※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


バトルフロンティア

プラチナにもあった殿堂入り後に行けるやりこみ施設。
今回はアサギシティの北西にあり、四天王とチャンピオンを倒して殿堂入りすると開放されます。

ルール

※ルールは施設によって多少変化します。
  • 戦えるポケモンの数は3匹。3on3のシングル戦で相手のトレーナーを倒す。
  • 一定数のトレーナーを倒すとフロンティアブレーンが参戦(シングルのみ)。倒すと勝利の証としてプリントが貰える。どの施設でも勝つとBPが20貰える。
  • レベル50以上のポケモンは自動的にLv50に修正される(「バトルステージ」は除く)。50未満の場合はそのまま。
  • 同じ種類のポケモンは使用できない(「バトルステージ」のダブルは除く)。
  • 同じ道具を持たせることはできない。(「バトルステージ」のダブルは除く)
  • 道具「こころのしずく」は使用できない。
  • 反動ダメージ、自爆系の技、道連れ等によって両方のポケモンが同時に瀕死になった場合は相手の攻撃であっても 自分の負けになる
  • フロンティアブレーンのポケモンの個体値は一戦目がALL16。二戦目がALL31(6V)。
  • フロンティアブレーンが出してくるポケモンの順番はランダム。必ずしも各リストの順番通りではない。
  • 以下のポケモンは出場できない。
ミュウツー ミュウ ルギア ホウオウ セレビィ
カイオーガ グラードン レックウザ ジラーチ デオキシス
ディアルガ パルキア ギラティナ フィオネ マナフィ
ダークライ シェイミ アルセウス タマゴ状態のポケモン

エメラルドとの違い

  • 地方やその人間、施設(場所)そのものなども全く異なる。
  • タワーとファクトリーは共通のルールだがその他の施設が違い。
    「バトルルーレット」「バトルキャッスル」「バトルステージ」が追加され、7種類から5種類になった。
  • ブレーンを倒した証が「シンボル」ではなく「プリント」。
  • 弟子やギャンブルなどのイベントが無い。
  • クリアのご褒美は無し。
  • Lv50とオープンの分類がなくなりLv50に一本化(「バトルファクトリー」は除く)。
  • 全ての施設でマルチバトル(ワイヤレスやWi-Fiでの協力プレイ)ができる。

プラチナとの変更点

(違う部分があったら追加をお願いします)
  • 施設内のキャラクターのセリフ、BGMが多少変更されている。
  • 教え技を教えてくれる人がいる。
  • バトルファクトリーでポケモンを選ぶユーザーインタフェースが変更された。
  • バトルファクトリー オープンレベル手加減ネジキの手持ちが4周目ポケモンから1周目ポケモンに変更され弱体化された。(伝説ポケモンも使わなくなった)
  • バトルタワーの連勝数に応じてもらえるトロフィーは自宅に飾られる

そもそも上で言ってる努力値とかって何よ?
「ポケモン対戦考察まとめWiki」内の「種族値・個体値・努力値って何?」を見るのが分かりやすくてお勧め
高個体だからといってゴリ押しできないフロンティアでは、あらゆる手段を使ってでも相手より高い能力値にして戦略を考えることが大切。

性格って何かに影響するの?
性格ごとに能力値に補正がかかる。性格ごとの補正のかかり方は育成の項を参考に。
基本的には長所を伸ばし使わない攻撃面を捨てる感じで狙っていけばOK(例:意地っ張りメタグロス、臆病スターミー)



バトルタワー

  • 3体のポケモンを手持ちにして出てくるトレーナーを倒していく施設。
  • 対戦相手が何かで使用ポケが大まかにわかる(絶対ではない)。
    「アイドル」なら御三家やブイズが多く、「アロマなお姉さん」は草ポケを良く使うなど。
    ちなみに「ギャンブラー」が出たときは、かなりの確率で全員が一撃必殺持ち、あるいは気合の鉢巻など運ゲーアイテム持ちなので要注意。
  • 20連勝で「どうのトロフィー」、50連勝で「ぎんのトロフィー」、100連勝で「きんのトロフィー」が貰える。
    これらは自分の部屋に飾ることができる。
    また、100連勝するとトレーナーカードのランクが上がる(☆をもらう)条件の一つでもある。
  • もらえるBPは3
    4週目は4
    5,6週目は5
    8週目~は7

  • フロンティアブレーンであるタワータイクーンのクロツグ。
  • 21戦目(3週)クロツグ
名前 技1 技2 技3 技4 もちもの
カイリュー ドラゴンクロー でんじは つばめがえし りゅうのまい ラムのみ
ミロカロス なみのり メロメロ れいとうビーム さいみんじゅつ かいがらのすず
ドサイドン がんせきほう じしん かみくだく ほえる きあいのハチマキ

  • 49戦目(7週)クロツグ
名前 技1 技2 技3 技4 もちもの
ヒードラン マグマストーム ラスターカノン だいちのちから だいばくはつ きあいのタスキ
クレセリア サイコキネシス シグナルビーム れいとうビーム つきのひかり たべのこし
レジギガス にぎりつぶす じしん ストーンエッジ ドレインパンチ ひかりのこな

  • クロツグの手持ちは四世代のと同じだが技構成が変更され、
    クレセリアの瞑想が無くなったのと、ミロカロスが水で止まりやすくなったことは大きい。
    強化されたのはヒードラン。大爆発で確実に一体持っていかれる場合があるため
    瞑想がなくても最高クラスの耐久力を誇るクレセリアに対抗できるポケモンを爆殺されると詰みかねない。
    光の粉や気合のハチマキが発動して運負けすることも覚悟しよう。

