍛え上げた扶桑刀。ネウロイのビームをも切り裂く力を秘めている。
      • 魔法力を吸い上げる妖刀であり、年齢により魔力が衰退して行く中で戦う力を手に入れるもウィッチとしての寿命を大幅に縮めてしまう結果となった。(二期11話)
        • ネウロイの大群に囲まれたクロステルマン中尉とビショップ曹長を助ける為に烈風斬を放つも魔力が枯渇してしまった為に傷1つ付けられず、烈風丸は大和の甲板まで弾き飛ばされ突き刺さってしまった。(二期11話)
  • その他
    • 扶桑海事変(1937年)等のネウロイとの前哨戦で勇名を馳せた一流のベテランウィッチ。部下を束ねる統率力に優れ、部下だけでなく上官も教育して能力を導くのに長けている。
      • 訓練の鬼で、自分に厳しく他人にも厳しいが、それは部下を失うのを誰よりも恐れているからである。
      • 訓練マニアの面があり格納庫には剣道の防具、木刀、竹刀、弓矢、薙刀、砂箱、鉄球等の怪しげな訓練道具が山積みになっている。
      • 僚機を失った事がなく、それを誇りにしている。
      • 後を任せられるような優秀な部下を育てるのが夢で、特に世話になった宮藤博士の遺児である宮藤軍曹の育成には責任を感じている。(秘め声CD 1)
    • チーム全体を父親的雰囲気でまとめており、戦闘では優秀な前線指揮官として活躍する。
    • ネウロイの本格侵攻前にブリタニアに派遣され、零式艦上戦闘脚の開発に従事していた。この時期欧州で研究に明け暮れていた宮藤博士とも密接な関わりがある。
    • 侵攻後はそのまま欧州に留まり、扶桑皇国海軍遣欧艦隊リバウ航空隊所属として欧州防衛の一端を担う。カールスラント崩壊後も民衆の避難が完了するまでリバウ防衛を続けたが、その際に負傷し一時扶桑へと帰還。
      • 当時の上官である竹井少尉(現大尉)とは仲が良く、リバウ撤退後も友人として交流が続いている。
      • 長距離移動が多く、補給の為に立ち寄ったカールスラント軍基地でヴィルケ中佐と出会っている。(秘め録CD 上)
      • この時期欧州を転戦していたガランド少将(当時大尉)とも面識がある。(秘め録CD 上)
    • 豪放磊落で明るく、男勝りでさばさばしており、日常生活では細かいことにこだわらない性格。義理人情に厚く、浪花節でもある。座右の銘は『質実剛健』。
      • どんな窮地でも決して諦めず解決策を求めようとする。実は涙脆いが、人前では決して涙を見せない。
        • 決戦を前に魔力が枯渇した悔しさと絶望感から、ヴィルケ中佐の前で号泣。(二期11話)
      • 熱血型で、一見単純直情に見えるが、戦闘においては冷静かつ緻密な思考と大胆な行動を兼ね備えている。
    • その人柄や戦歴から多くのウィッチに慕われているが、本人はあまりそれに気がついてはいないようである。
      • 同隊のクロステルマン中尉から頻繁にアプローチを受けているが、あくまで勤勉な下士官の上官に対するそれと考えており、特別な好意には全く気付いていない。
      • 結成以前からの長い付き合いであるヴィルケ中佐からも友情を越えた好意を持たれているようである。
      • 専属の従兵兼運転手である土方圭助(ひじかた けいすけ)二等兵(現兵曹)からは、崇拝に近い絶対的な敬意を受けている。
    • 特に食べ物の好き嫌いはなく、食べられるものなら何でもきっちり食べる。
      • その反面、幼少時から軍に在籍していた為に自ら料理する事は苦手で、魚は捌けるがおにぎりはどう握っても丸くなってしまうのが本人の悩み。(秘め声CD 1、秘め歌コレクション 1)
      • 鍛錬に鍛錬を重ね、扶桑刀で卵を横一文字に斬る「秘技・卵斬り」を会得した。(秘め話CD 3)
    • 茶道の心得があるが、堅苦しい作法にはこだわりはない。(秘め話CD 1)
    • 温泉好き。(秘め声CD 1)
      • 501基地に扶桑式の風呂を設営したのは本人の意向である。(一期、二期)
      • 泣いている姿を人に見られたくなかったのかシャワーを使っていた(二期11話)
    • ガリア解放による第501統合戦闘航空団一時解散後は、その功績により少佐に昇進。休養を兼ねて海軍ウィッチ養成学校の臨時教官を勤めていたが三ヶ月で退官し、以降は衰えた魔法力で戦うための修行と、扶桑刀「烈風丸」の作刀に勤しむ。(戦闘記録集弐 一巻)
      • この時期、扶桑海事変での戦友である黒江大尉に7年振りに再会を求め、模擬戦の中で秘剣『雲耀』に開花。後の『烈風斬』修得への足掛かりとする。(キミとつながる空)
      • その後長期休暇をとり、シールド弱体化を克服すべく山に篭り自ら魔力を込めて刀を打っていた。(二期1話)
    • 欧州での生活が長かったからか、車は右ハンドル仕様の物を使用している。(二期3話)
    • ロマーニャで修行していた時期があり、当時の師匠であるアンナ・フェラーラには相当しごかれてベッドに悪口を書くくらい恨んでいた。現在でも幾許かの苦手意識がある様子。(二期3話)
  • 声優
  • イメージモデル 坂井三郎 (1916-2000)
  • 出典 TVアニメ(2008年,2010年)/コンプエース など多数