手抜きクロツグに勝てない場合は実や身代わりなどで催眠対策を施した水タイプに
電気or草技と冷凍ビームを覚えさせたポケモン(例:10万Vスターミー、エナボルンパッパなど)を持っていくといい。
カードのランクアップ及び金のトロフィーを狙う場合、本気クロツグが終わってからが本番。
準伝説ポケモンの登場や一撃必殺持ちがわんさか出てくるようになるため、これまで以上に道連れや大爆発で確実に1匹消せるポケモンが欲しいところ。



バトルファクトリー

  • レンタルしたポケモンで戦う施設。
  • ここはバトルフロンティア中 運要素が強く、最も難易度が高い施設
    最初にランダムに用意された6匹から、シングルでもダブルでも3匹を選んで戦う。
  • レベル50とオープンレベル(実質100)が選べる。
    Lv50は技威力や能力が低いポケモンから開始。周回数に応じてポケモンの強さが変化。相性と能力差で勝負が決まりやすい為少々キツめ。
    オープンは最初から強力なポケモンが使え、相性が悪くても技次第である程度押し切れる。安定した流れになりにくく、一撃必殺持ちが出易くなるのが難点。
  • レンタルするポケモンは、バトルステージを除くバトルフロンティア全施設で使用されているポケモンの流用。
    他施設のフロンティアブレーンの手持ちも使用対象となるようだ。
    そのため、覚えている技や持ち物はポケモンごとに決められていて、技と持ち物にも相乗効果がある組み合わせが多い。
    勝ち抜いていくと、より強力な組み合わせのポケモンが増えていく。
  • レンタルできるポケモンの特徴は以下の通り。
    • Lv50は進化前を中心とする能力が低いポケモンから開始。
      1週目は進化前のポケモンが中心。技の威力も全体的に低め。
      2週目は1週目より進化系など種族値が高いポケモンが出てくるが、技の威力は全体的に低め。
      3週目は2週目と同じポケモンだが技の威力は高くなる。
      4週目以降はオープンで借りれるポケモンが中心になる。(伝説系は7週目以降)
    • オープンはレンタルするポケモンに4種類の型がそれぞれ設定されている。
      1週目はスタンダードな型が中心。個体地は全て0。
      2週目のポケモンは癖のある型が多く、最初の3週の中では一番難しいかも。
      3,4週目のポケモンはフルアタ型が多いが、3週目は中途半端な型も目立つ。
      5週目以降は出てくる型がランダムになる。また、4週目から伝説系のポケモンが出てくる。(使える型はランダム)
  • バトルで勝つと負けたトレーナーの使っていたポケモンと手持ちのポケモンを1匹だけ交換できる。しかし、相手の手持ちに関する情報は全て知る事は出来ない。
    覚えている技や持っている道具についてはバトル中に確かめるしかないので、運が大いに絡んでくる。
  • 対戦の前に係員が相手の手持ちポケモンを教えてくれる。後になるほど情報は少なくなり、後半にもなると全く教えてくれない。
    • 1周目…相手の手持ち全て
    • 2周目…相手の手持ち2体
    • 3周目…相手の一番最初の手持ちと、そのポケモンの技1つ
    • 4周目…相手の一番最初の手持ちが使う技1つ
    • 5周目…相手のタイプの特徴(エメラルド版ファクトリーの前半部分と類似)
  • 3周目までは一番最初のポケモンは何か知ることができるので、確実に相手の先鋒を潰せるポケモンを連れていくと有利。
  • 7人目の相手は次の周で使用可能になるポケモンを使ってくる。
  • 交換を積極的に行うと最初の6匹の中に次の周のポケモンが混じることがある。オープン4周目からは伝説が混じることもある。
    交換7回(最初の選択も1回に含む)につき1匹ずつ次の周のポケモンが増えていきます。1・2周目を全部交換すれば3周目の開始時に2匹、ネジキと同じ周のポケモンを使えるということです。
    特にレベル50では3周目と4周目のポケモンとの差が激しいのでネジキに勝つ確率を上げるには1・2周目を全部交換したほうがいいと言えるでしょう。
    ただし、無理に交換して勝てる相手に勝てなくなる事もあるので注意。
    またレベル50の7周目は次の周のポケモンの代わりに4~7周目のポケモンからランダムで選ばれるため3周目以降は交換のしすぎに注意。
  • もらえるBPは、1~3周…5、4・5周…7、6・7周…8、8周~…9。

  • フロンティアブレーンはファクトリーヘッドのネジキ。
  • 3週(21戦目)ネジキ
    • 使用ポケモン:ランダム
  • 7週(49戦目)ネジキ
    • 使用ポケモン:ランダム

Lv50だと、21戦目でこっちは進化前やマイナーよりがメインだというのに平気で最終進化系をガンガン出してくる。種族値の差で押し切られることも多く、難易度がかなり高い。タイプ相性を有利な方向に持っていったり補助技をうまく使ってかく乱するのは最低条件だろう。一方、2週目まで最低でも7回交換すれば週目にネジキと同じ週のポケモンを1匹入れることが可能なので、無理のない範囲で積極的に交換した方が良いかも。
オープン戦では21戦目なら1週目のポケモンを使ってくるので、個体値が有利な3週目のポケモンを中心に使えば難易度はLv50の時ほどではないが、それでも事前の情報量が多いわけでもないので、油断は禁物。


有効なレンタルポケモンについてはこちら
バトルファクトリー ポケモンリスト】(Lv50 1週目~)
バトルファクトリー ポケモンリスト】(オープン 1週目・Lv50 4週目~)



バトルルーレット

  • バトルの前にルーレットを回し、その結果がバトルに反映されるというルールで戦う施設。
  • 基本的に自分も相手も道具を持たない状態で対戦する。
    道具はルーレットで取得したもののみ使用可能。自分で持たせた道具は使えない。
    マヒやHP-の効果は試合終了時に切れるが、道具は回収されないので次の試合に持ち越せる。
  • ルーレットは任意の場所でストップが可能。ただし一定時間(30秒間?)放置すると自動的に止まる。
  • 黒いマスは自分、赤いマスは相手に効果が及ぶ。灰色は全体。
  • ルーレットのマスは試合で強い勝ち方をする程良いマスが増える。
  • もらえるBPは、1~4周…2、5・6周…4、7周…5、8周~…6。

ルーレットの効果(追記求む)
マス目 効果 備考
手持ち3体がまひ 要注意  地面タイプ、特性「じゅうなん」で防げる
ドクロ 手持ち3体がどく 毒・鋼タイプ、特性「めんえき」で防げる
特性「ポイズンヒール」「マジックガード」で無効化できる
手持ち3体がやけど 要注意  炎タイプ、特性「みずのベール」で防げる
ZZZ ランダムで手持ち1体がねむり 要注意  特性「ふみん」「やるき」で防げる
氷の結晶 ランダムで手持ち1体がこおり 要注意  氷タイプ、特性「マグマのよろい」で防げる
水滴 天気があめになる
太陽 天気がはれになる
竜巻 天気がすなあらしになる
雪だるま 天気があられになる
天気がふかいきりになる 注意
四角形 トリックルーム状態になる 注意  効果は5ターン
果実 きのみが貰える その周内永続 使い切り オボン クラボ モモン チーゴ ナナシ カゴ ラム確認
巾着袋 どうぐが貰える 注意  その周内永続 使用後無くなる物は使い切り
黒いヘドロ、後攻の尻尾など不利な物もある
-HP 手持ち3体それぞれの最大HPの1/5が減る 小数点以下切り上げ(?)
LV+ 手持ち3体のレベルが3上がる 注意  一撃必殺技の無効化に関わる
LV- 手持ち3体のレベルが3下がる
ルーレット盤↑ 次からルーレットがスピードアップ
ルーレット盤↓ 次からルーレットがスピードダウン
ルーレット盤? 次のルーレットの流れがランダムになる 注意
赤と黒の矢印 自分と相手の手持ち3体を入れ替え 危険  出現率がそこそこ低い
49戦目なら狙っていいかも?
BP 1BP貰える 連勝数が少ないと出現しない
22戦目から(?)
BP+ 3BP貰える 連勝数が少ないと出現しない
円を描いた矢印 対戦をパス 完全なラッキー 連勝数は増える
連勝数が少ないと出現しない
点8つ(放射線) 何も無し

  • フロンティアブレーンはルーレットゴッデスのダリア。
  • 3週(21連勝)ダリア
名前 技1 技2 技3 技4 もちもの
チャーレム しねんのずつき ねこだまし こらえる きしかいせい なし
ルンパッパ はっぱカッター たきのぼり ドレインパンチ つるぎのまい なし
ヨノワール シャドーパンチ なげつける おにび トリックルーム なし
  • 7週(49連勝)ダリア
名前 技1 技2 技3 技4 もちもの
バシャーモ ばかぢから フレアドライブ かみなりパンチ つじぎり なし
トゲキッス エアスラッシュ はどうだん サイコキネシス はかいこうせん なし
サンダー 10まんボルト エアカッター ねっぷう シグナルビーム なし

手抜きのこらきしチャーレムは暴走すると止まらない(陽気素早さ全振りなので130族でも追い抜かれる可能性がある)
ので、先制技や砂、霰などの対策はほぼ必須。一応ミカルゲ・ヤミラミでも止まるが…。
ルーレットで状態異常や天候変化を狙うという手もあるが万が一のことを考えるとお勧めできない。
ヨノワールは悪タイプがいると怖くないが、トリックルームで予想外の状況に持っていかれることがあるので注意。
本気ダリアは手持ちにガブリアスかラグラージ、ラティ系がいると非常に楽に勝てる。

敵の手持ちが事前に分かるのはこちらにとって非常に有利。
ルーレットの柄と効果を覚え、目押しをマスターしてルーレットを活用すれば非常に簡単になる。
自前の道具が使えない事を忘れがちなので注意。万が一ルーレットを誤爆してしまった場合に備え
状態異常の影響をあまり受けないポケモン(眠る耐久、鈍足特殊アタッカーなど)を保険に入れておくこと。
7周目からは一撃必殺技持ちがバカスカ出てくる(グライオン、マンムー、ナマズンなど)ので特性がんじょう持ちやじわれとハサミギロチンが効かない浮いてるゴーストを持っていくとよい。
ただし、ヌケニンはダリア戦ではお荷物にしかならないので入れない方がよい。



バトルキャッスル

  • バトルに勝つごとに貰える「キャッスルポイント(CP)」を駆使して戦う施設。
  • バトルに勝つごとにCPを獲得できる。なるべくダメージを受けずに勝ったり、レベルの高い相手に勝ったりすると貰えるCPが増える。
  • この施設のみバトル後にポケモンのHPを回復してもらえないので注意。ただし状態異常は回復してもらえ、瀕死になったポケモンはHP1の状態で復活。
  • もらえるBPは1・2周…3、3・4周…4、5・6周…5、7周~…7。