竹井醇子

たけい じゅんこ
  • 所属
    • 扶桑皇国海軍第12航空隊北郷部隊(1937年)
    • 扶桑皇国海軍遣欧艦隊第24航空戦隊288航空隊(1945年)
  • 階級
    • 少尉
    • 大尉(第504統合戦闘航空団所属時)
  • 身長 165cm
  • 年齢
    • 11歳(1937年)
    • 19歳(1945年)
  • 誕生日 2月13日
  • 通称 「リバウの貴婦人」
    • 柔らかい物腰と穏やかな立ち振る舞いから。
  • 愛称 「ジュンジュン」
    • ルッキーニ少尉による。(蒼空の電撃戦、白銀の翼)
  • 使い魔 白犬
    • 紀州犬の血統である可能性がある。
  • 使用機材
  • 使用火器
  • その他
    • 国際情勢に詳しく、大局観とバランス感覚に長けた優秀な士官。
    • 海軍の上級将校の子女で、特別魔女になりたかった訳ではないが、魔法力が発現した事から講導館に行く事になった。
    • 北郷少佐に講導館剣道の指南を受けており、坂本少佐、若本中尉とは舞鶴時代からの付き合い。
      • 当時は坂本の事を「美緒ちゃん」と呼んでいた。
    • 扶桑海事変で初陣を飾り、その後正規の士官教育を受けて少尉任官。
      • 当時は体格も小さく、練度の低さもあり周囲の評価は低かったが、加藤武子少尉(当時)との交流を経て指揮官としての適正を開花させていった。
    • 大戦初期になると扶桑海軍遣欧艦隊の基地であったリバウに派遣される。
      • リバウでは坂本を師と仰ぎ、戦闘指導を受けていた。
      • 後に西沢義子少尉(当時)を加えた三人で卓越した戦果を挙げ、「リバウの三羽烏」と呼ばれた。
    • 戦闘指揮官としての能力が高い坂本に対し、部隊運営や指揮、管理調整能力に定評があり、優秀な士官候補生と見なされていた。
      • その意見には坂本も素直に耳を傾けていたという。
    • 扶桑のリバウ撤退後は本国に戻り、訓練学校にて教官として後進の育成に尽力、優秀な指導能力を発揮。
      • 指導者としては、集団の連携及び平均レベルの底上げを重視。
    • 第501統合戦闘航空団へ隊長候補の研修生として派遣され、ガリア湾岸上陸作戦に参加。同作戦の失敗後に研修を終了し扶桑本国に帰還。(蒼空の電撃戦)
    • 1944年に第504統合戦闘航空団が設立されると、戦闘隊長として招聘される。
      • 空母天城にて欧州へ向かい、一旦ブリタニアの旧501基地に立ち寄って物資と人員を引き継いだ後、ロマーニャの基地に移動。(白銀の翼)
    • トラヤヌス作戦を陣頭指揮するが、同作戦失敗に伴い撤退戦を指揮。(二期1話)
      • 軽傷を負うもマルヴェッツィ中尉の治癒魔法で回復。
      • 同隊が機能停止中もロマーニャに留まり部隊再建に尽力する。(二期3話)
    • 料理は結構得意で、中でもカレーは得意中の得意。他にも肉じゃが、竜田揚げ等の煮込み料理、揚げ料理が得意。(秘め声CD弐 1)
    • 「鼓舞」という僚機の魔法力を強化する固有魔法を持っているとされているがアニメ本編での詳細は不明(白銀の翼)
  • 声優 浅野真澄
  • イメージモデル 笹井醇一 (1918-1942)
    • 通称
    • 撃墜数 27(公認)
      • 57以上とも。
    • その他
      • 海軍兵学校出身者の中ではトップエース。
      • ラバウルにおける台南航空隊で坂井三郎や西澤広義が所属する第二中隊の中隊長を務める。
      • 先任搭乗員だった坂井三郎は彼の教育を任され厳しく鍛えた。
      • 1942年8月26日、ガダルカナル上空でアメリカ海兵隊マリオン・カール大尉との激しいドッグファイトの末、撃墜され戦死。
        • この一戦は零戦とF4Fとの名勝負のひとつとして知られる。
        • この日は階級を越えた師匠であり親友であった坂井三郎の誕生日でもあった。
  • 出典 天空の乙女たち/世界の航空歩兵シリーズ/蒼空の電撃戦/白銀の翼/TVアニメ(2010年)/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集/秘め声CD弐 1/ストライクウィッチーズ零