  • バトルの前にCPを使いポケモンを回復させたり道具を持たせたり、相手の情報を知ったりすることが可能。
  • いくつかの項目ではランクアップにより出来ることが増える。
  • 自分で持たせた道具は使えず、CPで取得した道具のみ使用可能。
    ただし、借りた道具はその周のみ有効。消費すると借り直す必要がある。
    その他、道具の重複が可能。道具を上書きしてもCPの払い戻しは無い。
  • 22戦目から追加されるパスは連勝数も増える。
    複数回続けて使うことも可能で、周ごとの7戦目でも使用制限は無い。
    フロンティアブレーンの場合はパスできない。そもそも選択肢が出てこない。

  • 対戦前メニュー
自分
ランクアップ数 0 1 2
回復 HP回復:10CP PP回復:8CP 全て回復:12CP
レンタル きのみ:2CP クラボ,カゴ,モモン,
チーゴ,ナナシ,キー
- -
きのみ:5CP オボン,ラム - ピンチの時○○が上がる実
効果抜群半減の実
道具:5CP - パワフルハーブ しろいハーブ
道具:10CP - 王者の印,メトロノーム
光の粘土,粘りの鉤爪
大きな根っこ,毒々玉,火炎玉
気合のタスキ
道具:15CP - 先制の爪,貝殻の鈴
電気玉,太いホネ
気合の鉢巻
道具:20CP - - 食べ残し,光の粉,ピントレンズ
広角レンズ,フォーカスレンズ
拘り鉢巻,拘り眼鏡,拘りスカーフ
力の鉢巻,物知り眼鏡
達人の帯,命の玉
相手
ランクアップ数 0 1 2
調べる:1CP 相手の姿が分かる -
レベル +5:1CP
-5:15CP
-
情報 強さ:2CP
相手のステータスが分かる
技:5CP
相手の覚えている技が分かる
-
パス:50CP 22戦目から出現。
戦闘をパスできる。
-
ランクアップ
回復 100CP、100CP
レンタル 100CP、150CP
情報 50CP

  • フロンティアブレーンはキャッスルバトラーのコクラン。
    • 残念ながら、カトレアとは戦えない。カトレアは、いわば"見学者(オーナー)"。
  • 3週(21連勝)コクラン
名前 技1 技2 技3 技4 もちもの
エンペルト たきのぼり メタルクロー かわらわり はたきおとす するどいツメ
エンペルト ドリルくちばし アクアジェット シャドークロー いわなだれ するどいツメ
ヘルガー カウンター ほのおのキバ かみくだく ほえる きあいのタスキ
ヘルガー きしかいせい こらえる かみなりのキバ ほのおのキバ きあいのタスキ
ムクホーク がむしゃら つばめがえし こらえる でんこうせっか おうじゃのしるし
ムクホーク おんがえし つばめがえし かげぶんしん はねやすめ おうじゃのしるし
  • 7週(49連勝)コクラン
名前 技1 技2 技3 技4 もちもの
エンペルト なみのり じしん ふぶき シグナルビーム せんせいのツメ
エンペルト ハイドロカノン じしん ラスターカノン ドリルくちばし せんせいのツメ
エルレイド サイコカッター ストーンエッジ つばめがえし シザークロス ピントレンズ
エルレイド サイコカッター インファイト つじぎり リーフブレード ピントレンズ
エンテイ だいもんじ ソーラービーム はかいこうせん にほんばれ シュカの実
エンテイ オーバーヒート じんつうりき シャドーボール めいそう シュカの実

  • 表では6匹いるが、同じポケモンは重複して出さない。
    つまり、コクランの手持ちは技構成が違うものが手加減・本気ともに存在する
    万全を期すならCPを使って情報を見ることを推奨。勿論コクランのLvもCPを使って下げることが出来る。苦戦するのであれば、惜しみなくCPを使おう。

  • オススメ攻略法
    • 1週目は全てのポケモンにレベル+5を使い、CPを稼ごう。攻撃を受けないで3タテ出来るとなんと50CPも貰える。
    • 2週目も基本レベル+5だが、たまに苦戦する時があるので、この頃から相手の姿を確認して、それからレベルを調整するか決めても良い。
    • 3週目、貯めたCPで必要と感じたレンタルのランクを最大にし、ブレーン戦に備える。また、相手の姿を確認しつつ、余裕があれば1体でもレベル+5するとCPに困らないかも。
      順調なら手抜きコクラン終了時に700ポイント以上は余っているはず
    • 4週目以降は必要と感じた道具を備えたり、毎回相手の姿を確認していけば有利に進めるはず。
      700ポイントほど余れば6週目から全パスして本気コクランに直行することも可能。

CPを使わないとPPを回復してもらえないので、大技のPPは増やしておくと良い。

また、この施設には向き不向きがある。HP、PPは自分で回復/やられるともらえるCP減少という事から、
HPが減るのが前提のポケモン(撒き菱&ステルスロック型、回復技を覚えない受け型)や、大爆発を覚えたポケモンは使いづらい。
他の施設とは違ったポケモンの選び方が必要となる。



バトルステージ

  • 1匹のポケモンでどこまで勝ち抜けるかを競う施設。
  • バトルの前に相手のポケモランクのポケモンに勝利するのを目指す。
  • もらえるBPは1~3周…1、4~6周…2、7~9周…3、10・11周…4
    12・13周…6、14・15周…8、16・17周…10、18周~…12。
  • 170連勝後もそのポケモンのチャレンジは続く。171戦目以降は各タイプのランク10と対戦。
    全タイプのランク10を倒すとまた復活。ひたすらランク10との対戦となる。
  • Wi-Fiマルチとワイヤレスマルチでルールが微妙に違う。
    Wi-Fiマルチはダブルと同じだが、ワイヤレスマルチは全タイプランク10から始まる。
  • 単純な1VS1かつ相手のタイプを指定できるので、50勝攻略までならそれほど難しくない。
    得意なタイプ相手ならこだわり系道具でいける。記録を出したいならまず苦手なタイプを攻略し、得意なタイプを残していこう。
  • とはいえ1匹で戦うことになるため、控えによるカバーが効かず、タワークオリティが発動した際に建て直しが非常に困難な点には大いに注意。攻撃が一度でも急所に当たったり追加効果が発動したりするとそれだけで敗北確定となるケースも多いため、余計なストレスを溜めたくない人はチャレンジしないほうが良いかも。
  • 金プリントを狙う場合は上記の過酷な条件のもとで計170戦闘することとなるため、バトルファクトリーに次ぐ難易度である。
    万全の準備を以って望むこと。
  • トータルレコードが500に達するとヒカリorコウキ、1000に達するとアヤコ、10000に達するとオーキドやミカンがやって来る。
  • トータルレコードで貰えるBP
トータルレコード BP
~30 3
50~450(50ごと) 5
500~1000(100ごと) 10
1200~1800(200ごと) 30
2000~(500ごと) 50
  • フロンティアブレーンはステージマドンナのケイト。
  • 5週(50連勝)ケイト
    • 使用ポケモン:ランダム
  • 17週(170連勝)ケイト
    • 使用ポケモン:ランダム
  • それぞれ50人目、170人目で戦うことになるが、勝利した場合その際に選択したタイプに勝利した扱いになる。
    ケイトのポケモンはランダムなので、苦手なタイプのランク10をケイト戦まで残すという手もあり。
  • ケイトは、こちらが使用するポケモンの種族値に合わせて、同程度の強さのポケモンを出してくる。
  • タイプ相性などはランダム。こっちの催眠無しゲンガーに対してドータクン、スカーフ噴火バクフーンに対して厚い脂肪カビゴンなどどうあがいても勝てないものを出されたらあきらめるしかない。
  • 使用するポケモンによっては、手加減でも、ラティ系やサンダーと言った"準伝説ポケモン"を使ってくる。


注意すべき相手ポケモンや状態異常、きあいのタスキ等、詳しくは下を参照。

要注意ポケモン
  • ヌケニン(虫/ゴースト)
    • 特性「ふしぎなまもり」により効果抜群以外の技は受け付けない。
    • 対策必須。特にゴーストタイプのポケモンは数が少ないため出る確率が極めて高い。
    • 弱点は炎、飛行、岩、ゴースト、悪の5種類のみ。
    • その他、砂嵐・霰・毒・火傷・ジャポの実の反動などでも倒せる。
    • 「わるあがき」まで耐えることが出来れば倒すことは出来るので諦めないように

  • カメックス(水) あくび/まもる/ハイドロカノン/おんがえし きあいのタスキ
    • あくび→まもる のコンボを使って確実に眠らせてくる。
    • しかも気合いのタスキまで持っている。ラム等で対策推奨。
    • おんがえしの威力はたかが知れてるので、そこそこ耐久があれば起きるまで耐え抜けることも多い。

  • ブラッキー(悪) あやしいひかり/ふいうち/からげんき/つきのひかり たべのこし
    • 耐久性があり悪タイプ単体なのでやりにくい。つきのひかりと食べ残しで回復してくる。
    • あやしいひかりなどでペースを乱されないように注意が必要。ラムの実をもたせるなど対策をしていくとよい。

  • マニューラ(悪/氷) れいとうパンチ/こおりのつぶて/つじぎり/でんこうせっか きあいのタスキ
    • タスキ先制持ちとよく見るマニューラのタイプ。
    • こおりで四倍をつかれるドラゴンタイプはまず勝ち目がない、ケイトで回避推奨。
    • 8戦目などでも出現する。ドラゴンタイプなら一、二週目に氷、悪を選ぶべき。

  • ソーナンス(エスパー) カウンター/ミラーコート/しんぴのまもり/あまえる オボンのみ
    • カウンター技を二つ持ち、しんぴのまもりで状態異常を防いでくる。
    • 生半可な攻撃だと意外と落ちないので注意。努力値を振っていない型の攻撃で攻めるのが安全。早めにエスパーを消化するのも手。

  • ストライク(虫/飛行) つるぎのまい/つばめがえし/シザークロス/でんこうせっか きあいのタスキ
    • とにかく速い。そして攻撃が高いので、2ターン目で勝負を決められてしまう
    • こだわりスカーフでストライクより速く動くか、先制技などで対策しよう
    • 虫タイプランク10だとほとんどの確率でストライクorハッサムが出現

  • ハッサム(虫/鋼) つるぎのまい/シザークロス/カウンター/バレットパンチ きあいのタスキ
    • ストライクと同上。相違点はどんなに非力な炎技でも4倍ダメージで落とせること。対策に適当な炎技を持たせておくと安心。
  • メガニウム(草) エナジーボール/マジカルリーフ/のしかかり/カウンター きあいのタスキ
  • フォレトス(虫/鋼) ジャイロボール/しっぺがえし/むしくい/カウンター ラムのみ
    • 特に厄介なカウンター持ち。ハッサムとメガニウムはタスキまで持っている。おまけにハッサムは先制技有り。
    • ミラーコートは持ってないので特殊技で倒すのがおすすめ。