服部静夏

はっとり しずか
  • 所属 扶桑皇国海軍
  • 階級 軍曹(士官候補生)
  • 身長 159cm
  • 年齢 14歳(1945年)
  • 誕生日 8月18日
  • 声優 内田彩
  • イメージモデル 羽藤一志 (1922-1942)
    • 撃墜数 19
    • 愛称 「ポッポ」
    • その他
      • 西沢広義・坂井三郎・笹井醇一らと共に知られる台南空のエース。
  • 出典 ストライクウィッチーズ劇場版

雁淵孝美

かりぶち たかみ
  • 所属 扶桑皇国海軍
  • 階級 大尉
  • 誕生日 10月22日
  • 使用機材
  • その他
    • 顔立ちは幼いが、どんな苦境にあっても明るい笑みを絶やさない性格。
      • 階級を気にせず誰にでも親しく言葉をかける事ができる。
      • 問題を見つけるとすぐに解決を試み、常に部隊の融和を図ろうとする優れた能力を持っている。
    • 空中では敢闘精神旺盛で、誰よりも先に吶喊し、的確な操縦技量で敵を撃墜する腕前の持ち主。
    • 陸上部隊が中心で母艦乗り組みはさほど多くないが、第508統合航空団の設立に伴い、新藤少佐から最初のメンバーとして選出された。
      • リバウ時代に新藤少佐と面識があり、その腕前と性格を十分に知られていた。
      • 扶桑のウィッチは陸上部隊であっても海上での航法が十分に叩き込まれており、誰でも母艦での離着陸程度は容易にこなすだけの腕前が要求されていた為、陸上部隊出身である事は大した問題とはならなかった。
      • 紫電一一型に完熟しており、その性格が統合戦闘航空団の先任として適任と判断された。
  • 声優 末柄里恵
  • イメージモデル 鴛淵孝 (1919-1945)
    • 撃墜数 6
    • その他
      • 長崎県出身。六人兄弟の四男で、明るく寛容な人柄で知られた。
      • 1937年4月、第68期海軍兵学校入学。鉄拳制裁等を行わず身をもって模範を示す学生生活を送った。
      • 1941年4月、少尉任官し第三十六期飛行学生となる。
      • 1942年7月、同期生の村田功中尉、大野竹好中尉と共に最前線のラバウルに展開する台南海軍航空隊へ配属。
        • 同8月7日にガダルカナルで先任搭乗員だった坂井三郎一飛曹が被弾し重傷、数日後に内地へ帰還。同8月26日、ガダルカナルへ進攻した笹井醇一中尉が未帰還。
        • 台南空着任時、笹井中尉に才能を見込まれ、坂井一飛曹に育成を依頼したといわれる。
      • 同11月1日、台南海軍航空隊は戦力回復のため内地へ帰還し、第251海軍航空隊に改称。
      • 1943年5月、第251海軍航空隊分隊長として僚隊の第201海軍航空隊第204海軍航空隊と共にラバウルへ再進出。
      • 同9月、第251海軍航空隊は夜間戦闘機隊に改編。この改編に伴い、西沢広義飛曹長と共にサイパンから進出した第253海軍航空隊へ転属。
      • 同11月1日、大尉に昇進。
      • 1944年4月、第203海軍航空隊の戦闘304飛行隊長に着任。
        • 同年11月、レイテ島タクロバン飛行場攻撃の際に地上砲火を右足先へ受け負傷しセブ島に不時着。療養のため内地送還となる。
      • 1945年1月8日、第343海軍航空隊着任。
      • 同7月24日、紫電二一型を駆って大村基地を出撃、豊後水道上空で約200機の敵機を迎撃するも被弾し戦場を離脱、その後行方不明となり未帰還。後に少佐に昇進。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第六集/TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』(2016年)

雁淵ひかり

かりぶち ひかり
  • 所属 
    • 扶桑皇国海軍佐世保航空予備学校
    • 扶桑皇国海軍第377航空隊特設欧州支隊
  • 階級 軍曹
  • 身長 156cm
  • 年齢 14歳(1944年)
  • 誕生日 5月26日
  • 声優 加隈亜衣
  • イメージモデル 鴛淵光子(鴛淵孝の妹)
  • 出典 TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』(2016年)