  • ハピナス(ノーマル) おんがえし/だいもんじ/たまごうみ/ちいさくなる
    • 特殊型はこいつの対策を忘れてはいけない。ちなみにケイトも使ってくる。

  • フシギバナ(草/毒)どくどく/まもる/ハードプラント/ヘドロこうげき きあいのタスキ
    • 非常に嫌らしい型。襷持ちなので1発では落ちない。逆鱗ガブを使ってる場合は混乱自滅が待っています。要注意。

  • ニョロボン(水/格闘)さいみんじゅつ/なみのり/きあいだま/しんくうは
  • エルレイド(エスパー/格闘)サイコカッター/インファイト/つるぎのまい/しんくうは
    • 高威力格闘技+真空波。特にニョロボンは耐久が高く、並の攻撃では一撃どころか2確すら危ういことも。さいみんじゅつの眠りも要注意。
      格闘技を弱点にもつポケモンは要注意。

きあいのタスキ持ち一覧
アブソル(悪) カメックス(水) サメハダー(水/悪) ストライク(虫/飛) ハッサム(虫/鋼)
フシギバナ(草/毒) マニューラ(悪/氷) メガニウム(草) ライボルト(電) リザードン(炎/飛) キングラー(水)

タイプ別 要注意&注意?ポケモン
  • ノーマル ハピナス
  • みず カメックス
  • くさ メガニウム
  • ひこう ストライク フリーザー サンダー ファイヤー
  • じめん ガブリアス
  • むし ストライク ハッサム フォレトス ヌケニン メガヤンマ
  • こおり マニューラ 
  • エスパー ソーナンス ラティアス ラティオス
  • あく マニューラ ブラッキー
  • ゴースト ヌケニン
  • ドラゴン カイリュー ボーマンダ ガブリアス ラティアス ラティオス
  • はがね ハッサム トリデプス フォレトス



BP稼ぎ

  • 定番の「バトルタワー」に加え、BP稼ぎのおススメは「バトルステージ」。
    ただしケイト戦で勝てないと49戦でたったの4BPという最悪の効率となるので、ケイトが何を出してきても確実に勝てるポケモンを用意する必要がある。
  • 得意なタイプをからどんどん潰して50勝したらリタイアを繰り返せばいい。ひとつのタイプを5レベル程度で止めておけば、ケイト戦前でフロンティアクオリティが発動しても負けない。
  • シナリオクリアに使ったポケモンでも技を整えれば十分いける。
  • 累計勝ち数が増えれば受付の隣にいる人からもBPが貰えるので、色々なポケモンで挑戦すると尚良し。
    というより、ステージで稼ぐにはこれを利用しないと効率でタワー他に大きく劣る。
  • ただし1匹で進める都合上、不意の急所や追加効果の発動、先制の爪や光の粉には常に警戒しないと建て直しが困難な点には注意。
  • また前述のとおりケイトのポケモン次第ではなす術もなくやられてしまうこともあるので、下記にあるような広範囲に対応可能なポケモンで望むと良い。

  • おすすめポケモン スターミー(波乗り/サイコキネシス/10万ボルト/冷凍ビーム)
    • 地面、岩、炎、毒、格闘を倒してリタイアすればいい。
    • 一応注意点としてはケイトの出すポケモンはランダム。あまり関係ないがヌケニンでも詰む。
      (万人向けではないが、ジャポの実の反動で倒すことも可能)

  • おすすめポケモン2 サンダース(10万V/めざパ氷/あくび/守る)
    • こちらも単なるBP稼ぎ。サンダースは、あくびを覚えられるポケでは最速。挑発対策に速い方がいい。
      ただしめざパ氷威力65以上+最速を狙うだけでも非常にしんどい。
    • 正直、上記の要注意カメックスをパクった型。めざパをシャドボに変えればヌケニンにも対抗可能。
      守るを身代わりに変えても良い。等倍ダメージ取れないのは一部の鋼タイプ(ジバコイルなど)位。だがケイト(2戦目)までいこうとするなら断念推奨。
    • 素早さと技の威力は落ちるが、攻撃技を波動弾とシャドボにすればトゲキッスでも同じ型が可能。
      これだと等倍ダメージ取れない相手がいなくなる。特性が天の恵みならシャドボで相手の特防を下げる確率が4割になるので、特防の高い相手でも戦えない事もない。

  • おすすめポケモン3 サメハダー(かみくだく/地震/冷凍ビーム/なみのり)
    • ゴースト、エスパー、岩、炎、毒、電、鋼、草、飛行に幅広く対応。ノーマルと虫も大概ゴリ押しできる。格闘が鬼門。
    • 気合のタスキは必須。また、攻撃を外すと即死の可能性が高いのでハイドロポンプは危険。
    • 敵のとくぼうと防御のバランスによっては弱点の冷凍ビームを撃つより噛み砕く方が良いときもある。
    • 技の威力のせいもあって、弱点を突かないと与えられるダメージはさほど大きくない。金ケイトを目指すのは至難の業。