松田昌子

まつだ しょうこ
  • 所属 扶桑皇国海軍
  • 階級 少尉
  • 誕生日 7月1日
  • 使用機材
  • その他
    • ネウロイ侵攻以後に軍に入った若手だが、その腕前は扶桑海軍でもトップクラスで、多数のネウロイ撃墜を果たしている。
    • さながら研ぎ澄ました扶桑刀のような切れ味の空戦技能と、殆ど後ろを見ず真っ直ぐに敵に突き進む戦法は、見る者に無謀さを感じさせる程であった。
      • この戦法を危み、環境を変える事で余裕を持たせようと考えた雁淵大尉により、第508統合戦闘航空団に推薦された。
      • 雁淵大尉と同部隊に配属され、紫電一一型の習熟訓練中だった。
    • 第508統合戦闘航空団に配属されて後は2人1組のロッテ戦法を行うようになり、更には2番機として長機を守る任務に就いた為、無謀な行動は影を潜めるようになっていった。
  • イメージモデル 杉田庄一 (1924-1945)
    • 撃墜数 120以上
    • 通称 「闘魂の塊」
    • 愛称 「杉さん」
    • その他
      • 第204航空隊の最多撃墜数保持者として知られる。
      • 新潟県出身。
      • 1940年6月、横須賀海兵団に入団、翌年4月に第3期丙種飛行予科練習生を卒業し第17期飛練過程に進み、大分航空隊で戦闘機専修延長教育を受けた。
      • 1942年4月、第6航空隊に配属され、木更津基地で練成訓練に当たった。
      • ミッドウェー海戦に参加し、占領後の同島進駐部隊として輸送船慶洋丸に乗船したが、大敗による作戦中止のため本土に帰還。
      • 同10月、ソロモン航空戦加入の為ラバウル、次いでブーゲンビル島ブイン基地に進出。
        • 同12月1日、ブイン上空迎撃戦でB-17を神田飛長と共同撃墜し初戦果。
        • ソロモン、ラバウル、東部ニューギニアを転戦し戦果を重ねた。
      • 1943年4月18日、山本五十六連合艦隊司令長官の前線視察に6機の零戦による直掩戦闘機隊の1機として任務に当たり、ブイン上空でP-38と交戦し1機を撃墜するも、山本長官機は撃墜されてしまった(海軍甲事件)。
      • この後、ガダルカナル島攻撃ツラギ、ルンガ泊地攻撃、ルッセル島攻撃、レンドバ攻撃、船団護衛、ベララベラ攻撃、ブイン迎撃戦等に参加、8月26日にショートランド島東南海上で約20機のF4Uと交戦し被弾、落下傘降下で脱出するも全身火傷の重症を負いラバウル第八海軍病院に入院、後本土に送還され横須賀、舞鶴海軍病院で治療に務めた。
      • 負傷回復後は大村航空隊に勤務し飛練35期の教員を務め、在職中坂井三郎飛曹長と共にソロモン戦域での最多撃墜記録保持者として表彰された。
      • 1944年3月、第263航空隊に転属しカロリン諸島マリアナペリリュー島を転戦、同7月8日、重松康弘大尉率いる零戦6機でパラオに向かう途中のヤップ付近でVF-31F6Fに迎撃され、ただ一人生き残りペリリュー島に逃れた後、第263航空隊の解隊に伴いダバオに後退し第201航空隊に編入。
      • 本土帰還後の1945年1月、第343航空隊戦闘301飛行隊に転属、松山基地で紫電改の練成に当たり、3月19日に松山上空迎撃戦に参加。
      • 同4月以降の沖縄作戦開始以降は鹿屋基地に進出して沖縄航空戦に参加。
      • 4月15日、迎撃のため鹿屋基地を離陸中にVF-46所属ロバート・ウェザラップ少佐搭乗のF6Fに奇襲攻撃され墜死。死後二階級特進し少尉。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第六集

小村定恵

こむら さだえ
  • 所属 扶桑皇国海軍
  • 階級 少尉
  • 誕生日 4月18日
  • 使用機材
  • その他
    • 豪快でありつつも人情に厚い性格で、リベリオン人にも引けを取らない長身の体格。
    • 開戦以来、遣欧艦隊の三番艦翔鶴に乗り込んでいたが、母艦と共に第508統合戦闘航空団に送られる事になった。
      • 翔鶴が損傷してドッグ入りの為に扶桑に戻っていた事から。
    • そのまま翔鶴に残るはずだったが、エンタープライズを母艦とするリベリオンのサッチ中佐は航空参謀としてほとんど飛行を行わない為、戦力の均衡を図ってエンタープライズに送り込まれた。
      • 体格的にリベリオン人に見劣りせず、性格的にも気楽にやっていけると思われた事による。
      • この人選は成功し、ハリス大尉とすぐに打ち解け親交を深めた。
  • イメージモデル 小町定 (1920-)
    • 通称 「荒武者」
    • 撃墜数 40
    • その他
      • 真珠湾攻撃から1945年8月18日の第二次世界大戦最後の空戦まで太平洋戦争の全期間を戦い抜いた搭乗員で、岩本徹三、熊谷鉄太郎らと並び敵編隊への三号爆弾による攻撃の名手。
      • 身長185cmと長身の偉丈夫。
      • 石川県出身。その軍功でよく新聞を賑わせ故郷でも有名人であった。
      • 1938年6月、呉海兵団に入団。
      • 1939年11月、第49期操縦練習生に採用され霞ヶ浦航空隊に入隊、1940年6月に操練を卒業、戦闘機搭乗員となる。
      • 大分航空隊で延長教育の後、1940年4月、新編成の第一航空艦隊空母赤城戦闘機隊に配属され、鹿児島基地で訓練に当たった。
      • 同年9月、第五航空戦隊空母翔鶴戦闘機隊に転属、太平洋戦争開戦日には真珠湾攻撃部隊の母艦直衛任務に当たった。
      • 1942年5月、珊瑚海海戦においてF4F2機(うち1機は共同)、SBD1機を落とし初撃墜を記録。
      • 同8月24日、第二次ソロモン海戦ガダルカナル上空でVF-6のF4Fと交戦、被撃墜を装い辛くも離脱するも燃料切れで不時着水。味方駆逐艦に救助された。
      • ラバウルでは第204航空隊、次いで第253航空隊としてトベラ飛行場で戦闘に参加、対空爆弾を使用しB-24迎撃戦を行った。
      • 1944年6月19日、マリアナ沖海戦に参加する為トラック島からグアムに向かうが、当地でF6Fに撃墜され不時着水し負傷。潜水艦で本国に帰還。
      • 2か月後退院し峰山航空隊に教員として赴任、教員として飛行予科練生の指導にあたった。
        • 当時の海軍では当たり前だった体罰を部下に一切加えなかったばかりか、むしろこれを「海軍の欠陥」として批判。
      • 神ノ池航空隊勤務の後、横須賀航空隊で終戦を迎えるが、終戦の数日後である1945年8月18日、東京上空で386thBSのB-32の2回目の迎撃に参加し、ジョン・R・アンダーソン少尉の乗機に被害を与えた。
        • 日本が公式に終戦合意文書にサインしたのは9月2日だった為、この攻撃は国際法上合法だったが、米軍からの報復を恐れ、駐留軍が日本を去るまでは「地下に潜って」生活した。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第六集