  • おすすめポケモン4 ガブリアス(逆鱗/地震/大文字/噛み砕くorツバメ返しor火炎放射orすなあらし)
    • こだわり逆鱗or地震で、大半のポケモンは一撃で倒せる。
    • 一、二週目、三週目にヤチェを持たせて氷・悪・水タイプ(マニューラ、サメハダー、ジュゴン、トドゼルガ対策)、三週目は氷対策がなくなるが、ラムを持たせて水タイプのねむりに備えてもいい(カメックス・ニョロボン対策)三週目まで消化できれば後は逆鱗ゲー。
    • 大文字は地震が効かない鋼・タスキカウンター・ソーナンス対策。大文字の代わりに炎の牙にして火傷や怯みが出ることを狙っても良い(タスキカウンター対策が無くなるが)。
    • 残りの技スロットは対策したい相手によって選ぶ。かみくだくはエスパー・ゴースト対策となるが、基本的にげきりんで落とせるので、できれば他の技を覚えさせたい。
    • ヌケニンに確実な一撃を加えられ、尚且つ攻撃力の高いハッサムを確実に2発で落とせるだいもんじ。タスキ持ち対策にすなあらし。特性で回避率があがるので、マニューラ相手でも諦めずにすむ。
    • 不一致冷凍ビーム程度なら耐えられるので、こだわり鉢巻を持たせればまず一撃で倒せる。タスキ持ち以外の攻撃はほぼ受けない。こだわり逆鱗に耐え、打ち漏らすとまずいのはマンムー(氷/地面)とサイドン・ドサイドン(地面/岩)。ドサイドンには必ず地震を打ちこむこと。マンムーは運に任せるしかない。
    • マニューラは出来れば出ないことを祈る。お互いのステータス、乱数にもよるが落ちる可能性大。対策するよりケイトで流すのが一番安全。ただしケイトが使ってきた場合は諦めるしかない。

  • おすすめポケモン5 トゲキッス(エアスラッシュ/攻撃技(はどうだんやみずのはどう等)/補助技(みがわりやでんじは、はねやすめ等)
    • 天の恵みトゲキッスでゴリ押しするタイプ 正直な話、このタイプで勝ち進む事も不可能ではない
    • エアスラッシュ自体がヌケニン対策になり、タイプ的に考えても先行攻撃をしてくる電気ポケや氷ポケ以外は基本的に戦っていける
    • また、耐久系ポケであるハピナス等もゴリ押しできる。
    • こうかくレンズや半減の実などを用いてごり押しして行こう
    • 本気で勝ちたいなら仕様を利用して複数のトゲキッスを用意して戦うのを推薦
    • 回復技も覚えられ、非常に戦いやすいポケモンではあるが、育てる事や厳選難易度が若干高い事が玉に瑕
    • こいつの耐久力ならこおりのつぶてやタイプ一致冷凍ビームぐらいなら案外普通に耐えられるが、状態異常系の技を使われたら諦めよう(他のポケモンでもその条件は同じ)

  • おすすめポケモン6 チャーレム(サイコカッター/とびひざげり/3色パンチorいわなだれorねこだましorバレットパンチ)
    • できれば2個体を使いたい(スカーフ型とタスキねこだまし型)
    • サイコカッターととびひざげりで岩、鋼、格闘、悪は大抵倒せる。弱点のゴーストもクリアすることが不可能ではないが、ヨノワールに注意。
    • 耐久は高くないので、攻略の際は、持ち物や技をふまえてしっかり作戦を練る必要がある。

  • おすすめポケモン7 マンムー(じしん/こおりのつぶて/ストーンエッジ/ひかりのかべorリフレクターorじわれ)
    • 基本は地震→氷の礫。これだけで大抵のポケモンは落ちる。飛行にはエッジ→つぶて。草も大抵礫2発で落ちる。
    • また霰砂嵐両方無効、電磁波無効、凍らないのも+評価。鬼火がきついか。弱点は多いのでつぶてが安定。
    • エアームド、ドータクンが鬼門なので鋼、エスパー、飛行は早目に潰しておきたい。水格闘もきついので50戦目まではこの5タイプを消化するのがオススメ。
    • カウンター連中対策に特殊技を持たせるのもいいかもしれない。

  • おすすめポケモン8 ドーブル(キノコのほうし/こころのめorロックオン/ぜったいれいど/きあいパンチ)&(キノコのほうし/こころのめorロックオン/ぜったいれいど/かえんほうしゃ)
    • 持ち物 きあいのタスキ、とくせい マイペース
    • 金ケイトを狙うなら一番オススメ。素早さ極振りのいわゆるチートドーブルを二種類使用。
    • まず一、二週目でがんじょう持ちの多い岩・地面を全てクリアする。
    • 基本はキノコのほうし→こころのめ→ぜったいれいどで即死狙い。
    • がんじょう持ちはエアームド以外は格闘弱点なので、キノコのほうし→きあいパンチでごり押しできる。三週目以降はかえんほうしゃ型に変更。
    • ラムの実・ふみん・やるき持ちには素早さで負けないので、直でこころのめ→ぜったいれいど。
    • 唯一危ないのがラムの実持ちで素早さの高いサンダース。三週目にでんきタイプを8ランクまでクリアして、残りはケイトで回避するのが安全。
    • 先手眠り+命中率100%即死により金ケイト最大の敵であるフロンティアクオリティの発動確率を極限まで減らせるのが一番の強み。
    • かえんほうしゃはヌケニン対策と同時にタスキカウンターハッサムやフォレトスを安全に2確で落とせる。
また、敵が1体しかいないため、こだわり系が使いやすい。なのでスカーフと相性の良いポリゴンZなども候補になる。

もらえるBPまとめ


  • 各施設の周回数による取得BP
周回数・ランク 1 2 3 4 5 6 7 8-
タワー シングル 3 20 4 5 20 7
ダブル 3 4 5 7
CPUマルチ
ワイヤレスマルチ 8 9 11 12 14 15 18
Wi-Fiマルチ
Wi-Fiタワー 3 4 5 6 7 8 9 10
ファクトリー シングル 5 20 7 8 20 9
ダブル 5 7 8 9
ワイヤレスマルチ 10 11 12 13 16 17 19 21
Wi-Fiマルチ
ルーレット シングル 2 20 2 4 20 6
ダブル 2 4 5 6
ワイヤレスマルチ 7 8 9 10 13 14 16 17
Wi-Fiマルチ
キャッスル シングル 3 20 4 5 20 7
ダブル 3 4 5 7
ワイヤレスマルチ 8 9 11 12 14 15 18
Wi-Fiマルチ

周回数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18-
ステージ シングル 1 2 20 2 3 4 6 8 10 20 12
ダブル 1 2 3 4 6 8 10 12
ワイヤレスマルチ 12
Wi-Fiマルチ 6 8 10 12 14 15 17 20 23

マルチのBPは累積?