森岡寛

もりおか
  • 名前の読みとしては、おき、ちか、とみ、とも、のり、ひろ、まこと、ゆたか、よし等が考えられる。
    • ※元になった人物と同姓同名の為、全記録弐での姓名の表記が誤記の可能性もある。
  • 所属 扶桑皇国海軍第302航空隊
  • 階級 大尉
  • 誕生日 3月8日
  • 使用機材
  • その他
    • 仕官訓練終了後に急降下爆撃ウィッチとして配属。
    • 若年にも関わらず教官を務めるほど優秀だったので、航空戦闘ウィッチに転属し第302航空隊に着任。
    • 海軍航空隊の中でも特に若い飛行隊長となり、震電が配備されると同時に機種転換した。
  • イメージモデル 森岡寛 (1922-1993)
    • 撃墜数 5
    • その他
      • 生家は鉄砲屋を営んでいた。
      • 江田島海軍兵学校に第70期生として入校、1941年11月15日卒業。艦上爆撃機操縦を指定され九九式艦上爆撃機で訓練を行ったが、実地部隊での勤務は経験せず宇佐航空隊で艦爆の教官を勤めた。
      • 戦局の悪化から戦闘機搭乗員に転科、1944年4月、基幹員として横須賀基地の第302航空隊に着任。赤松貞明少尉らの指導を受け転科訓練を始め、5月に厚木基地に移動して後も練成を続け、1年後には若年ながら飛行隊長に就任。
      • 1944年11月以降、東京及び周辺地域の上空でB-29に対する迎撃戦を開始。
      • 1945年1月23日、名古屋近郊の空域で第73爆撃航空団のB-29と交戦し1機を撃破するも被弾し左手首を失うが、短期間の入院を経て鉄鉤の義手をもって航空戦に復帰。
      • 1945年8月15日、F6Fを一機撃墜。第二次世界大戦における最後のエース(5機撃墜)となった。
      • 戦後は公認会計士を職業とした。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第六集

近藤祥子

こんどう しょうこ
  • 所属 扶桑皇国海軍第302航空隊第2飛行隊
  • 階級 大尉
  • 誕生日 9月9日
  • 使用機材
    • 筑紫飛行機 震電一一乙型(ヨD195号機)
      • 第302航空隊に配備された6機のうちの2機が乙型であり、夜間戦闘用に巡航距離を伸ばし夜戦隊で使用された。
  • その他
    • 大型ネウロイ撃墜王として知られた。
  • イメージモデル 遠藤幸男 (1915-1945)
    • 撃墜数 8
    • その他
      • 夜間戦闘機『月光』パイロットとして有名で、本土防空戦におけるB-29撃墜王として知られる。
      • 山形県出身。材木商の長男として生まれる。
      • 1930年6月、第一期乙種飛行予科練習生として横須賀航空隊に入隊。
      • 1933年5月、飛練課程を卒業し艦上攻撃機の操縦員になる。
      • 館山航空隊、空母赤城、霞ヶ浦航空隊、大村航空隊勤務の後、1937年7月、日華事変勃発により空母蒼龍乗り組みとなり、翌1938年4月中支戦線に出動、5月には南京基地に進出し陸戦協力に当たった。
      • 1939年12月、本土に帰還し百里原航空隊館山航空隊、大村航空隊、霞ヶ浦航空隊に勤務。
      • 1940年1月、第251航空偵察隊に配属され二式陸上偵察機の操縦者となり、小園安名司令考案の斜銃改装機の研究・実験に当たった。
      • 同5月、ラバウルに進出し夜間迎撃に出撃したが好機を得ず、7月にはバラレ基地に前進しブイン夜間迎撃戦、夜間索敵攻撃、ベララベラ島攻撃、魚雷艇攻撃等に出撃したが、爆撃で負傷し本土送還。
      • 1944年3月、新編成の第302航空隊付を命ぜられ、厚木基地で月光による練成に当たる。6月のB-29による北九州地区空襲により、7月に大村基地派遣隊長を命ぜられ3機の月光で同基地に進出、佐世保・大村地区の防空任務に当たった。
        • 同8月20日、単機B-29を追撃し2機撃墜、1機不確実撃墜、2機撃破の初戦果を上げ、済州島の陸軍飛行場に不時着。この戦果に対し、佐世保鎮守府司令長官から感状が、西部軍司令長官下村中将から賞詞と軍刀がそれぞれ授与された。
      • 同9月、厚木基地に復帰し、11月、大尉に進級し八丈島派遣隊長を命ぜられ月光3機を率い同島飛行場に進出、防空、哨戒任務等に当たった。
        • 厚木基地復帰後の11月24日以降、マリアナ方面より来襲するB-29に対し偵察員西尾治上飛曹と共に毎次出撃し戦果を重ね、新聞報道により国民的英雄となる。
      • 1945年1月14日、名古屋空襲のB-29編隊を豊橋上空で迎撃、8機編隊に突入し遠州灘上空で1機撃墜、1機撃破の戦果を挙げるも、自らも被弾により炎上、渥美半島上空で西尾上飛曹を脱出させた後、高度300mから落下傘降下したが、低空の為開傘せず墜死。
      • 死後、その戦功に対し横須賀鎮守府司令長官塚原二四三中将より表彰状が、防衛総司令官稔彦王より感状が授与され、西尾上飛曹と共に全軍布告二階級特進し中佐に任ぜられた。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第六集

迫水ハルカ


横川和美

よこかわ かずみ
  • 所属 扶桑皇国海軍横須賀航空隊
  • 階級 少尉
  • 誕生日 8月11日
  • イメージモデル 横山保 (1909-1981)
    • 撃墜数 5
    • その他
      • 名戦闘機隊指揮官として知られる搭乗員。
      • 十二試艦上戦闘機(零式艦上戦闘機として制式採用される)の実用化に尽力。
      • 武藤金義は長く彼の僚機を務めていた。
  • 出典 コンプエース/島田フミカネのTwitter

西沢義子

にしざわ よしこ
  • 所属 扶桑皇国海軍横須賀航空隊
  • 階級
    • 飛行学生
    • 飛曹長(1945年)
  • 年齢 19歳(1945年)
  • 誕生日 1月27日
  • 通称 「リバウの魔王」
  • 使い魔 家猫
  • 使用機材
  • 使用武器
  • その他
    • ウィッチ用の被服を開発・製造する工場に母が務めていた関係で、幼い頃よりそこに出入りするウィッチと親交があった。
    • 自身にウィッチ能力が発現した際は迷わず空戦ウィッチの道を選んだ。
      • 出荷待ちの陸軍用装束が気に入っており、勝手に着込んでいるところを、海軍で教官を務めていた横川少尉に発見される。
      • もともと西沢の才能に期待していた横川は、陸軍に取られる前にと練習用ストライカーを独断で持ち出し共同飛行、海軍入隊を熱心に勧誘した。
    • 海軍入隊後の実力は同期の中でもトップクラスで、扶桑皇国遣欧艦隊の一員に抜擢される
      • 出港時、後に「リバウの三羽烏」と呼ばれるようになる、坂本、竹井両名と知り合う。
    • 豪快無比な言動で知られるが、空戦では繊細、華麗な空中機動の持ち主で、特に射撃占位の取り方に関しては芸術的。
      • 後に第501統合戦闘航空団の戦闘隊長となった坂本少佐、第504統合戦闘航空団の戦闘隊長となった竹井大尉をして「西沢にはかなわない」と評した程。
      • お調子者であり、それゆえに調子に乗ると滅法強い。
    • その一方で、全てを理論でなく感覚で行う天才タイプで、人の顔や名前を覚えるのが苦手、楽しい事だけをやっていたいという奔放な性格から、指揮官、教官としての適正は全くない。
    • リバウでの任務が一区切りついた後、教官として本国に戻る予定であったがこれを断固拒否。付き合いの長い坂本、竹井両名も「西沢に教官なんて無茶無謀」と進言した為、そのまま欧州に残る事となった。
    • その後は所属を遣欧艦隊に置いたまま欧州各地を転戦している。
    • 唯一弱点と言えるのが胃腸の繊細さで、食材の鮮度にはうるさい。
      • 但し鮮度さえあれば味は平凡でも構わないようである。
    • 第502統合戦闘航空団基地に立ち寄った際に管野少尉と模擬空戦を行い、これを圧倒。
      • 「カンノ」「姉御」と呼び合う間柄となった。
    • 趣味はずばり「飛ぶこと」。
  • イメージモデル 西澤広義 (1920-1944)
    • 通称 「ラバウルの魔王」
    • 撃墜数 87
      • 本人の証言の86機に、その発言以降に撃墜したと思われる1機を加えた数字。
      • 120以上とも言われる。
      • 撃墜数は日本陸海軍通じて第二位と言われている。
    • その他
      • 坂井三郎、太田敏夫と共に「台南空の三羽烏」と言われた。三人で連合軍のポートモレスビー基地上空において編隊宙返りを敢行したエピソードは有名。
      • 空戦においては、格闘戦型のパイロットであり、敵より早く行動して有利な位置から先制攻撃をかけることを重視した。
      • 身長180cm前後と長身。内臓疾患ぎみで痩せて青白い顔をしていた。
      • 新しい零戦を受領するために輸送任務に使用されていた爆撃機に乗ってセブからマバラカット基地へ移動中に、2機のグラマンF6Fからの攻撃を受け撃墜され戦死。
      • 戦後、坂井三郎の『大空のサムライ』で紹介され、同書がベストセラーになったため有名になった。
  • 出典 コンプエース/next world witches/ワールドウィッチーズ扶桑皇国版 其の参