  • バトルステージのトータルレコードで貰えるBP
トータルレコード BP
10 1
30 3
50~450(50ごと) 5
500~1000(100ごと) 10
1200~1800(200ごと) 30
2000~9500(500ごと) 50
10000 100
20000 200
30000 300
40000 400
50000 500
60000 600
70000 700
80000 800
90000 900
100000 1000
  • フロンティアブレーン
 一戦目・二戦目に20BPもらえる。


BPと交換できるものリスト

太字 はHGSSで追加された道具、技。
プラチナと異なり、一度に2個以上の交換は出来ない

道具

BP 名称 効果
1 タウリン こうげきのきそポイントを10上げる(100まで有効、なつき度も上がる)
1 ブロムヘキシン ぼうぎょのきそポイントを10上げる(100まで有効、なつき度も上がる)
1 リゾチウム とくこうのきそポイントを10上げる(100まで有効、なつき度も上がる)
1 キトサン とくぼうのきそポイントを10上げる(100まで有効、なつき度も上がる)
1 インドメタシン すばやさのきそポイントを10上げる(100まで有効、なつき度も上がる)
16 パワーアンクル すばやさが半分になるが、戦闘で得られるすばやさの基礎ポイント(努力値)+4
親に持たせると、持った親のすばやさの個体値が必ず遺伝する
16 パワーウエイト すばやさが半分になるが、戦闘で得られるHPの基礎ポイント(努力値)+4
親に持たせると、持った親のHPの個体値が必ず遺伝する
16 パワーバンド すばやさが半分になるが、戦闘で得られるとくぼうの基礎ポイント(努力値)+4
親に持たせると、持った親のとくぼうの個体値が必ず遺伝する
16 パワーベルト すばやさが半分になるが、戦闘で得られるぼうぎょの基礎ポイント(努力値)+4
親に持たせると、持った親のぼうぎょの個体値が必ず遺伝する
16 パワーリスト すばやさが半分になるが、戦闘で得られるこうげきの基礎ポイント(努力値)+4
親に持たせると、持った親のこうげきの個体値が必ず遺伝する
16 パワーレンズ すばやさが半分になるが、戦闘で得られるとくこうの基礎ポイント(努力値)+4
親に持たせると、持った親のとくこうの個体値が必ず遺伝する
16 どくどくだま 持たせると戦闘中に強制的にもうどくの状態になる(発動はターン終了時)
16 かえんだま 持たせると戦闘中に強制的にやけどの状態になる(発動はターン終了時)
32 しろいハーブ 持たせたポケモンの能力が下がった時、一度だけ元の状態に戻す(消耗品)
32 パワフルハーブ 持たせたポケモンは一度だけ1ターン目にちからをためる技をすぐに使うことができる(消耗品)
48 ひかりのこな 持たせると相手の技が命中しにくくなる(敵命中率0.9倍)
48 きあいのハチマキ 持たせるとひんしになりそうな技を受けてもHPを1だけ残して耐えることがある(10%)
48 きあいのタスキ 体力が満タンの状態に限りひんしになるダメージを受けてもHPが1残る(消耗品)
48 こだわりスカーフ 持たせるとすばやさは上がるが同じわざしか出せなくなる(1.5倍)
48 こだわりハチマキ 持たせると攻撃は上がるが同じわざしか出せなくなる(1.5倍)
48 ピントレンズ 持たせたポケモンのわざが急所に当たりやすくなる(急所ランクが1段階uP
48 ちからのハチマキ 持たせると物理技の威力が少し上がる(1.1倍)
48 するどいキバ 持たせるとダメージを与えたとき怯ませることがある(10%)
進化(グライガーが夜LvUP)
48 するどいツメ 持たせると技が急所に当たりやすくなる(急所ランク1段階up)
進化(ニューラが夜LvUP)
48 ふしぎなアメ ポケモン1匹のレベルが1上がる

わざマシン

BP No 覚えられる技 タイプ 分類 威力 命中率 PP
32 06 どくどく どく 変化 - 85 10
32 45 メロメロ ノーマル 変化 - 100 15
32 61 おにび ほのお 変化 - 75 15
32 73 でんじは でんき 変化 - 100 20
40 31 かわらわり かくとう 物理 75 100 15
40 40 つばめがえし ひこう 物理 60 必中 20
40 89 とんぼがえり むし 物理 70 100 20
48 04 めいそう エスパー 変化 - - 20
48 08 ビルドアップ かくとう 変化 - - 20
64 30 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100 15
64 53 エナジーボール くさ 特殊 80 100 10
64 81 シザークロス むし 物理 80 100 15
80 26 じしん じめん 物理 100 100 10
80 36 ヘドロばくだん どく 特殊 90 100 10
80 59 りゅうのはどう ドラゴン 特殊 90 100 10
80 71 ストーンエッジ いわ 物理 100 80 5

教え技

教え技参照