中岡柚子

なかおか ゆうこ
  • 所属 扶桑皇国海軍横須賀航空隊審査部
  • 階級 少佐
  • 誕生日 2月24日
  • 使用機材
    • 筑紫飛行機 震電(試作2号機)
      • 速度記録への挑戦も行われ、必要最低限の塗装しか行われていない。
      • マ43-11エンジンが搭載され、非公式ながら761km/hの速度記録を達成。
  • イメージモデル 高岡迪 (1912-1974)
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第六集

北郷章香

きたごう ふみか
  • 所属
    • 扶桑皇国海軍舞鶴航空隊
    • 扶桑皇国海軍第12航空隊北郷部隊
  • 階級 少佐
  • 年齢 19歳(1937年)
  • 誕生日 7月1日
  • 通称 「軍神」
  • 使用機材
  • その他
    • 剣にかけては舞鶴に道場を構える講導館剣道免許皆伝の腕前で、同館師範代も務める。
      • 二刀流。
    • 頭脳明晰で、新航空戦術や空戦技術の考案を行ない、駐欧武官も務めた。
    • 坂本美緒の剣術の師匠であり、ウィッチ候補生になる事に躊躇いのあった坂本をウィッチへと導く。
      • 坂本が軍属となった後は上官として指導にあたっている。
  • 声優 藤田咲
  • イメージモデル 南郷茂章 (1906-1938)
    • その他
      • 弟の南郷茂男陸軍大尉と共に陸海軍のエースパイロットとして知られる。
      • 父である海軍少将・南郷次郎は退官後に講道館柔道二代目館長を務めた。
      • 第二次世界大戦の開戦を待たず、日中戦争で戦死。
      • 死後に海軍の戦意高揚に利用され、軍神として有名になる。
  • 出典 ストライクウィッチーズ零、TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』(2016年)

下原定子

しもはら さだこ
  • 所属 扶桑皇国海軍遣欧艦隊第24航空戦隊第288航空隊
  • 階級
    • 少尉(next world witches、第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第六集による)
    • 曹長(第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集による)
  • 身長 160cm
  • 年齢 17歳(1944年末)
  • 誕生日 5月7日
  • 使い魔 フソウウサギ
  • 魔法技術 遠距離視と夜間視の複合魔法視力
    • 周囲警戒能力と哨戒に長けており、危険察知能力が高い。
    • 魔導針を利用した広域探査能力は持たないものの、リバウ基地の夜間襲撃が増加した為にカールスラント式夜間戦闘の速成訓練を受けている。
      • 地上指揮所や他のナイトウィッチ隊と共に夜間戦闘に参加し、共同戦果を挙げた事もある。
  • 使用機材
  • 使用武器
  • その他
    • 扶桑の学者一家の生まれ。
      • 本人も文学と歴史に興味を持っており、将来はそちらの研究に進もうと考えていた。
    • 魔法力の発現に伴って海軍飛行練習学校に志願。
      • 当時から何事もそつなくこなし、家柄からか特に座学は得意で実習でも水準以上だった。
      • 人に教える事だけは大変苦手だった。
    • 卒業後は軍曹に任命され、そのまま欧州に派遣された。
    • リバウ時代は坂本の部下として厳しい指導を受けた。
      • 一時はその指導の厳しさに付いていけず、音を上げて逃げ出す事もよくあり、泣いているところを竹井に慰められる事もしばしばだった。
      • 後には、あの訓練によってリバウの過酷な戦場を耐え抜き、東部戦線を生き抜くだけの戦い方を身につけたと述べている。
    • 文学を志していた事からも扶桑文化を大切にしており、第502統合戦闘航空団では事ある毎に扶桑の文化を広めようとしている。
      • 私物は扶桑の小説や衣類が大半を占める。
      • 正座という文化を第502統合戦闘航空団に持ち込んだが、精神修養や礼儀作法のためという思惑を外れ、懲罰措置に使われたのは誤算だった。
    • 料理も得意で、頻繁に作る扶桑料理は管野中尉以外の各国ウィッチにも大変好評となっている。
      • これがきっかけで、気難しい性格で知られる同部隊の管野少尉も気軽なつきあいをしており、その様子は「親子?」や「餌付け成功」など冗談の対象となった。
      • カールスラントやオラーシャ勢からは自国の料理と似ている部分もありつつも豊かな味が、またガリアやロマーニャ勢からは繊細な味付けが評判のようである。
      • 得意料理は肉じゃがと味噌汁で、機会さえあれば扶桑からの補給を得て作ろうとしている。
    • 小さくて可愛いものに目がない。
      • 抱きつき魔である。
    • おとなしい性格から、普段はルマール少尉と行動することが多く、年相応の少女らしい話題で盛り上がっている様子である。
  • 声優 水谷麻鈴
  • イメージモデル 上原定夫 (1921or1922-1988)
    • 撃墜数 13
    • その他
      • 広島県出身。
      • 太平洋戦争初期から台南航空隊における坂井三郎の僚機を務めていた。
      • 1938年、予科練習生教程に入り、1941年10月に飛行練習生教程を卒業、台南航空隊付を命じられた。
      • 太平洋戦争開戦当日はルソン島にある飛行場の攻撃に参加、1942年2月19日に17thPSP-40を撃墜し初撃墜を申告。
        • 同年11月の部隊再編までに多くの戦果を挙げた。
      • ミッドウェー海戦の後、多くの古参搭乗員と共に教育任務に就く為に本土帰還。
      • 1944年9月、米軍のフィリピン侵攻に対しダバオ第201航空隊が新編されると戦闘第306飛行隊に補され前線復帰。
        • 到着後間をおかず1機のF6Fを撃墜するも、熱帯性の病に倒れ12月に本土帰還。結果的にこれが最後の戦果となり、教官として大井海軍航空隊で終戦を迎えた。
      • 戦後はヘリコプターのパイロットになる。戦後日本で最も早くヘリ操縦を始めたパイロットと言われ、海上保安庁や海上自衛隊に所属。退官後は民間航空会社でヘリによる農薬散布などをしていた。ヘリの総飛行時間は11,800時間に及ぶ大ベテランパイロットであった。しかし、1988年8月27日早朝、宮城県の水田上空での散布作業中に操縦する川崎ベル47G3B-KH4が高圧送電線の避雷線に接触して墜落。この事故により66歳で死去した。本件の航空事故調査報告書は国土交通省運輸安全委員会のウェブサイトで公開されている。
        • 「彼はおそらく零戦搭乗員だった者のうち最期の現役パイロット。避雷線に引っかかったなんて信じられない」と坂井三郎はコメントしている。
      • 終戦の数年後、坂井三郎に「自分ははじめのころ、あなたがあまりに厳しくて恨みました。でもあなたのおかげで戦争を生き抜くことができました」と語っている。
  • 出典 next world witches/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集/第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第六集/TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』(2016年)

板谷茂子

いたや しげこ
  • 所属 扶桑皇国海軍遣欧艦隊赤城飛行隊長
  • 階級 少佐
  • 誕生日 7月10日
  • 使用機材
  • その他
    • 赤城の初代飛行隊長で、同艦が機動部隊旗艦から外れるまで戦闘隊長を務めていた。
  • イメージモデル 板谷茂 (1909-1944)
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集

樫口嘉奈

かしぐち かな
  • 所属 扶桑皇国海軍第3航空隊
  • 階級 飛曹長
  • 使用機材
  • その他
    • アフリカ方面チュニス分遣隊として地中海に送られた。
  • イメージモデル 橋口嘉郎 (1918-1944)
    • 撃墜数 10以上
    • その他
      • 台南海軍航空隊と並び称された第三航空隊に所属し、ソロモン、フィリピンで活躍。
      • レイテ沖海戦に空母千代田の艦上機の搭乗員として参加したが、千代田がアメリカ軍の攻撃により沈没し、行方不明になり戦死認定された。
  • 出典 第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集

西澤

太田

本田

  • 所属 横須賀基地
  • その他
    • 天空の乙女たちのモブキャラ(端役)。
    • 竹井醇子の指揮下にあるような描写がされている。
    • 扶桑皇国陸軍制服のようにも見える服装をしている。
  • イメージモデル 不明
    • 名字については、台南航空隊で笹井醇一が指揮する第二中隊に所属していた西澤広義、太田敏夫本田敏秋からだと思われる。
  • 出典 天空の乙女たち

朋子

  • 所属 横須賀基地
    • 横須賀基地にあるウィッチーズ養成学校だと思われる。
  • その他
    • 天空の乙女たちの冒頭部分のみに登場するモブキャラ(端役)。
    • 扶桑皇国陸軍制服のようにも見える服装をしている。
  • 出典 天空の乙女たち


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。